MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

ahamoへのMNP転入のやり方の手順まとめ詳しくはこちら

スマホインターネット利用者を対象に月額料金や大手3社の新ブランドなどについてアンケート調査を実施

みんなのスマホやインターネット料金についてのアンケート統計まとめ

今では欠かせないライフラインとなったインターネットですが、その土台となるスマホや通信回線は選択肢が多く、ITリテラシーが高い方でも調べるのも選ぶのも難しいほど複雑化しています。

では実際に自身で今使っているスマホや通信回線環境に多くの方が満足しているのか、またどういった端末・サービス・料金が理想的ではあるのかネトセツでは独自に定期的なアンケート調査を行ってきました。

この実施してきたアンケート調査の結果から「料金プランの見直し」や「理想のサービス」を紐解くヒントを得られたらと考えこの調査結果をまとめました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

①みんなのスマホの月額料金はいくら?

現在のスマホの月額料金について944名の方によるアンケートによる投票の結果は「5,000〜10,000円」が全体の36%「10,000円以上」が全体の30%「3,000〜5,000円」が29%「〜3,000円」が5%でした。

また毎月支払っているスマホの月額料金に半数以上の方が満足していないという答えでしたので、自分にぴったりの最適プランを見つけられていないのが現状だということになります。

理想のスマホの月額料金は?

理想の月額料金は「3,000円以下に抑えたい」が半数で2021年からahamoやpovo、LINEMOなどの20GBで3千円弱で利用できる大手の格安プランのサービス提供は多くの反響がありました。

②みんなのスマホのパケットデータの平均利用量は?

スマホで月間に利用できるパケットデータ量について349名の方によるアンケートによる投票の結果は「〜5GB」が全体の50%「〜20GB」が全体の21%「20GB〜」が15%「〜10GB」が14%でした。

2020年〜2021年にかけて自粛によるおうち時間の増加に伴いスマホの通信データ量は明らかに増えている傾向です。

ただし自宅に固定回線(光回線)などを導入する方も増えてはきているため、自宅ではWiFiを利用し、外出時のみ軽く通信を行うという方はデータの消費量が平均して5GB以内に収まっているようです。

もしも現在5GB以下のデータ利用で収まっている方で月額料金が3,000円を超えている場合はまだまだプランの見直しの余地はあり、逆にスマホの通信だけで自宅も外出先も使う方には2021年に新しくスタートした無制限や20GBの格安プランで毎月のコストを今より抑えることが可能になっています。

③大手の20GBの新ブランドについて

2021年の春からスタートした大手3社の新ブランド「ahamo」「LINEMO」「povo」についてのアンケートです。

オンライン専用受付の20GBの新ブランドでどれが一番魅力的かというアンケートについて1027名の方による投票の結果は「ahamo」が全体の44%「povo」が全体の23%「LINEMO」が15%「どれも魅力的ではない」が15%でした。

真っ先にプラン発表を行ったahamoは特に好印象でドコモユーザーが多いのも影響し一番の支持率でした。

また基本的に乗り換えや新規申込はオンラインのみしか受付をしていませんが、ahamoではドコモショップにて有料サポートによる新規受付を開始しているのも高年層向けには好印象なのではないでしょうか。

2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査(MMD研究所調べ)

ちなみにMMD研究所の調査結果では2021年の新規・乗り換え契約の1位はahamo、そして2位は楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」という結果でahamoは実際の乗り換えでも人気のようです。

④日々使っているスマホやネット通信に日頃から気にしていることは?

日々使っているスマホにおいて日頃から気になっているポイントについて536名の方によるアンケートによる投票の結果は「料金プラン・価格」が全体の41%「通信速度・安定度」が全体の31%「データ容量・速度制限」が24%「新プラン・サービス」が4%でした。

やはり一番気にかけているのは料金ということで現状の料金プランへの出費に納得していない方や「もっと安くできるのでは?」と考えている方が多いです。

電気ガス水道、家賃に続きライフラインには欠かせない固定費となるので、節約志向の今ではより自分に合ったプラン選びが重要になるのは間違いありません。

⑤スマホの理想の持ち方や操作は片手?両手?

スマホの理想の操作方法のアンケート結果

スマホの操作や持ち方について622人の方によるアンケートによる投票の結果は「片手操作が理想」と答えたのが全体の64%「両手操作」が全体の20%「どちらでも」が16%という結果でした。

高機能スマホはどんどんと大型化しているのに対し、理想は片手で操作ができるサイズを望んでいるという驚きの結果ですが、入力操作を気軽にしたい場合は片手で持てる大きさが望まれているの非常に理解ができます。

スマホは片手操作派の理由

スマホの片手操作によって他の事ができたり、入力が楽になることは非常に大きいポイントで例えば子供を抱っこしていたり、荷物を持っている場合などは間違いなく操作が行えるのは非常に同感です。

またコンパクトゆえに持ちやすかったり落下しづらいというメリットもありますので、小さいスマホがまだまだ重宝されているのは間違い無いでしょう。

⑥5Gについてどう思っている?

モバイル通信の4Gの次世代規格となる5Gについて561人の方によるアンケートによる投票の結果は「料金が気になる」が全体の44%「速度が気になる」が全体の27%「今の4Gでも不満なし」が17%「人体への影響が気になる」が12%でした。

実際にスタート時の大手の5Gプランは非常に高額なもので、誰もが手を出せる価格帯ではなかったのですが、今では4Gプランと差がなくなっているのはありがたい点です。

また2020年の春から5Gサービスが本格的にスタートし約1年が経ちましたが、予想通り5Gが実際に使えている地域はまだ限定的で多くの方が5Gをまだ体験できていない結果となっています。

まだまだ普及までには数年はかかると予想され、今の4Gでもあまり問題ないと考えている方が多いので、無理に5G対応の高いスマホを購入する必要もないかもしれません。

【結果】スマホやモバイル通信(ネット回線)は常に料金が気になる結果

今では仕事にもプライベートにも欠かせない存在となったスマホやインターネットのインフラですが、生活の一部として利用するにあたり毎月にかかるコストをいかに抑えるかを大半の方が普段から考えているという結果になりました。

毎年、そして毎シーズンで各社の料金やプランに変動があり「何がなんだか分からないしややこしい」が一般ユーザーの感想なのは間違いありません。

ただしっかりと料金プランやサービス内容を理解すれば「ぴったりなプラン」を見つけやすくなっていますし、データ制限も数年前に比べるとゆるい上に料金が安くなっているのは事実です。

ネトセツ

ネトセツではスマホの機能や誰かにマッチする料金プランなどを常に調査しているので、気になった記事があれば参考にしてみてください。

今回のアンケート調査結果はネトセツの Twitter アンケートにて独自に調査した結果です。 アンケート調査内容に関するご意見や他のアンケート実施をご希望の場合はネトセツのTwitter(@netosetsu)のDMもしくはこの記事のコメント欄やお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。
みんなのスマホやインターネット料金についてのアンケート統計まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる