【みんなの投票】あると嬉しいサブスクリプション集、定額サービスを調査

1商品、1サービスに1支払いをするよりは定期で支払いを行い使い放題やより多く楽しんだりすることができるサブスクリプション制を導入したサービスが増えています。

存在するサブスクリプションサービス
ジャンルサービス名(例)
音楽AppleMusic、LINE MUSIC、Amazonミュージック、Google Play MUSIC
動画配信Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオ、
雑誌・漫画・小説・ビジネス書Kindle Unlimited、楽天マガジン、dマガジン
ヘアサロンMEZON、Jetset
ゲームPlayStation Now、Apple Arcade、Nintendo Switch Online
食品・献立オイシックス、スナックミー、シェアダイン、ヨシケイ
ファッションファッションクローゼット、メチャカリ
恋愛ゼクシィ縁結び、ペアーズ、
生活家電Dyson Technology +、
ドリンク・お酒ネスカフェ アンバサダー、キリンホームタップ、KURAND CLUB
スマボ、KINTO ONE、NOREL
カメラGooPass、CAMERA RENT
コンピュータ、ソフトウェアOffice365、Adobe Creative Cloud、PCレンタル.com
飲食店・カフェ・バーCAFE PASS、野郎ラーメン、welnomi(ウェルノミ)、always LUNCH

まだまだこれはほんの一部のサブスクリプションです。これらをもとに「こんな定額制サービスがあればありがたい!あったら嬉しい!」というサブスクリプション(定額サービス)の投票&サービス名を募集します。

【みんなの投票】あると嬉しいサブスクリプション集

以下のアンケートを回答いただき、回答された投票画像の写真キャプチャを添付して@netosetsu のタグを付けてツイートしてくれた方から抽選でAmazonギフト券1,000円をプレゼントします!
あったら嬉しいサブスクリプションは??(定額サービス) ※複数(3個)チェック+投票で回答
  • 該当するものがないので、 あなたの回答を追加する
投票内容に自分の「あったらいいな」というサービス等が見つからなければけば【該当するものがないので、 あなたの回答を追加する】をタップして付け足してください。
注意
※ただし、そぐわない内容や言語を追加した場合はこちらの判断により削除する場合があるのでご了承ください。

サブスクリプションで私達の何が変わる?

サブスクリプションは基本的にレンタルと同じような形式で、定額支払中であればそのサービスがずっと使え辞めた瞬間にはそのサービスをキッパリと切り離すことができます。

例えば製品を一括購入をしてしまうと、ずっと使い続けなければなりませんが、サブスクでその製品を利用すれば、不要になったときにはすっぱりと自分の手元からなくなり売ったり譲ったり、置き場所を考えたりなどの余計なことを考えず済みます。
よって「使いたいときだけ、とりあえず使ってみよう(試してみよう)」が気軽にできるのがサブスクリプションのメリットでもあります。

ただし今では山程あるサービスや製品の選択肢が多い中、本当に自分にあったモノを見つけづらく迷ってしまうことも多いのですが、サブスクで提供していれば簡単に手を伸ばすことができます。

余分な工程を削減でき、大事な時間を作ることもできる

日々の習慣の中にやるべき選択肢が多ければ多いほど、考える時間を多く作ってしまい時間を無駄に過ごしてしまいがちです。

そこで自分がわざわざやらなくても良いことに時間を割いてしまうよりは、サブスクリプションを活用して大事な時間を確保することもできます。

  • 家事代行サービス
  • 学習なら電子辞書(Kindle)
例えば家事代行サービスはクラシニティなどを活用すればせっかくの有意義に過ごせる休日に大掃除をせずやりたいことに専念することもできます。

また本をよく読む方は自宅にたくさんの学習本やビジネス書、漫画などが積もりに積もってる方もいるかも知れません。

本棚に積み重なった書籍が部屋にあるのが良いという気持ちも分かりますが、人は目の前に多くのものが散乱している場合は集中力が欠けてしまうと言われています。

合理的に考えるならば、殺風景なほどシンプルな部屋で効率よく学業に励むのも試しに実践してみると良いかもしれません。

Kindle Unlimited、楽天マガジン、dマガジンなどのサブスクリプションを活用すればスマホ一台、もしくはタブレット1台にそのすべてを収納することができるので手元で書籍を簡単に整理し効率よく学習を行なうこともできます。

サブスクリプションは使い方によっては日々の生活の効率を良くしたり、人生の中で一番大事な時間の過ごし方を見つめ直すきかっけを作ることもできるでしょう。

サブスクリプションは2019年以降は様々なジャンルで多くの企業が参入してきており、今まで以上によい定額サービスが増えてくるはずですので私も随時調査しながら「これは良い!おすすめできる」というものが見つかれば追記していきたいと思いっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA