MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

ソフトバンクからワイモバイルの違いを比較。乗り換えるべき人は?

ソフトバンクスマホを長年つ使っている方、また逆にワイモバイルを使っている方がいて、ソフトバンクとワイモバイル(Y!mobile)の異なるサービスについて気になっている方は多いハズ。

「この2社の違いはなに?」だとか、条件が良ければ「そっちに乗り換えてみたい」などの考えがあるならこの記事を読んで頂いてぜひ理解してもらえると良いなと思います。

読みたい場所へ押して飛ぶ

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えたらどれだけお得?

2020年7月時点でのソフトバンクとワイモバイルの料金形態を比較していくと以下のようになります。

※ワイモバイルは10分の電話かけ放題が込みで、ソフトバンクは5分の電話かけ放題の料金800円をプラスした料金で比較しています。

月間パケットデータ量 ソフトバンク
(+通話5分かけ放題※800円込み)
ワイモバイル
(+通話10分かけ放題込み)
〜1GB 【ミニフィットプラン】
4,780円
3,780円(6ヶ月限定)
〜2GB 【ミニフィットプラン】
5,780円
4,780円(6ヶ月限定)
【メリハリプラン】
6,780円
5,780円(6ヶ月限定)
〜3GB 【ミニフィットプラン】
7,480円
6,280円(6ヶ月限定)
【Sプラン】
2,680円
1,980円(6ヶ月限定)
〜4GB
〜5GB
〜10GB 【Mプラン】
3,680円
2,980円(6ヶ月限定)
〜14GB 【Rプラン】
4,680円
3,980円(6ヶ月限定)
〜50GBまで 【メリハリプラン】
8,280円
7,280円(6ヶ月限定)

上記のプランは2020年時点で最新の料金プランをパケットデータ量毎で比較した内容となっています。

ソフトバンクにおいては今までミニモンスターやギガモンスターなど似たようなプランがあり料金はほ大きく変わっていません。

このソフトバンクとワイモバイル2社の比較を行ってみると大容量のパケットデータを使わないなら圧倒的にワイモバイルの方が安いというのは一目瞭然です。

ソフトバンクのメリハリプラン

またソフトバンクのメリハリプランは50GBまで使えるプランながら2GB以下なら1,500円割引にはなりますが2GBのパケットデータでもトータルの維持費が約7千円という、とんでもない料金設定です。
私の経験上、ドコモ、au、ソフトバンクはどんだけ頑張っても料金を抑えることができませんので、ソフトバンクユーザーは圧倒的にワイモバイルに乗り換えるべきだと思います。

👉ワイモバイル公式

ソフトバンクの料金形態がおすすめな人

ソフトバンクの1GB〜5GBまでの段階制となるミニフィットプランはギガ数の割に料金が見合わないです。

ですので50GBの大容量パケットデータが使えて、SNS放題がりようできる「メリハリプラン」が魅力的に感じる方にはおすすめできます。

また5G通信を利用したい方もソフトバンクの方が2年間の5G利用料が無料になるのでおすすめですが、正直今の段階では5Gはほぼ使えないと思っておいたほうが良いです。

5Gはおそらく2年後あたりにようやく普及するレベルなので今5Gが使えるプランに入っておいてもほぼ恩恵がないと思います^^;

👉ソフトバンクの5Gエリアをチェック

ワイモバイルの料金形態がおすすめな人

3つのS、M、Rのシンプルな料金形態で10分の通話し放題をコミコミでも非常にリーズナブルに使えます。

また使わなかったデータ量は翌月に繰り越すことができるので、使わなかった月や使いまくる月でもうまくバランスが取れていると思います。

あまり大容量なデータを使わない方や、デュアルSIMが使えるスマホを使っている方は楽天モバイルの1年間無料プランのデータ使い放題プランとあわせてお得に使うこともできます。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える手順

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合の手順を以下のようにまとめています。

STEP.1
ソフトバンクに更新月を確認する

まずはソフトバンク利用においての契約期間、途中解約による解約金について確認しましょう。

①ネットでの確認ならMy SoftBankから
②電話での確認ならソフトバンクスマホから157

ここで途中解約金で9,500円(税抜)の解約金がかかるとわかった場合、次の更新月まで数ヶ月、数年単位でその月を待つという選択肢もありますが、今より月額が2〜3千円安くなるなら解約金を払ってでも乗り換えたほうが得策なのでしっかりと計算して考えましょう。
STEP.2
MNP予約番号を発行する

ソフトバンクで使用している電話番号をワイモバイルへ移転(ナンバーポータビリティー)するには以下に問い合わせます。

ソフトバンク携帯電話から:*5533
フリーコール:0800-100-5533

※また他社へのMNP転出の場合、転出手数料の3,000円がかかるので注意。

STEP.3
ワイモバイルへ申し込みを行う

MNP予約番号を発行できたらワイモバイルで申込みを行います。

ワイモバイルの申し込み窓口一覧
本家公式ホームページ ホームページ
特典が豊富な代理店「ヤングモバイル」 ホームページ

もちろんワイモバイルの実店舗でも乗り換え手続きはできますが、ソーシャルディスタンスや待ち時間のことを考えたらWEB申し込みの方が多少の知識が必要ですがリスクは低いでしょう。

ワイモバイル本家の公式ページではソフトバンクからの乗り換えによる特典は少なめです。

ヤングモバイル

ただしヤングモバイル経由であればソフトバンクの違約金を補填できるキャッシュバック(10,000円)特典があるので、これを活用すれば乗り換えの負担は少ないです。

SIMロック解除不要でスマホはそのまま使える

ソフトバンクで契約したスマホはワイモバイルへ乗り換えてもSIMロックの解除なども必要なくそのまま使えるのもメリットです。

ソフトバンク → ドコモ SIMロック解除が必要
ソフトバンク → au SIMロック解除が必要
ソフトバンク → ワイモバイル SIMロック解除は不要
ソフトバンク → ドコモ、au系の格安SIM SIMロック解除が必要

乗り換えにおける費用

ワイモバイルにMNPで乗り換える場合の費用は以下となります。

更新月以外での解約 所定の解約金が発生
分割中のスマホ 残りの残額が一括請求 or もしくは端末代金だけ継続分割
MNP転出手数料 3,000円

更新月以外での解約となる場合は基本的に9,500円の解約金がかかりますが、もしもワイモバイルへプランを切り替えることで毎月2〜3千円安くなるなら解約金払ってでも乗り換えたほうが元が取れます。

またMNPにおける手数料3,000円が総務省が
実際にこの9,500円がネックになるという方も多いのですが、毎月2、3千円高いソフトバンクを使い続けていたら結局年間では25,000円〜36,000円ほど損してします。私が同じ状況なら解約金払ってでも9,500うのでよく考えてみましょう。

【300×250】ヤングモバイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる