MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

楽天モバイルをeSIMへ変更(交換)するための手順と注意点。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」で利用しているnanoSIMをeSIMへ変更するための手順を解説します。

またeSIMに変更する場合の手続きに知っておくべき注意点や手数料についてもまとめました。

※nanoSIMからeSIMへの切替はSIM郵送などの手続きがないため、設定後すぐに利用することができるようになります。

読みたい場所へ押して飛ぶ

楽天モバイルのnanoSIMをeSIMへ変更する前に

楽天モバイルで「Rakuten UN-LIMIT V」をnanoSIMで契約し、スマホの機種変更などの影響でeSIMへの変更を伴うと以下の問題があります。

①SIMの構造変更には事務手数料がかかる

楽天モバイルではmyページで【SIM交換】という手続きでSIMの変更を行いますが、

  • nanoSIM→eSIMへ交換:事務手数料3,000円
  • eSIM→nanoSIMへ交換:事務手数料3,000円

どちらのSIMに変更するにしても事務手数料3,000円(税抜)がかかります。

iPhoneは機種によってはeSIMが動かない可能性がある

楽天モバイルのeSIMは楽天回線対応製品ということで、一部のiPhone機種には対応していないことがあります。

現時点ではiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone SE(第2世代)iPhone Xsシリーズなどでは利用できるという声が多いですがそれ以前のiPhoneシリーズは使えない可能性もあるので事前にチェックしておきましょう。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

※楽天モバイル公式では今までiPhoneの動作確認済み情報を掲載していましたが、現在は見当たらないようです。

楽天モバイルのnanoSIMからeSIMへの変更手順

まず楽天モバイルの公式ページへアクセスします。

STEP
右上のメニューバーをタップし「my 楽天モバイル」をタップ
右上のメニューバーをタップし「my 楽天モバイル」をタップ
STEP
楽天会員のID、パスワードでログインする
楽天会員のID、パスワードでログインする
STEP
再度メニューバー>「my 楽天モバイル」項目内の「契約プラン」をタップ
再度メニューバー>「my 楽天モバイル」項目内の「契約プラン」をタップ
STEP
【各種手続き】項目内にある「SIM交換」をタップ
【各種手続き】項目内にある「SIM交換」をタップ
STEP
交換理由に「その他」を選択し「eSIM」>「再発行する」をタップする
交換理由に「その他」を選択し「eSIM」>「再発行する」をタップする

SIM交換における手数料は3,000円(税抜)の事務手数料がかかり、翌月の請求と合算されるので予め認識の上手続きを進めましょう。

STEP
お申し込み内容の確認で「次へ進む」をタップして「確定」します
ネトセツのアイコン画像ネトセツ

これでeSIMへのSIM交換の手続きが完了です。

ここで交換手続きを行うとeSIMの場合はすぐに切り替えしてiPhoneやAndroidスマホに設定することが可能です。

SIM交換手続きした「eSIM」の登録手続き

SIM交換したeSIMを設定する場合、QRコードが設定したいスマホで表示してしまうと設定ができません。

そのため別のスマホで楽天モバイルにログインするか、表示されたQRコードを他のスマホで写真撮影もしくは家族間でQRコードをLINEで送信できる状況を予め用意した上で以下の手続きにすすんでください。

STEP
my 楽天モバイルのトップページに表示された「申込番号○○※準備中」をタップ
my 楽天モバイルのトップページに表示された「申込番号○○※準備中」をタップ
STEP
「開通手続きをする」をタップ
「開通手続きをする」をタップ
STEP
SIMの初期設定に表示された「QRコード」を設定スマホで読み取る

SIMの初期設定で表示されたQRコードは設定したいスマホのカメラで読み取って設定してください。

eSIM対応のiPhoneでの設定手順は以下を参照してください。

iPhone 11で楽天モバイルのeSIMを設定する手順

STEP
iPhoneでカメラを起動して「QRコード」を読み取り【タップしてこのモバイル通信プランを表示】をタップする
iPhoneでカメラを起動して「QRコード」を読み取り【タップしてこのモバイル通信プランを表示】をタップする
STEP
モバイル通信プランのインストールで「続ける」をタップ
モバイル通信プランのインストールで「続ける」をタップ
STEP
「モバイル通信プランを追加」をタップ
STEP
モバイル通信プランの名称で「続ける」をタップ
STEP
デフォルト回線を選択し「続ける」をタップ

もしもeSIM以外に物理SIM(nanoSIM)を差し込んですでに使っているiPhoneの場合は上記のように主回線と副回線を選択する項目が表示されます。

この設定は後ほどいつでも変更ができますが、メインで発信したい電話番号の回線にチェックを入れて「続ける」をタップしてください。

STEP
iMessageとFaceTimeで設定したい回線を選択し「続ける」をタップ

こちらも後ほどいつでも変更ができるので、今回設定するeSIM含めて2回線となる場合はメインで使いたい回線を選択してください。

STEP
デフォルトで利用するモバイルデータ通信を選択して「完了」をタップ

こちらも今回のeSIM以外に別回線を持っている場合はデフォルトでモバイルデータ通信(パケットデータ通信)を利用したい回線にチェックを入れて完了を押してください。

モバイルデータ通信の切替を許可の項目は通信状況に合わせて勝手に切り替わる機能なので基本的にはOFFで大丈夫です。

STEP
連絡先の優先回線をアップデートで回線を選択して「完了」をタップ

こちらも2回線ある場合の選択項目ですが、連絡先の優先回線のアップデートを選択します。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

よく分からないという方は「あとでアップデート」にチェックを入れて問題ないです。

これでeSIMの設定自体は完了ですが、電波は圏外のままで、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」で通信可能な状況にするためにはiPhoneの場合はLTEのVoL設定が必要です。この設定は以下より行ってください。

STEP
「設定」>「モバイル通信」>モバイル通信項目内の「主・副回線」から選択し「音声通話とデータ」をタップ

※今回のSIM切替でeSIMの設定をした回線を選択してください。

STEP
【VoLTE】をONにして「OK」をタップする
ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ここまでの設定で楽天モバイルのeSIMがiPhoneで利用することができるようになります。

不要になったnanoSIMはもう利用ができなくなっているので、保管をしておくか、ハサミ等で切断したあとに地域の指定による処分方法で処理を行ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる