MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

ahamoへのMNP転入のやり方の手順まとめ詳しくはこちら

SPACE WiFiはおすすめできる?口コミ・評判と実態調査まとめ

契約期間の縛りがなく、短期の利用として人気のSPEAC WiFi(スペースワイファイ)。

料金も3,680円(税込4,048円)とリーズナブルで初期費用(事務手数料・解約金・端末代金)もすべて無料なので気軽に手を出しやすいです。

ネトセツ

この良いことづくめに見えるSPACE Wi-Fiですが、実際の評判や速度情報、他社との料金やサービスを比較してみます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

SPACE Wi-Fiの料金スペックと特徴

SPACE Wi-Fiの特徴を一言でまとめると以下のようになります。

SPACE Wi-Fiのポイント

月額料金が3,680円(税込4,048円)
初期費用・事務手数料は0円
端末代金 0円
途中解約金 0円

契約における契約事務手数料や端末代金がなどの余計な支払いがかからない点がユーザーに優しくサービスを初めて使いたいと考えている方には手が出しやすいWiFiサービスです。

月額料金3,680円
事務手数料0円
端末代金0円
通信エリアソフトバンク LTE
WiMAX
直近のデータ制限3日10GBまで(WiMAX)
1日2GBまで(ソフトバンク)

SPACE Wi-Fiは公式サイトでは最安値保証のモバイルWi-Fiと記載があります。

ただしこの表記は以下のように

2019年2月1日時点でGoogle/Yahooにおいて「民泊 wifi」と検索した際の検索結果上位10件に含まれるすべての民泊用Wi-Fi商品と比較し、契約から2年間利用して解約した際までの「総費用」が最安値であることをお約束いたします。

https://minpaku-bukken.com/spacewifi

と「民泊 WiFi」と検索で探した場合の結果上で提供しているWiFiサービスと比較して最安値ということが条件となっています。

ネトセツ

とは言っても、月間に利用できるデータ量の上限が決まっておらず、ほぼ使い放題と考えると非常に料金が安い上に、初期費用が無料でいつ解約しても解約金が取られないサービスはほぼないので唯一無二の存在なのは間違いありません。

SPACE Wi-Fiと同様サービスを比較

SPACE Wi-Fiと同じような条件のサービスだと「縛りなしWiFi」と「FUJI WiFi」の2社があります。

業者別 SPACE Wi-Fi FUJI WiFi 縛りなしWiFi
月額料金 3,680円
(税込4,048円)
4,450円
(税込4,895円)
3,300円
(税込3,630円)
初期費用 無料 3,300円(税込) 3,300円(税込)
契約期間 なし なし なし
端末保証 550円(税込) 440円(税込) 550円(税込)
支払い方法 クレカ
口座振替
クレカ
コンビニ払い
※atone(アトネ)
クレカ
口座振替

SPEACE WiFiは初期費用は無料なのが一番大きいです。ただしより多くのデータ通信を使いたい場合はFUJI WiFi(フジワイファイ)、そしてデータ量が少なめでより安く使いたいなら縛りなしWiFiが有利となります。

ネトセツ

ただし1ヶ月、3ヶ月と本当に短期で利用するのであれば初期にかかる費用が圧倒的にやすいSPECE WiFiは急な短期の出張や極端に短い期間ならおすすめできます。

SPACE Wi-Fi公式:https://minpaku-bukken.com/spacewifi

SPACE Wi-Fiのメリット

SPACE Wi-Fiが他社と比べてメリットがあるとすれば3つ存在します。その3つのメリットについてまとめています。

①初期費用がかからない

最大のメリットといえばやはりこの初期費用が一切かからない点です。

通信サービス業者別初期費用
SPACE Wi-Fi無料
FUJI WiFi3,300円
(事務手数料)
縛りなしWiFi3,300円
(事務手数料)
SAKUR WiFi3,300円
(事務手数料)
WiMAX GMO とくとくBB3,300円
(事務手数料)
どこよりもWiFi3,300円
(事務手数料)
THE WiFi3,300円
(事務手数料)

他社と比較してみてもSPACE Wi-Fiは初期にかかる費用を抑えられるので、無駄にかかる費用を払いたくない方には必然的に選択肢に入るWi-Fiサービスです。

ネトセツ

「正直初期費用システムってなんだろう?」って思いませんか?こちらは毎月料金を支払うのに手数料で利益を出すのが当たり前というのがまだまだ浸透しているのですが、期間契約なしで使うなら最初の手数料は非常に無駄に感じてしまいますよね^^;

①口座振替で支払いができる

多くのWiFiサービスは支払い方法がクレジットカードのみの決済に対し、口座振替での支払いにも対応しています。

公式サイトのQ&Aから抜粋

ただし初月利用分と2ヶ月目の利用分+端末到着による代引き手数料を支払う必要があります。

また代引き手数料は300円となります。

②契約期間に縛りがない

SPACE Wi-Fiは契約の縛りがないポケットWiFiサービスなので最低利用期間は1ヶ月〜ですぐに解約しても解約金が一切かかりません。

ただし1ヶ月ですぐに解約を検討している方は申込みと同時にすぐに解約申請フォームから解約手続きを行っておく必要があります。

ネトセツ

解約期間が設定されていないWiFiサービスでは初期費用がかかるサービスが大半な中、すぐに解約してしまうユーザーに対しても親切なシステムとなっているのには好感が持てます。

SPACE Wi-Fiのデメリット

メリットの次にSPACE Wi-Fiのデメリットにおいては2つ存在します。

①最新端末は利用できない

SPACE Wi-Fiで提供しているポケットWiFi端末はWiMAX通信は「W05」ソフトバンク通信は「801ZT」の2機種のみで、最新の端末は提供していません。

さらにはWiMAX通信が利用できる「W05」は現在在庫なしのため、事実上ソフトバンクエリアの「801ZT」しか提供していません。

ここはWiMAXプランを提供できるよう頑張ってほしいところですが、WiMAXは3日10GBと比較的制限が緩めなので残念です。

①データ制限は結構きつめ

現在WiMAXプランが停止しているので、ソフトバンクエリアが使えるプランを提供していますが、1日2Gまでのデータ通信の制限となっています。

よって24時間以内に2GBのパケットデータ量を使ってしまうと翌日まで速度制限が行われます。

ネトセツ

また制限中の速度においては128Kbpsなどの表記がないのですが、流石に制限中はLINEやメール程度の通信ぐらいしかまともに使えないと考えておいた方が良いです。

SPACE Wi-Fi利用者の口コミ・評判

不満がある方の中でやっぱり多いのが通信制限・速度制限においての良くない評判です。

以前まではソフトバンクエリアが1日3GBまで使えたのですが、現在公式サイトでは1日2GBまでの利用制限となっています。

もしも1日により多くのデータ通信を行う方や長時間のビデオ通話を行う人はSPACE WiFiはちょっと厳しいです。

【総評】ライトユーザーに「SPACE Wi-Fi」はおすすめ

【総評】ライトユーザーに「SPACE Wi-Fi」はおすすめ

これまでの内容をまとめてみるとSPACE Wi-Fiはデータ量は少なめでもOKなライト層におすすめなポケットWiFiサービスということがわかりました。

ネトセツ

そして契約縛りと初期にかかる事務手数料もかからない点も大きく本当に短期でサービスをやめてしまう予定の方にもぴったりです。

もしもたくさんのデータ通信を短時間で使う方、あまりパケットデータや速度制限を気にせず使いたいという方にはSPACE Wi-Fiはおすすめできないため、別のWiFiプランを検討するのおすすめします。

より多くのデータを使いたい方向けのおすすめ記事

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる