MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

docomoから新ブランド「ahamo」が発表詳しくはこちら

良心的!?「縛りなしWiFi」の知るべき重要ポイントと評判について

【知らなければ危ない】縛りなしWiFiの重要ポイントと評判について

契約縛りがなくたくさんのデータ通信ができコストパフォーマンスに優れている「縛りなしWiFi」。

一見良いことばかりにみえるこの縛りなしWiFiの注意しなければ危険なポイントと利用者の評判についてこと詳しくまとめました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

縛りなしWiFiの料金プラン

縛りなしWiFiの初期費用や料金スペックについては以下の通りです。

料金・概要スペック

プラン名 縛りなしプラン
(1ヶ月単位で終了OK)
縛っちゃうプラン
(1年毎の更新)
初期費用 0円 0円
月額料金 【30GBプラン】
3,355円(税込)
※〜6ヶ月まで2,805円
【30GBプラン】
3,190円(税込)
※〜6ヶ月まで2,134円
  【50GBプラン】
3,575円(税込)
※〜6ヶ月まで2,970円
【50GBプラン】
3,278円(税込)
※〜6ヶ月まで2,178円
  【通常プラン(1日/2GB)】
3,630円(税込)
※〜6ヶ月まで3,025円
【通常プラン(1日/2GB)】
3,300円(税込)
※〜6ヶ月まで2,200円
契約初月 日割 日割り
契約期間 なし 1年
解約金 なし(無料) 5,500円(税込)
(更新月は無料)
通信事業者 Softbank 4G LTE
端末機種 801ZT/601HW/FS030W
※機種の指定はできません

縛りなしWiFiは大きく分けて「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」に分かれていますが、大半の方が縛りなしを選択しています。

また期間限定でどのプランを選択しても利用開始から6ヶ月までは大幅な割引を実施しています。

縛りなしWiFi公式:https://shibarinashi-wifi.jp/

縛りなしプランは3種類から選択

そして縛りなしプランには3つのプランが存在します。データ容量の差と通信回線(LTE or WiMAX)の違いで料金が異なります。

プラン 月額料金 データ容量や制限 通信回線
30GBプラン 3,355円(税込) 20GB ソフトバンク 4G LTE
50GBプラン 3,575円(税込) 50GB
通常プラン 3,630円(税込) 上限なし
(1日/2GB)

縛りなしプランは契約後いつでも解約金なしで解約することができ短期で使う人やある程度期限が決まっている人におすすめです。

また縛っちゃうプランは長期使うことを前提で縛りなしプランよりも毎月500円安く利用することができます。

\ 公式サイト /

縛っちゃうプランも3種類

また縛っちゃうプランにも3つのプランが存在します。データ容量の差と通信回線(LTE or WiMAX)の違いで料金が異なります。

プラン 月額料金 データ容量や制限 通信回線
30GBプラン 3,190円(税込) 20GB ソフトバンク 4G LTE
50GBプラン 3,278円(税込) 50GB
通常プラン 3,300円(税込) 上限なし
(1日/2GB)

縛っちゃうプランになるとライトプランが400円安くなり、通常プランは500円安くなりお得感が高くなりますが、契約期間が1年毎の自動更新になる上に途中解約金が5,500円(税込)となるため、安易に解約やプラン変更をすることが難しくなります。

また20GB程度のパケットデータが良いとうのなら解約金と月額が更に安くなる「どこよりもWiFi」の方がおすすめできます。

3年間縛っちゃうプランもあり

1年間の縛りより更に期間は3年と長くなりますが、3年間の縛っちゃうプランでは月額料金は更に安く抑えて利用することができます。

プラン 月額料金 データ容量や制限 通信回線
30GBプラン 2,926円(税込) 20GB ソフトバンク 4G LTE
50GBプラン 3,025円(税込) 50GB
通常プラン 3,080円(税込) 上限なし
(1日/2GB)

金額で考えれば縛りなしプランと比較しても毎月500円ほど料金は安くなります。

3年縛っちゃうプランの解約金

12ヶ月以内13〜35ヶ月以内36ヶ月目の更新月更新月以外
33,000円(税込)27,500円(税込)無料10,450円(税込)

ただし契約期間は3年の自動更新となり、途中解約金は非常に高額な金額を請求されるのでかなり注意が必要です。

ネトセツ

利用していると無料で解約ができるタイミングなどを逃してしまう恐れがあり、かなりリスクが高いので3年縛っちゃうプランは私としてはあまりおすすめできません。

縛りなしプランと縛っちゃうプランの比較

「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」それぞれのプランの違いを比較すると以下のようになります。

20GB、50GBプランではない通常プランで比較しています。

比較その① 月額料金

  縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
月額 3,630円(税込) 3,300円(税抜)
1年間利用した総額 43,560円 39,600円
1日の金額 119円 108円

縛りなしプランは月額料金が3,630円(税込)で契約期間はなくいつでも解約が可能です。レンタルWiFiを検討しているなら縛りなしプランが良いです。

また長期で利用する予定で少しでも料金を安く抑えたいなら毎月300円ほど安くなる縛っちゃうプランが良いです。

比較その② 契約期間と解約金

  縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
契約期間 なし 1年
解約金 なし 5,500円(税込)
無料解約のタイミング なし 12ヶ月毎の自動更新で13ヶ月目の更新月が無料

縛りなしプランは契約期間の自由度がありますが、縛っちゃうプランは月額料金が安くなる代わりに13ヶ月のタイミング以外では5,500円(税込)の解約金が発生してしまうので注意が必要です。

比較その③ 紛失・故障時の補償金

  縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
紛失・故障・水没時の補償金
39,000円 なし
(故障時は交換対応)

「安心サポートプラン月550円」を契約時に加入していれば10,000円

通信端末の故障や紛失の場合、縛りなしプランの場合は安心サポートプラン(月500円)に加入していない場合は39,000円という高額な補償金を払わなければなりません。

縛りなしWiFiの安心サポートプラン

もしも故障・紛失の恐れがある方は契約時に加入しておいたほうが良いです。

また縛っちゃうプランの場合は故障や水没の場合は端末返却後に交換対応を行ってもらえます。

とはいってもレンタル系のポケットWiFiはこの万が一の故障などの支払い金額は予め高く設定されています。普通に事業者から考えれば契約が2年や3年と縛りがあるWiFiサービスだと端末分も月額料金で回収できるからです。私も普通にレンタル事業を行っていたらそうするかもしれません笑

縛りなしWiFi利用者の実際の評判

実際に縛りなしWiFiを利用している人の本音や評判についてチェックしてみました。

当然ながらポケットWiFiサービスは格安SIMの通信と比べると速度は比較的早いです。最低でも10Mbpsも出ていれば動画なども快適に視聴ができます。

以前はWiMAXプランも用意されていましたが、現在はSoftbankの4G LTEプランのみとなっています。

無料レンタルの端末は万が一の故障時、紛失時には高い金額を請求されるので、保証プランには加入しておいたほうが良いかもしれません。

縛りなしWiFiの知るべき重要なデメリット

初期費用がわずか1,000円で契約期間が自由で月額料金も安いという縛りなしWiFiはサービス全般を考えればすごく優れたプランには間違いありません。

ただしちょっとしたデメリットも存在するのでそれについて解説します。

デメリット① 完全なる使い放題ではない

縛りなしWiFiは完全なる無制限のポケットWiFiサービスではなく一定の期間でのデータ通信量の上限を設けており、その上限を超えてしまうと速度制限が発生します。

通信サービス別通信制限について
30GB、50GBプランの場合データ量に到達した場合
通常プランの場合1日で2GBを超えた場合

20GB、50GBプランでは1日に使い切るぐらい大量に使っても問題がありませんが、通常プランは月間のトータルデータ量に上限は設けておらずデータ量自体は多く使えるようになっていますが短期間の大量のデータ通信消費による通信制限は設けています。

最近では動画配信サービスやYouTubeなどのデータ量をたくさん消費するアプリサービスが非常に多く短い期間で多くのデータを使ってしまうと速度制限にかかる恐れがあります。

特に怖いのは大容量のダウンロードです。PS4などの数GB〜十数GBを超えるゲームタイトルをダウンロードしたり、動画配信サービスの事前ダウンロードなどをする場合には注意が必要です。

通常プランでも1日2GBと考えると最大でも月間60GBまでしか使えないので、毎月より多く100GB、200GB単位でデータ通信を行いたい場合は他のポケットWiFiサービスがおすすめです。

デメリット② 口座振替の場合は4,000円の手数料

縛りなしWiFiを利用するためには決済方法はクレジットカードがメインの支払い方法となり、口座振替での支払いを希望する場合には事務手数料の他に4,000円の初期手数料がかかります。

そのためクレジットカードを持っていない方にはちょっぴり最初の時点での費用がかかるので、できればクレジットカードでの決済が望ましいです。

どうしても口座振替で初期費用4,000円が納得できないのであれば、他社の口座振替に対応したポケットWiFiサービスを以下で紹介しています。

縛りなしWiFiと同業サービスの比較

縛りなしWiFiと同じ条件を持つ契約しばりがないポケットWiFiサービスを比較してみます。

縛りなしWiFiSPACE WiFiSTAR WiFi 
初期費用無料無料3,278円
月額料金3,630円4,048円4,378円
1年間利用時の合計43,560円48,576円55,814円

みると一目瞭然だと思いますが、契約縛りがないポケットWiFiの中では一番コスパがよいのは縛りなしWiFiで間違いありません。

\ 公式サイト /

ちなみに「縛りなしWiFi」と検索すると「クーポン」という言葉が出てくるようなのですが、現在クーポンなどはどこにも配布していないようでした。

【まとめ】契約縛りなしなら「縛りなしWiFi」が一番おすすめ

なんだかんだで縛りなしWiFiの評判やデメリットについてまとめてみましたが、それでも縛りなしWiFiより他社に良い条件のポケットWiFiサービスは見つかりません。

デメリットをまとめると

  • WiMAXかSoftbankを選べない
  • 故障時の弁済金が高いので安心サポートは加入したほうがいい
  • 短期間の大容量データ消費には制限はある

この3つになります。

この条件を考えたとしても大容量パケットデータを利用できるならドコモやauなどの大手キャリアの大容量プランよりもかなり安く抑えられるのは間違いありません。

また契約の縛りがないポケットWiFiを探しているなら縛りなしWiFiが一番条件がよく一番おすすめのレンタルWiFiサービスには間違いありません。

\ 公式サイト /

その他の契約縛りのないWiFiプランについては以下をチェック

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。
【知らなければ危ない】縛りなしWiFiの重要ポイントと評判について

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる