【知らないと損】LTEを無制限で使えるポケットWi-Fiおすすめ3社

LTE通信を無制限で利用できるポケットWi-Fiまとめ

移動中のスマホなどの通信をするだけで毎月1万円近くネット代金を払っている人は多いのでは無いでしょうか。

もちろん日本全国カバー率なら1番つながりやすいスマホのLTE通信。このLTE通信を無制限で更には3千円台の定額料金で使えるポケットWi-Fiを解説していきます。

ちなみに無制限で利用できるSIMを探している方もいるかも知れませんが、基本的に格安SIMサービスでは速度が低速に制限された上での無制限となるので使い勝手が非常に悪いです。

私はWiMAXとこの無制限のLTEのポケットWi-Fiの2つを契約して使っていますが、旅行時や移動時にはWiMAXはほとんどつながらず圏外になることが多いです。

無制限のWiFiサービスを実際に探そうとすると、WiMAXを推奨するブログやサイトが多いのですが実際には3日で10GB超えた場合のデータ量制限があるので騙されないように注意してください!

何よりも「通信制限」「残りのパケットデータ量」「つながるエリア」などのストレスから開放されるおすすめのポケットWi-Fiなので必見です。

スポンサーリンク

どんなときもWiFi

無制限で使えるおすすめのポケットWi-Fi「3社」

まずは2019年7月現在で無制限で利用できるポケットWi-Fiサービスは以下になります。

その他に格安SIMでも無制限で利用できるプランがありますが、予め速度制限されているものばかりなのでおすすめできませんし、無制限のLTEならこの3社が圧倒的におすすめできます。

サービス名月額料金LTE回線
よくばりWiFi3,450円ソフトバンク
どんなときもWiFi3,480円ドコモ/au/ソフトバンク
sakuraWiFi3,680円ソフトバンク

この3社が実際にLTEの通信制限なく利用ができるポケットWi-Fiサービスです。

またこの3社は直近3日のデータ超過による通信制限も発生しないため万が一短時間に多くのデータ通信を利用した場合でも速度制限もなく利用できます。

この3つのLTEを使ったポケットWi-Fiプランについて解説していきます。

その①「よくばりWiFi」

2ヶ月無料で使い放題のよくばりwifi

「よくばりWiFi」は株式会社クイックが提供する【大手キャリア(ソフトバンク)の4G LTE通信】に対応し、通信量は無制限で利用できるクラウドSIMを採用した2019年9月にスタートしたばかりのポケットWiFiサービスです。

別事業ではNEXTモバイルという格安のポケットWi-Fiサービスも展開しています。

よくばりWiFiの詳細
通信エリアソフトバンクの4GLTE
初期費用3,800円
月額料金3,450円
(※2ヶ月無料)
4,880円
(縛りなしのレンタルプラン)
契約期間2年間
or
1ヶ月
端末代金レンタルのため無料
その他特徴海外113カ国でも利用可能
クラウドSIMにより最適な通信へ接続
よくばりWiFiの料金スペックは最近のCMやプロモーションで話題になった「どんなときもWiFi」にそっくりですが、2ヶ月無料と毎月の月額がこちらのほうが安いです。

「どんなときもWiFi」は実機を使ったレビューを実施しています。

国内はどれだけ通信しても無制限

LTE通信を無制限で利用できるauのプランがありますが、月額料金が8,980円とありえない値段ですが、このよくばりWiFiはいくら通信データを使っても無制限で3,450円と非常に安いのが最大の特徴です。

2年縛りと縛りなしの2種類のプランがあり

よくばりWiFiの2つの料金プラン

1ヶ月単位で自由に契約終了を選択できる【1ヶ月レンタル:4,880円】と【24ヶ月レンタル:3,450円】がありますが、申込み者の傾向を見ると断然に24ヶ月レンタルを選択している人が多いです。

長期使う予定なら格安で利用できる24ヶ月契約プランで良いですし、出張や単身赴任、旅行などで短期利用目的なら1ヶ月レンタルプランという2つの選択肢があるのは良いですね(^^)

モバイルルーターは「U2s」

グローカルネット U2s

どんなときもWiFiで提供している「U2s」というグローカルネットから販売されているモバイルルーターです。

液晶画面などもなくシンプルですが、バッテリーは12時間駆動、最大5台の同時接続ができるモバイルルーターです。

このモバイルルーターを販売しているグローカルネットは東南アジアを中心にWiFiレンタルの事業を行っており、マレーシアでは業界No.1のシェアを誇るグローバルな会社です。

よくばりWiFiは

  1. スマホのパケットデータ量と値段に不満がある方
  2. 無制限のLTEが使いたい方
  3. どこでもつながるWiFiが必要な方
  4. 毎月のコストを抑えたい方
  5. スタート時のお得感を味わいたい方
に非常におすすめできるポケットWi-Fiです。

スマホのパケットデータが毎月数GBの制限がある上に月額料金が高いと不満に思っている方にはスマホのプランを最低限プランへ見直し&よくばりWiFiとのセットでかなり安く抑えられるはずです。

その②「どんなときもWiFi」

無制限で通信制限なしのどんなときもWiFiの

「どんなときもWiFi」株式会社 グッド・ラックが提供する【ドコモ、au、ソフトバンクすべての大手3キャリアのLTE通信】に対応し、データ容量無制限で使えるWiFiサービスです。

別事業ではNEXTモバイルという格安のポケットWi-Fiサービスも展開しています。

どんなときもWiFiの詳細
通信エリアドコモ、au、ソフトバンクの4GLTE
初期費用3,000円
月額料金3,480円
(口座振替は3,980円)
契約期間2年間
端末代金レンタルのため無料
その他特徴海外107カ国でも利用可能
クラウドSIMにより最適な通信へ接続
国内なら全国カバー率が高いトリプルキャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)でのLTE接続ができ、さらにはパケットデータが無制限で利用できるポケットWi-Fiとして最強のプランです。

「どんなときもWiFi」は実機を使ったレビューを実施しています。

クラウドSIMによるトリプルキャリア対応

どんなときもWiFiはWiFiルーター自体にSIMを搭載していません。クラウドSIMを使ってその場所に最適な通信を自動選択して接続してくれます。

例えば今いる場所でドコモの電波が弱い場合には逆に電波が強いauの通信へ切り替わります。その都度エリアにより最適な通信へ最適化するのでいつでも快適な通信が利用できます。

実際に利用している方のレビューを見る限りでは殆どがソフトバンク回線をキャッチしているようなので、通信条件はほぼよくばりWiFiと同じと考えて良いです。

月間容量制限や通信制限は一切なし

「どんなときもWiFi」はよくばりWiFiと同じくスマホのパケットプランやWiMAXでは特に多い○GBまでのパケットデータ制限や3日で10GBの制限も設けていないため、大容量を消費するコンテンツをたくさん利用できます。

ただし違法ダウンロード、不正利用、大容量通信を過度に行いネットワークの占有を行った場合のみ通信制限を実施する場合があるとは書かれているので注意は必要です。

海外での利用もこれ一台でOK

海外での利用もこのどんなときもWiFiならそのまま海外へ持ち出し利用することができます。

海外での利用時は1日1GBまでと制限はありますが、1GBを超えて低速になったとしても384Kbpsまでの速度で無制限で利用ができるのもメリットです。

モバイルルーターは「D1」

グローカルネット U2s

どんなときもWiFiで提供している「D1」というよくばりWiFiと同じグローカルネットから販売されているモバイルルーターです。

型番が違うように見えるのですが、U2sと性能は全く同じです。同時接続台数は同じく5台の通信端末までとなります。

どんなときもWiFiは

  1. WiMAXが不安な方
  2. 無制限のLTEが使いたい方
  3. どこでもつながるWiFiが必要な方
  4. 毎月のコストを抑えたい方
  5. スマホの料金プランを見直したい方
に非常におすすめできるポケットWi-Fiです。

CMで話題になり多くの方が知っているネーミングですので、よくばりWiFiを聞いたことがないから不安という方にはこちらのどんなときもWiFiを選ぶのが良いでしょう。

どんなときもWiFiをもっと知る

その③「SAKURA WiFi」

ソフトバンクの4GLTEを無制限で利用することができるポケットWiFiプラン。

こちらはよくばりWiFiやどんなときもWiFiとは異なりレンタルプラン専用のため契約期間の縛りがなく途中でやめても解約金がありません。

sakuraWiFiの詳細
通信エリアソフトバンクの4GLTE
初期費用3,000円
月額料金3,680円
(クーポンコードにより1,400円割引)
契約期間契約縛りなし
端末代金レンタルのため無料
その他特徴直近3日の制限なし
レンタルサービスとなるため、契約の縛りはないですが、初期費用は3,000円+初回の月額料金と初月必須のオプション合わせて合計で6,680円程度と高めです。

ただし無制限で使えるLTEのポケットWi-Fiが3,680円で利用でき、さらには契約縛りがないのが非常に大きいです。

よくばりWiFiにも1ヶ月毎のレンタルプランは存在しますが、短期での利用ならこのSAKURA WiFiの方が安くておすすめできます。

【料金シュミレーション】から「クーポンコード(sakura-mugen)を入力するとこで金額確認を押せばその時点で割引が適用されます。

👉クーポン「sakura-mugen」を入力で月額が3,680円

モバイルルーターは5機種から

sakuraWiFiで提供されているモバイルルーター(WiFiルーター)は最新機種は「FS030W」になります。

その他に「ARIA2」「602HW」「601HW」「501HW」の4機種のラインナップもありますが、機種を任意で選択することはできないので注意してください。

FS030Wのスペック
下り最大速度150Mbps
同時接続台数15台
バッテリー時間最大20時間

どんなときもWiFiで提供しているU2sの端末では同時接続台数が5台、バッテリー時間が12時間駆動となるため、SAKURAWiFiで提供している最新機種の「FS030W」のほうが実用性が高く多くのデバイスも同時接続ができます。

ちなみに私がSAKURAWiFiで利用している端末は「602HW」でしたが快適に使えています。

ただしどの端末機種が届いたとしても無制限で利用できるので到着までの楽しみとなります。

sakuraWiFiは

  1. 無制限のLTEをなるべく安く使いたい方
  2. 契約の縛りがなく短期での利用も考えている方
  3. 毎月のコストを抑えたい方
  4. スマホの料金プランを見直したい方
におすすめできるポケットWi-Fiです。

👉クーポン「sakura-mugen」を入力で月額が3,680円

無制限LTEポケットWi-FiとWiMAXの制限について

ちなみにWiMAXで提供している「ギガ放題」というサービスは月間の通信上限は設けていないのですが、3日間に10GBのデータ通信を超えてしまうと速度制限がかかります。

業者別直近3日による制限
・WiMAX直近3日に10GBのデータ通信を超えると翌日から速度制限が発生し、直近3日の10GBを下回らなければ速度制限が解除されない。
・よくばりWiFi
・どんなときもWiFi
・sakuraWiFi
直近3日による制限は無し

よってWiMAXは完全なる無制限ではないことが分かります。

実際に10GB以上のPS4などのゲームデータのダウンロードなどを行うと翌日以降制限が発生してしまうという現象がありました。

注意
このことからWiMAXは実際に通信制限が発生するサービスで、さらには通信エリアもLTEより狭く、建物内での通信も弱いと考えればむやみに手をだしては行けWiFiプランとなります。

LTEとWiMAXの違いについては以下で解説しています。

無制限のLTEのポケットWiFiまとめ

今回紹介した3社のLTEを使ったポケットWi-Fiは速度の制限もなくデータ量の制限もなく利用できるWiFiサービスです。

・限りなく安く、そして無制限で使い放題なら「よくばりWiFi」
・同じく無制限での格安ルーターで有名サービスなら「どんなときもWiFi」

・契約の縛りがなく使う期間も短めな方は「sakuraWiFi」

それ以外ではWiMAXとなりますが、説明したとおり実際ふたを開けると3日に10GBの制限があったり、電波状況が悪かったりエリア狭くストレスが溜まることが実際の利用で多かったので、WiMAXの場合は慎重に検討する必要があります。

毎月の通信費 のコストを抑えつつWiFiサービスを一本化するなら今回紹介した3社が圧倒的におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA