メニュー
10秒でできるネット選びの診断ツール
ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

あなたにぴったりのネット選びが10秒でできる診断ツール診断してみる

非接触決済でおすすめの導入費が無料「STORES決済」のメリットとデメリット

非接触決済でおすすめの導入費が無料「STORES決済」のメリットとデメリット
  • URLをコピーしました!

実店舗を運営する方にとって現在の日本でも、手渡し現金でのやり取りが少ない非接触での決済手段が多く導入されてきています。

もちろん大型店舗だけではなく、個人で飲食店などを経営している方でも「クレジットカードは使えますか?」「PayPayは使えますか?」などとキャッシュレスでの支払いを希望されるお客さんの声を聞くことが増えて来ているのではないでしょうか?

そこで最短で3営業日から非接触決済システムの導入費が0円で簡単に始められる「STORES決済」についておすすめできるポイントやメリット、そしてデメリットについてまとめてみました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

非接触決済ができる「STORES決済」とは

STORES決済について

STORES決済は非接触の決済が可能となるキャッシュレス決済をかんたんに導入でき、初期費用・月額固定費がかからない決済システムです。

対応しているのは「クレジットカード」「電子マネー」「QRコード」の3つの支払いに対応しています。

STORES決済の概要

初期費用無料
月額固定費無料
対応決済「クレジットカード」JCB・VISA・マスターカード・アメックス・ダイナース・ディスカバー
(2回払い・リボ払い対応)
対応決済「電子マネー」Suica・PASMO・Kitaca・ICOCA・tolca・manaca・SUGOCA・nimoca・はかやけん
対応決済「QRコード」WaChat Pay

決済システムに必要な端末は0円

またSTORES決済に必要な端末も通常19,800円かかる費用が期間限定で0円で提供されており、初期費用と固定費も含めてすべて無料で準備ができる点では個人店などの小さい店舗でも気軽に導入できるメリットではないでしょうか。

この決済システムを使うのに必要なのはスマホもしくはタブレットがあればOKです。

レジは必要ありませんしスマホもしくはタブレットのアプリで管理ができるのでその他に追加で機材を導入する必要がないのがSTORES決済が気軽に導入できる大きなメリットでもあります。

👉STORES決済公式ページでチェック

また2022年の初夏からはクレジットカードのタッチ決済(NFC)にも対応予定でクレジットカードを差し込む動作も必要なくなり、電子マネーと同様で非接触でのクレジットカード決済も今後できるようになります。

STORES決済を導入するために必要な書類や情報

STORES決済を申し込みし、審査を行うために必要な書類や情報は以下となります。

申込みに必要な情報・書類
  • 契約者情報
  • 事業内容が分かる資料
  • 事業内容がわかる写真
  • 認可証など業種別の情報・書類
  • 口座情報

もちろんこれから開業前で事業における書類が揃わない場合は店舗名や所在地、電話番号が分かる資料等でなるべく必要な情報をまとめているとすぐに審査に入りやすいです。

STORES決済の利用においては所定の審査が必要となり、申込みから最短だと2営業日で審査結果が出ます。また申込み内容や業種によって追加で書類提出が必要なケースもあります。

利用開始までの流れ

STEP
申し込み

STORES決済公式サイトから申し込みフォームで入力

STEP
加盟店審査

入力情報をもとに審査

STEP
1次審査(VISA/マスター)

申し込みから最短で翌2営業日

STEP
利用開始

2次審査を待たずに利用開始が可能

STEP
2次審査(JCB/AMEX/ダイナース/ディスカバー)

1次審査から最短で翌5営業日ほど

最短でも翌3営業日からスタートすることができる決済システムなので時間がかかると都合が悪いという事業者の方にもおすすめです。

👉STORES決済公式ページ

STORES決済による決済手数料

初期費用・月額固定費用はかかりませんが、STORES決済では他社と同様で各支払方法によってその決済額に対しての手数料はかかります。

クレジットカード3.24%
(VISA・マスター・アメックス)
3.74%
(JCB・ダイナース・ディスカバー)
電子マネー1.98%
QRコード3.24%

STORES決済では電子マネーでの支払い時の決済手数料が2021年10月13日より3.24% → 1.98%へ引き下げが行われており、導入する店舗側の負担が今までより減り使い勝手が良いものとなりました。

この電子マネーの決済手数料は他社では2%を超えている場合が大半なのでSTOERS決済を導入するメリットの一つでもあります。

ネトセツ

一度目の来店なら現金のみの決済でも良いかもしれませんが、今後「あそこは現金しか使えないから」「スマホ決済できないから」という理由で来店を控えられてしまうとせっかくのリピート来店を逃してしまう可能性が高いです。

そういった意味でもいち早く非接触決済の導入を行っていくのが店舗側の売上にも大きく影響していくるのではないでしょうか。

入金のサイクルは最短でも翌々日

STORES決済により決済額は手動入金により最短でも翌々日に入金が行われます。

STORES決済の入金は最短で翌々日

そのためすぐに現金が必要な場合でもすぐに着金してもらえるのはこのサイクルだと考えれば非常にありがたいシステムです。

また月末締めの翌月20日入金の自動入金にも対応しているので、毎月一定のペースで定期型が都合がいい場合なら手動での振り込み操作が不要なこの自動入金がおすすめできます。

STORES決済を利用している店舗運営者の口コミ

https://twitter.com/atelier_kanade/status/1511307555959873536?s=20&t=9ZDEAmvy43PcPOc7XkggpQ

いろんな機能が搭載されたPOSシステムは様々な決済に対応していますが、膨大なコストがかかってしまうことが悩みで、STORES決済を導入したという声は結構多いです。

今やクレジットカードもタッチ決済が普及しておりより非接触での決済を好む消費者も増えてきている中、STORES決済もこれに追従して対応してくれるのはありがたいと感じます。

ストレスなく決済をしてもらうために、お客さまのところまで STORES 決済 端末を持って行き、その場で決済していただくこともあります。

「京都に住む友達の部屋」がコンセプトのホステル、NINIROOM

STORES決済で利用する端末は小型の持ち運びがしやすい決済端末なので、テーブル会計も気軽にお客さんの席まで持ち運んで行えるのもサービスの一つとしては大きなメリットですね。

STORES決済のメリット

支払い手段の選択肢を増やすためにSTORES決済導入のメリットをいくつか上げました。

クレジットカードのリボ・2回払いの対応

もしも店舗で高額な商品を販売している場合、クレジットカード決済でも一括以外の2回払いやリボ払いの選択肢があるというのは顧客にとっても大きなメリットとなる要素です。

※2回払い・リボ払いに対応している銘柄はVISA・マスターカードのみとなるため注意は必要です。

電子マネー決済の手数料が安い

電子マネー決済手数料が安い

電子マネーによる決済手数料の比較

STORES決済1.98%
AirPay2.95%
Square3.25%

STORES決済の大きな強みは交通系電子マネーの決済手数料が他社の決済システムと比較しても圧倒的に安いことが分かると思います。

もしも駅構内や駅ビルにお店を構えている店舗であればほとんどの方が交通系ICカード・もしくは交通電子マネーでの支払いを行うシーンが多いのでSTORES決済による恩恵は非常に大きいのではないかと。

端末が持ち運べてどこでも支払いOK

STORES決済で支払いに使える端末はスマホサイズのコンパクトな機器となっており、レジ台で支払いを行わなくともどこでもお客さんの手元に持ち運び支払いができます。

個人で行っている狭い店内やわざわざレジまで足を運んでもらわなくとも支払いができるので小型・大型店舗に関わらずスムーズに決済を誘導できるのも大きなポイントです。

初期費用・月額固定費用はかからない

STORES決済は初期費用・固定費がかからない

このシステムを導入するにあたり店舗経営側としては毎月色々な固定費を払っている中、追加で固定費を増やすことは大きな負担となりますが、STORES決済は導入にかかる初期費用も月額固定費もかからないのは非常にメリットあります。

確かに多くの決済手段があればあるほど消費者側にはニーズがあり使い勝手が良いものとなりますが、その手段を増やすためにコストを掛けすぎてしまうと店舗側では気持ちよくサービスを提供するのが難しくなります。

よって無駄なコストを掛けずに必要最低限の決済手段が用意されているのはSTORES決済の最大のメリットとなるでしょう。

👉STORES決済公式ページ

STORES決済のデメリット

最後にSTORES決済を導入するにあたりデメリットとなる点は以下です。

非対応のキャッシュレス決済が多々ある

非対応のキャッシュレス決済ApplePay、GooglePay、QUICPay、iD、nanaco、WAON
非対応のQRコード決済PayPay、LINEPay、d払い、auPay、楽天Pay

最近ではスマホ決済の手段が非常に増えていますが、Apple PayやGooglePayなどのスマホ決済には対応していない点はちょっとしたデメリットとなります。

またQUICPay、iD、nanaco、WAONなどの非接触決済にも現時点では対応していないので現時点でSTORES決済が対応している非接触決済ではSuicaなどの交通系カードによる電子マネー決済とWeChatPayのQRコード決済のみとなります。

ネトセツ

特に交通系の電子マネー決済の手数料はSTORESの決済手数料は非常に低いのでこの決済においては店舗側には大きなメリットとなるのは間違いありません。

ただ今後クレジットカードのタッチ決済が普及してくれれば新たな非接触による決済手段が一つ増えますし、今後新たなキャッシュレス決済やQRコード決済にも対応してくれることを期待しておくしか無いでしょう。

PayPayもしくはLINEPayのみを個別で導入するという手もあるので、STORES決済で導入コストを抑えられる分他の決済手段をプラスαで付け加えるというのも一つの手ではあるでしょう。

STORES決済のまとめ

STORES決済はこれから事業を始める方やすでに事業を行っている方で支払い方法の選択肢を増やしたい方には気軽に導入できる決済システムです。

  • 初期費用・固定費・端末代金はすべて無料
  • 電子マネー決済手数料が安い
  • 高額商品のクレカ2回払い・リボの選択肢がある
  • 入金が最短2営業日の手動と自動の2つがある
  • スマホで売上管理・操作が可能
  • 連携POSシステムで様々なサービス連携が可能

スマホによるキャッシュレス決済やPayPay、LINEPayなどのQRコードによる決済のバリエーションは少ないものの、導入者側に大きなコストの負担がなく利用ができる点では商売を行う側の強い味方になるのではないでしょうか。

👉STORES決済公式ページ

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

ネット選びに困ったら診断

ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
非接触決済でおすすめの導入費が無料「STORES決済」のメリットとデメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる