【検証】U-NEXT(ユーネクスト)のデータ通信量と1GBまでの目安と節約まとめ

【検証】U-NEXT(ユーネクスト)のデータ通信量と1GBまでの目安と節約まとめ

国内の動画配信サービスの中でも飛び抜けて見放題の作品が多いU-NEXT(ユーネクスト)ですが、Wi-Fi環境がない場所で視聴するにはデータ通信量を消費します。

そこでモバイル通信でU-NEXT(ユーネクスト)利用した時にかかるデータ通信量(パケットデータ)の消費量を実際に測定してみました。
この実験で分かること

  • U−NEXT(ユーネクスト)の通信量と1GBまでの目安
  • 節約を行うための設定や対策
  • 外でも見放題にできるプラン

U-NEXT(ユーネクスト)視聴におけるデータ通信量

U-NEXTのデータ通信量

U−NEXT(ユーネクスト)で配信されている映像コンテンツはストリーミング配信もしくはダウンロード後のデータを視聴する2つの方法があります。

またストリーミングでの動画視聴には4つの画質設定ができます。

この4つの画質設定別で消費するデータ通信量が異なるためそれぞれの設定による検証結果をチェックしてみます。

自動画質設定でのデータ通信量

自動画質設定時のデータ消費量

モバイル通信時のデフォルトで設定されている【自動】設定にて10分間の視聴をしてみました。

【結果】10分の閲覧によるデータの消費量は「約130〜140MB」でした。

タイムライン時間データ消費量
10分140MB
30分420MB
60分(1時間)840MB
120分(2時間)1680MB(1.6GB)
結果を見ると自動の画質設定では他の動画配信サービスと比較すると少なめでした。

他の動画アプリサービスの【デフォルトの画質設定】で比較すると以下のようになります。

動画サービス別10分間視聴した際のデータ通信量
Hulu190MB
dTV260MB
Amazonプライムビデオ70MB
DAZN580MB
TVer160MB
U-NEXT140MB
Amazonプライムビデオが一番少ないですが、その次の消費量ですね。少なめで良いですね(^^)
そうですね!また4段階のうち、まだ低画質と最低画質の設定があるのでさらにデータ消費量を節約できるのは助かりますね。
1GBまでの目安自動画質での視聴なら約1時間10分

高画質設定でのデータ通信量

高画質のパケットデータ消費

次に最高の画質設定となる【高画質】にて10分間の視聴をしてみました。

【結果】10分の閲覧によるデータの消費量は「約340〜350MB」でした。

タイムライン時間データ消費量
10分350MB
30分1050MB(1.1GB)
60分(1時間)2100MB(2.1GB)
120分(2時間)4200MB(4.2GB)
高画質設定だと急激にデータ消費量が増えましたね。
1GBで1時間も見れないですね・・・こんなにパケットデータ使うのは危ない(^_^;)
そうですね。モバイル通信で「高画質」には絶対変更しちゃだめなやつですね(^_^;)
1GBまでの目安自動画質での視聴なら約25分

低画質設定でのデータ通信量

ユーネクストの低画質

次に下から2番目の画質設定となる【低画質】にて10分間の視聴をしてみました。

低画質設定でのデータ消費量

【結果】10分の閲覧によるデータの消費量は「約80MB」でした。

タイムライン時間データ消費量
10分80MB
30分240MB
60分(1時間)480MB
120分(2時間)960MB
低画質は標準で設定されている【自動】の画質設定よりもだいぶ消費量が抑えられる結果になりましたね。
画質にこだわりがなければこの低画質あたりが良いですかね?
そうですね。標準画質と比較してもあまり見劣りしない画質設定なのでおすすめできますね(^^)1GBでも映画一本見れるデータ量です。
1GBまでの目安低画質での視聴なら約2時間

最低画質設定でのデータ通信量

U-NEXTの最低画質

次に一番低い画質設定となる【最低画質】にて10分間の視聴をしてみました。

最低画質のデータ通信量

【結果】10分の閲覧によるデータの消費量は「約40MB」でした。

タイムライン時間データ消費量
10分40MB
30分120MB
60分(1時間)240MB
120分(2時間)480MB
480分(4時間)960MB
【最低画質】は低画質の約半分ぐらいのデータ通信量に収まりますね。
だいぶ通信量を節約できる感じですね(^^)
間違いないですね!これだけ抑えられるようならヘビーに映画を見ない方ならやり過ごせるレベルです。
1GBまでの目安低画質での視聴なら約4時間

U-NEXTの画質別のデータ消費量

今回の実験でU-NEXTの4つの画質設定によるデータ通信量の結果は以下のようになりました。

画質別10分視聴時のデータ量1GBまでの目安時間
最低画質80MB4時間
低画質140MB2時間
自動140MB1時間10分
高画質350MB25分
検証結果から分かるのは高画質と再低画質のデータ通信量の消費量が約10倍も違うことです。

もしも自分のパケットプランがデータ量が少ないプランならなるべく低画質で視聴するように心がけ、高画質で視聴したいならなるべくWi-Fi環境で視聴する必要があります。

U-NEXTのデータ消費量を節約する方法

U-NEXTの通信量を節約する方法

U-NEXTの映像視聴にはデータ量を消費してしまうのでここで節約して利用する方法をいくつか紹介します。

①予めダウンロードを行う

U-NEXTには予め視聴したい動画をダウンロードする機能が備わっています。

視聴したい動画タイトルをタップし、下へスクロールします。

すると「ダウンロード」という項目があるのでこちらをタップすると該当の動画をダウンロードしてオフラインで再生することができます。

ダウンロードはWi-Fiに接続した状態で行うようにしましょう。初期設定ではWi-Fiに接続していない状態でなければダウンロードはできません。

ダウンロードが完了したら【ダウンロード済み】の項目から視聴することができます。

このダウンロード済みの動画コンテンツはスマホ本体へすでに保存されているのでモバイル通信をOFFにしていたとしても視聴することができます。

注意
ただし一部の連続ドラマや海外ドラマなどがダウンロードに対応していない場合があります。
ダウンロードに対応していない動画コンテンツはストリーミング再生が必須となりWi-Fiがない環境ではデータ量を必ず消費しなければなりません。

②U-NEXTがモバイル通信で見放題になるプラン

外でU-NEXTを視聴したりWi-Fi環境がない方にはU-NEXTが外でもデータ通信量を一切消費せずに見放題になる「エンタメフリー・オプション」というサービスを提供している格安SIM業者があります。

その格安SIMサービスは「BIGLOBEモバイル」です。

エンタメフリー・オプションというスマホプランのオプションサービスによりU-NEXTだけではなく、YouTubeやAbematvなどもパケット通信を消費せずに見放題となります。

ソフトバンクでもウルトラギガモンスター+というSNS、動画見放題サービスがありますがこのU-NEXTは対象外です。

BIGLOBEモバイルはソフトバンクよりもスマホプランの料金が圧倒的に安くなり、スマホの月額料金もかなり節約できます。BIGLOBEモバイルについては以下で詳しく解説しています。

動画見放題・音楽聴き放題の格安SIM「BIGLOBEモバイル」の評判とキャンペーン動画見放題・音楽聴き放題の格安SIM「BIGLOBEモバイル」の評判とキャンペーン

③持ち運びができるポケットWi-Fiを使う

どこでもデータ通信量を気にせずにU-NEXTを楽しみたい方は持ち運びができるポケットWi-Fiがおすすめできます。

例えば旅行中や通勤中でもWi-Fiを使うことができるのでストリーミング再生ができるU-NEXTだけではなくYouTubeやTikTok、インスタグラムやツイッターなどのSNSまでどのアプリも通信を気にせずに使えます。

ポケットWi-Fiは月額料金は多少かかりますが、その分スマホの料金プランを最低限のものに変更すればスマホよりもコストを抑えられどこでもWi-Fiが繋げられるので一石二鳥になります。

どこでも持ち運びができるポケットWi-Fiは以下で解説しています。

最新の持ち運びWiFiルーターのおすすめと値段が安いプランを厳選

もちろん持ち運びできるWi-Fiなので工事も不要で届き次第すぐに利用できます。

【ガチおすすめ】工事なしのポケットWi-Fiインターネットの5社

【まとめ】通信制限を気にせずにU-NEXTを楽しむ

U-NEXTは動画見放題だけではなく、最近では雑誌見放題、漫画見放題もスタートしていて様々なエンターテイメントが定額で楽しめるサービスです。

それらのサービスを利用するためにはどうしてもネットの通信データ量が発生しますが、それを気にしつつ利用するのもなんだか損している気分になりますよね。

そこでスマホやWi-Fiのサービスを駆使して通信制限に怯えずに楽しめる環境や突破口は必ずあるので自分にあった通信量を節約する方法を試してみてください。

またU-NEXTはHuluやNetflixよりも先行で配信が始まる映画があるなど最新の配信タイトルにも強いので存分に楽しめる定額サービスには間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。