Twitterの【ダークモード】の設定方法。iPhoneのバッテリー持ちに優しい

Twitter公式アプリに今まで搭載されていた夜間モードがアップデートにより【ダークモード】に更新されました。

※現在はiOS版のiPhoneのみとなりAndroid版は後日追加される予定のようです。

このダークモードには夜間に目に優しいだけではなく有機ELを搭載したiPhoneのバッテリー消費の節約自体にも貢献できるようです。

Twitterのダークモードの設定

ダークモードはTwitterアプリを更新する必要があります。

Twitterの再起動orアップデート

STEP.1
アプリ自動アップデートしている方はTwitterを再起動

Appの自動更新をONにしている方はWi-Fi接続時にアップデートされていると思いますのでTwitterアプリを再起動してください。

再起動してTwitterアイコンをタップして「月マーク」から「電球マーク」に変更になっていればOKです。

STEP.2
手動アップデートの方はappストアにてアップデート

手動でアプリのアップデートを行っている方はapp Storeアプリを開き、下のバーにある「アップデート」をタップしその中にあるTwitter公式アプリが表示されたら「アップデート」をタップしてアップデートしてください。

もしくは検索バーで「ついったーと検索」しTwitter公式アプリが表示されたら「アップデート」をタップしてアップデートしてください。

アップデートが完了したらTwitterアプリを一旦終了し再起動してください。

バッテリー節約のダークモード+ブラック設定

バッテリー節約を行うダークモードの設定の流れを解説します。

ダークモードにはダークブルーとブラックの2つのモードが存在しますが、ブラックはよりスマホのバッテリー消費を節約できる効果があるようです。
STEP.1
Twitterアイコンをタップして「設定とプライバシー」をタップ

STEP.2
「画面表示とサウンド」をタップ

STEP.3
「ダークモード」をONにする

STEP.4
「ブラック」にチェックを入れる

「ダークモード」をONにすると画面が暗くなり、ダークブルーとブラックの表示が現れます。最初はダークブルーへチェックが入っていますので【ブラック】にチェックをいれてください。

これでダークモード+ブラックの設定が完了です。

Twitterをヘビーに使う方には目にもバッテリーにも優しい機能

実際に使ってみたところ通常<ダークモード+ダークブルー<ダークモード+ブラックになるにつれて目が疲れない印象がありました。

また、この設定で特にバッテリー節約に大きな恩恵を得られると考えられているのがハイスペックなOLEDを搭載したスマートフォンのようです。

OLEDとは「Organic Light Emitting Diode」の略で有機ELを搭載したスマートフォンです。

Appleから販売されている有機ELを搭載したiPhoneはiPhoneX、iPhoneXs、iPhoneXs Maxです。

これらのiPhoneに該当する方でTwitterを使っている方はダークモードの恩恵はあるのでぜひ設定してみてください。

その他のTwitterの設定や機能についての記事は以下にもあります。

Twitterの自分のツイートが「センシティブな内容…」とでる場合の解消法 【検証】Twitterのデータ通信量と1GBまでの目安。節約方法まとめ【検証】Twitterのデータ通信量と1GBまでの目安。節約方法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。