MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

スマホ契約に合わせた高速の光回線選び詳しくはこちら

【最新】LTEを無制限、大容量で利用できるポケットWi-Fiおすすめ業者

移動中のスマホなどの通信をするだけで毎月1万円近くネット代金を払っている人は多いのでは無いでしょうか。

もちろん日本全国カバー率なら1番つながりやすいスマホのLTE通信。このLTE通信を無制限ほどではなくとも大容量パケットデータを格安の定額料金で使えるポケットWiFiやホームルーターサービスを紹介していきます。

使い放題のLTEが使えるU2sとWiMAX端末

私はWiMAXとこの大容量のLTEのポケットWi-Fiの2つを契約して使っていますが、旅行時や移動時にはWiMAXはほとんどつながらず圏外になることが多いです。

以下で紹介するWiFi業者は何よりも「通信制限」「残りのパケットデータ量」「つながるエリア」などのストレスから開放されるLTE通信のおすすめのWiFiサービス限定で選定しているので必見です。

スポンサーリンク

【300×250】0円スタートキャンペーン実施中!【hi-ho Let
読みたい場所へ押して飛ぶ

無制限 or 限りなく大容量のおすすめのポケットWi-Fi「8社」

まずは2021年9月現在で格安で大容量のパケットデータが利用できるポケットWiFi、WiFiルーターサービスは以下になります。

その他に格安SIMでも大容量で利用できるプランがありますが、予め1Mbps以下の通信速度に制限されているものばかりなのでおすすめできませんし、無制限もしくはたくさんのデータ量を快適な通信で使いたいならこの8社が圧倒的におすすめできます。

無制限&大容量でおすすめのWiFiサービス8社

月間通信データ量月額料金Wi-Fiタイプ
home 5G
(ドコモ)
無制限
(2021年8月登場)
4,950円ホームルーター
(置くだけWi-Fi)
Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
(楽天モバイル)
1GB〜無制限3,278円ポケットWiFi
それがだいじWiFi無制限
(2021年9月登場)
4,730円ポケットWiFi
ho-ho Let’s WiFi120〜210GB3,828〜4,730円ポケットWiFi
どこよりもWiFi5〜200GB
(使った分だけの課金制)
900〜4,400円ポケットWiFi
Mugen WiFi100GB3,718円ポケットWiFi
ZEUS WiFi20〜100GB2,178〜3,728円ポケットWiFi
THE WiFi100GB3,828円ポケットWiFi

大手キャリアではドコモと楽天がLTEの無制限プランを行っていますが、それ以外のauやソフトバンクはテザリング時のデータ制限が設けられています。また、どこよりもWiFi、THE WiFiなどは無制限使い放題プランを提供していましたが、現在は終了しそれぞれ月間最大で100GB〜200GBまでのプランへ変更されています。

また今まで無制限のクラウドSIMを提供してきたサービス業態でも実際は100GB超えたあたりで通信制限をかけていたことが大半だったので、現在は明確なデータ制限があることが表面化したことにより選ぶ方にとっては判別がしやすい状況となっています。

ネトセツ

これらの8社のWiFiサービスをそれぞれ深堀りしていきます。

その①ドコモの無制限「home 5G」

ドコモから「工事のいらないWi-Fi」というキャッチフレーズで2021年8月から開始された自宅に置くタイプのホームルーターWi-Fiの「home 5G」。

月額料金は4,950円ながらドコモの4G、5Gの高速回線を無制限で利用できるという非常に魅力的なサービスです。

ただ現在は申し込みが殺到しており対応端末(ホームルーター)の在庫がどの店舗でも間に合っていないようで、ドコモショップオンラインでは予約を受け付けている状況です。

home 5Gの料金プラン概要

月額料金4,950円(税込)
通信エリアドコモ 5G/4Gエリア
月間通信データ量無制限
(当日を含む直近3日間のデータ量が多い場合は速度が遅くなる可能性があり)
設置方法コンセントを挿すだけ
最大同時接続台数65台
(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)
契約期間なし
セット割ドコモギガプランとのセットで
最大1,100円割引
(home 5G セット割)
通信速度WiFi接続時:最大1.2Gbps
有線LAN接続時:最大1Gbps
(Wi-Fi6対応)
ホームルーター端末あhome 5G HR01
価格:39,600円
(分割1,100円×36回)
※月々サポートで36ヶ月継続で実質0円
契約事務手数料3,300円(税込)
公式キャンペーン15000dポイントプレゼント

またすでにドコモユーザーであれば利用しているスマホのプランに合わせて最大1,100円のセット割引が適用され更にお得に使うことができます。

もちろんこのhome 5Gはドコモユーザー以外でも利用することができるので、自宅に光回線を引くことができない環境にいる方やLTE通信をたっぷり無制限で使いたいと考えている方には本家ドコモが提供しているサービスなのでおすすめです。

\ 公式限定dポイントプレゼント中 /

ドコモのhome 5Gによるより詳しい解説は以下で

その②楽天エリアなら無制限「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」

LTE通信を利用した大手キャリアの仲間入りとなった楽天モバイルから販売されているモバイルWi-Fiサービス。

Wi-Fi本体代金は実質無料で、通信データは1〜無制限の段階制となっており使った分だけの従量制のプランとなります。

楽天モバイルの料金プラン

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
キャンペーン 3ヶ月無料キャンペーン
データ量
(楽天エリア)
〜1GB 無料

〜3GB 980円
(税込1,078円)


〜20GB 1,980円
(税込2,178円)


〜無制限 2,980円
(税込3,278円)

パートナーエリア 5GBまで
(超過後は1Mbps)
※データチャージは1GB/550円(税込)
海外通信 2GBまで
(66ヶ国)
音声通話 国内通話かけ放題
海外→国内も対象
国内SMS使い放題
(Rakuten Linkアプリ利用)
通信エリア 楽天4G/5G/パートナーエリア
キャリアメール 2021年夏実装予定

特に楽天モバイルエリア内であれば無制限(※1日10GBまで)と非常に大量なデータ通信が可能ですが、楽天エリア外の場合はパートナーエリア(auLTE)で5GBと制限があるため、楽天エリアの確認は必須です。

とにかく楽天エリア内であれば無制限プランとしては一番安く使える通信サービスには間違い有りませんので、条件をクリアしていればおすすめできるWi-Fiサービスです。

\ 5,000ポイント還元中 /

Rakuten WiFi Pocket 2Bはコンパクトで16台接続可能

楽天モバイル専用のポケットWi-Fiはスリムコンパクトサイズながらも連続通信が10時間、スマホやその他の通信機器など合わせて16台の同時接続が可能でちょっとしたWi-Fiルーターとして活躍できます。

ネトセツ

すでに楽天モバイル契約者であってもこのWi-Fiルーターキャンペーンでの申し込みであれば端末一括1円、さらには5,000円相当の楽天ポイントが付与されます。

2021年現在では楽天モバイルの通信エリアは勢いよく拡大はしていますが、生活圏内で楽天の通信エリアが入ってないのであれば、無制限での利用ができないので注意が必要な通信サービスです。

\ 5,000ポイント還元中 /

その③無制限プランのWiFi「それがだいじWiFi」

クラウドSIMのポケットWiFiを提供するそれがだいじWiFiから新たに登場した「無制限」プランです。

月額料金は4,730円で無制限と多少ドコモの「home 5G」よりは安い料金設定ですが、通信速度が常時4Mbpsへの制限がかけられているのが大きな特徴です。

それがだいじWiFiの料金プラン

月額料金・50GB:2,948円
・100GB:3,718円
・無制限:4,730円
※すべて税込み
契約期間2年
(2年ごとの自動更新)
月間データ量50GB/100GB
通信エリアソフトバンク/au/ドコモ
(最適な回線へ自動接続)
通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
その他エリア海外134カ国
(別途日割り料金)
WiFi端末U3/MACAROON SE
※24ヶ月×1,000円、2年利用で実質無料

常時4Mbpsなので4Kなどの高画質映像などを視聴する場合やオンライゲームをメインで使うような方でなければ普段使うには支障がない通信速度です。

ネトセツ

また無制限なのでどれだけ使っても4Mbpsの速度での通信は確保されますので、100GB、300GB使っても制限がかけられないと考えるとコスパが良いと感じるか方も多いでしょう。

端末はまあるくてかわいいポケットサイズながらも最大で連続通信が20時間も可能な長時間バッテリーモデル。また同時接続は10台が可能なのでスマホやパソコン、他の通信端末も同時に接続が可能です。

※それがだいじWiFiは他にも50GBや100GBのプランを提供しており、その2つのプランは海外での利用も可能です。

無制限でも高速な通信速度を求める方は4Mbpsは厳しいのでドコモの「home 5G」もしくは楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を推奨します。

\ 2021年9月から無制限登場 /

その④最大24ヶ月割引「hi-ho Let’s Wi-Fi」

ということで今一番大容量で多くのパケットデータが使えるのは1日7GBまでと非常に余裕のデータが使える「hi-ho Let’s Wi-Fi」です。

月間で210GBと使いきれるかわからないほどのデータ量を4,300円(税込4,730円)使え、12ヶ月間は2,980円(税込3,278円)で利用ができる大手プロバイダで有名なハイホーが提供するポケットWiFiサービスです。

ハイホーは2007年設立で10年以上も光回線などのインターネット接続事業に携わっている老舗の企業です。

このハイホーが手掛けるポケットWiFiサービスが

  1. 1日7GBまで月間210GBも使える
  2. ドコモ/au/ソフトバンクのLTE回線
  3. 世界100各国以上で利用できる
  4. 端末代金が無料レンタル
  5. 毎月月額4,300円の定額

とこのように大容量プランが使えるのにも関わらず低価格料金で利用できます。

hi-ho Let’s Wi-Fiの料金プラン概要

月額料金 ライトプラン
1日4GB
(月間120GB
3,828円(税込)
キャンペーンで
24ヶ月:3,278円(税込)
通常プラン
1日7GB
(月間210GB
4,730円(税込)
キャンペーンで
12ヶ月:3,278円(税込)
初期費用 3,300円(税込)無料
取扱い端末 U2s
(同時接続台数5台)
端末代金 無料レンタル
端末保証 月550円(税込)
解約金 初月~11ヶ月目:19,800円(税込)
12~24ヶ月目:10,450円(税込)
25ヶ月以降:無料
更新以外:10,450円(税込)
ネトセツ

他のクラウドSIMを扱っている業者では初期費用(事務手数料)がかかりますが、ho-hoは無料となり、初心者にはよりとっつきやすいWiFiプランとして一番おすすめできます。

利用開始までの期間も非常に早く「申し込み」>「端末発送〜到着」>「利用開始」と早い場合は申し込みから一週間以内でスタートすることができます。

\WEB限定キャンペーン/

クラウドSIMの「U2s」

hi-ho Let’s Wi-Fiで提供しているポケットWiFは下り最大150Mbpsに対応し、同時接続5台が接続できる「U2s」という手のひらサイズの通信端末です。

また万が一海外に行く場合には1日ごとの日割り料金でそのままこの端末を持ち出して通信をして利用することができます。

hi-ho Let’s Wi-Fiは

  1. 200GBを超える余裕をもって通信を使いたい
  2. テレワーク需要でビデオ会議をしたい方
  3. 理由があり自宅に光回線を引けない方
  4. 万が一の海外でも通信が使いたい

に非常におすすめできるポケットWiFiです。

\WEB限定キャンペーン/

その⑤使った分だけ課金「どこもよりもWiFi」

hi-ho Let’s Wi-Fi同じクラウドSIMを採用し無制限プランをやめ、月間5GB〜100GB/200GBまでの段階制プランとなる、使わない月は料金が安くなるどこよりもWiFi」です。

月額料金 〜5GB 900円
〜20GB 1,900円
〜50GB 2,900円
〜100GB
(スタンダード上限)
3,400円
〜150GB 3,900円
〜200GB
(プレミアム上限)
4,400円
通信端末 JT101
通信エリア 4G LTE
初期費用 3,300円
端末代金 無料レンタル
端末保証 440円
契約期間 2年 or 期間なし

大容量データ上限は100GBもしくは200GBまでではありますが、月によっては全く使わない場合には安く抑えたいならこの段階制プランならうまく節約も可能です。

また「契約しばりあり」と「契約しばりなし」の2つのタイプも選べ、非常にプランが豊富でライフスタイルに合わせた選択肢が多いクラウドSIMサービスです。

ネトセツ

100GBと200GBの月額料金の差はわずか500〜600円程度なので欲張りたい方は200GBでもコスパが良いでしょう。

\WEB限定の割引/

クラウドSIMの端末は「JT101」

どこよりもWiFiで利用できる端末は90gと最近のスマホよりも軽いかなりコンパクトなWiFi端末を提供しています。

どこよりもWiFiは

  1. 100GBで格安のWiFiを使いたい
  2. 200GBで格安のWiWiを使いたい
  3. スマホのプランが高いと思っている方

に非常におすすめできるポケットWiFiです。

CMを行っていたゼウスWiFi、どんなときもWiFi、などを検討していた方ですぐに大容量プランを使いたいと急いでいる方にはおすすめです。

👉どこよりもWiFi公式ページ

その⑥キャッシュバック特典「Mugen WiFi」

どこよりもWiFiと同じく、クラウドSIMを使った月間100GBのデータ通信が利用できるポケットWiFiです。

Mugen WiFiの料金と詳細スペック

月額料金 100GB
(MUGEN格安プラン)
3,718円
100GB
(MUGENアドバンスプラン)
4,268円
縛りなしオプション 上記の月額に+660円(税込)
キャンペーン 総額13,500円キャッシュバック
1回目:14ヶ月目に5,000円
2回目:23ヶ月目に8,500円
初期費用 事務手数料3,300円(税込)
通信回線 4G LTE
取扱い端末 U3(格安プラン)
G4(アドバンスプラン)
端末代金 無料レンタル
端末保証 550円(税込)
低速補填プラン 440円(税込)
解約金 初月〜1年以内:9,900円(税込)
1〜2年以内:5,500円(税込)
2年以降は無料
※縛りなしオプション利用時はいつでも無料

キャッシュバック(13,500円)の受け取り期間が2回に分けて1年以上先になるので、注意が必要です。

ネトセツ

シンプルに100GBのデータ量で契約縛りがないオプションをつけたい場合は月額料金に660円が加算されますが、いつ解約しても解約金がかからないように設定もできます。

\ 公式HP /

端末はディスプレイがあるスマホ型端末も選べる

Mugen WiFiでは他のクラウドSIMサービスを提供している業者と同様の「U2s」の取り扱いの他に、【翻訳機能】【Google MAP】【tripadvicer】などが使える「G4」という端末も選べます。

ただしこちらの端末はアドバンスプランという別プランとなり通常料金より月額料金が高くなるため、これらの機能はスマホでも十分使えると考えるとアドバンスプランはメリットがないと考えます。

Mugen WiFiは

  1. 少しでも100GBで安いWiFiを使いたい
  2. スマホのように使えるWiFi端末が気にな方

におすすめできるポケットWiFiです。

どこよりもWiFiMugen WiFi
月額料金
(100GB)
3,400円3,718円
端末保障440円(税込)550円(税込)
合計3,840円
(税込)
4,268円
(税込)

月額料金で考えるとどこよりもWiFiと同じ料金設定となっていますが、万が一の保証となる「端末保障オプション」に加入するとどこよりもWiFiのほうが安くなる計算です。

その⑦「ゼウス WiFi」

ゼウスWiFiはインターネット回線の代理業務でも実績のある「株式会社Human Investment」が運営しているクラウドSIMサービスです。

2020年ではテレビでも露出が増えてきた女優山本舞香さんを起用したCMでゼウスWiFiの名が一気に広まりました。

ゼウスWiFiは「並盛」「大盛」「特盛」と多くの人が馴染みがある言葉を使ったプラン名が特徴的で非常にわかりやすい料金形態となっています。

ZEUS WiFiの料金スペック詳細

月額料金
(通常プラン)

20GB

毎月5GBのGIGAボーナス
2,178円
〜3ヶ月980円
40GB

毎月10GBのGIGAボーナス
2,948円
〜3ヶ月1,680円
100GB

毎月10GBのGIGAボーナス
3,828円
〜3ヶ月3,278円

月額料金
(契約縛りなし)

20GB 2,618円
40GB 3,278円
100GB 4,708円
初期費用 事務手数料3,300円
追加データ
(おかわり)
+2GB:550円
+5GB:1,100円
+10GB:1,980円
取扱い端末 H01
端末保証 440円(税込)
解約金 初月〜24ヶ月目:10,450円
25ヶ月以降:無料

20GB〜100GBまでのデータプランとなっており、2年契約を選ぶか縛りなし契約を選ぶかも選択できます。

ネトセツ

また2年利用の100GBプランであれば利用開始から3ヶ月間は2,980円(税込3,278円)で利用できるので導入時のコストも押さえられます。

使いすぎた場合のデータ追加機能があり

他のクラウドSIMサービスでは実施していない「ギガのおかわり」機能もあり、もしも月間に決められたデータ量を使い切ったとしても低価格でパケットデータを継ぎ足しすることができます。

ネトセツ

大手キャリアの1GBで1,100円のギガ追加と比べると非常にリーズナブルな料金でおかわりができるので、この機能もたくさん使う月にはありがたいですね。

この3つのプランを途中で変更することはできないのであらかじめどれくらいデータ量を使う予定でいるかは申し込み前に判断しておきましょう。

ZEUS WiFiは

  1. 万が一データを使い切っても追加したい
  2. 縛りなしのプランも考えている

そんな方におすすめのクラウドSIMサービスです。

その⑧「THE WiFi」

THE WiFiは「スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社」というスマモバという格安SIMや通信事業を主に行っている平成19年に設立した企業です。

2020年3月はCMで加藤浩次さんを起用し話題となったサービスで【ドコモ、au、ソフトバンクすべての大手3キャリアのLTE通信】を使える同じく大容量WiFiサービスです。

料金は100GBプランもしくは1GB〜100GBまでの従量制となる2種類のプランから構成されており、自分のライフスタイルに合わせてプランを選択することが可能です。

THE WiFiの料金と詳細スペック

月額料金 THE WiFi
100GB
3,828円
4ヶ月0円キャンペーン
THE WiFi
FIT
1,298円
(〜1GB)
1,628円
(〜5GB)
2,068円
(〜20GB)
2,596円
(〜40GB)
3,960円
 (〜100GB)
キャンペーン 100GBプランは最大4ヶ月月額料金が無料
30日間お試し期間
初期費用 3,300円(税込)
通信エリア 4G LTE
取扱い端末 U2s
端末代金 無料レンタル
端末保証 安心サポート:330円(税込)
安心サポートワイド:550円(税込)
解約金 初月〜24ヶ月10,450円(税込)
25ヶ月以降は無料

通信エリアはクラウドSIMを採用し、ドコモ、au、Softbankの3キャリアのLTE通信から自動的に最適なエリアへ接続する仕組みとなっています。

料金プランは2種類から選択

THE WiFiでは毎月100GBの定額データを使うタイプか1〜100GBまで使った分だけの支払いが行える従量制プランの2つから選択ができるようになっています。

100GBデータの場合

THE WiFi
100GB
THE WiFi
FIT
月額料金3,828円
(税込)
1,180円

3,960円
(税込)
パケットデータ量100GB1GB/5GB/40GB/100GB
海外
ネトセツ

毎月の利用データがまばらな方は従量制のプランの方が使った分だけの請求となるので、より経済的に利用することができます。

THE WiFiは

  1. 100GBの大容量プランを使いたい
  2. 使った分だけの支払いが行いたい

方にはおすすめできるWiFiサービスです。

LTEポケットWi-FiとWiMAXの通信制限について

ちなみにWiMAXで提供している「ギガ放題」というサービスは月間の通信上限は設けていないのですが、3日間に10GBのデータ通信を超えてしまうと速度制限がかかります。

業者別直近3日による制限月間のデータ制限
home 5Gなし基本的に無制限ではあるが、直近3日のデータ量が多い場合はそれ以外の利用者に比べて通信が遅くなる場合がある記載
楽天モバイルなし基本的に無制限ではあるが、公平にサービスを提供するための通信速度の制御を行う場合があると記載
それがだいじWiFiなし無制限ではあるが、通信速度は常に4Mbpsへ制限
WiMAX直近3日に10GBのデータ通信を超えると翌日から1Mbpsへの速度制限が発生し、直近3日の10GBを下回らなければ速度制限が解除されない。最大100GB〜150GB
hi-ho Let’s Wi-Fi最大1日7GBまで
(月間210GB)
最大210GB
THE WiFiなし100GB
どこよりもWiFiなし100GB〜200GB
(プランによる)
Mugen WiFiなし100GB
ゼウスWiFiなし100GB

今回紹介した8社と比較するとhome 5Gと楽天モバイル、それがだいじWiFiは無制限と公式で紹介しているとおり、データ量の規制がだいぶ緩めなのに対し、WiMAXは制限が強めです。

またクラウドSIM業者ではそれがだいじwifi、どこよりもWiFi、Mugen WiFi、ゼウスWiFi、THE WiFiは3日間の制限はなく、短期間で一気に通信を使うことができるので有利です。

その他のhi-ho Let’s WiFi社はWiMAXと同様で、直近で一定のデータ量を超えてしまうと制限がかかるため、PS4などの大容量のゲームデータのダウンロードなどを行うと翌日以降制限が発生してしまう可能性が高くなります。

もしも自分が実際にどれくらいのデータ量を毎月使うかを把握するための一つの参考事例としてアプリ毎の100GB到達までのデータ量を以下に掲載しています。

→100GBはどれぐらいで使い切る?アプリ毎のデータ量チェック

このことからWiMAXは実際に通信制限が発生するサービスで、さらには通信エリアもLTEより狭く、建物内での通信も弱いと考えればむやみに手をだしては行けWiFiプランとなります。

LTEとWiMAXの違いについては以下で解説しています。

大容量データのLTEのポケットWiFiまとめ

今回紹介した7社のLTEを使ったポケットWi-Fiは無制限もしくは大容量と選択肢がありますが、どちらにおいても格安でたくさんのデータ通信を使うことができます。

  • 自宅で無制限で高速通信を使いたいなら「home 5G」
  • 自宅でも外でも無制限を味わいたいなら「楽天モバイル」※楽天エリア必須
  • 通信速度が4Mbpsでも問題がない場合は無制限の「それがだいじWiFi」
  • 月間トータルで200GB以上使いたいなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」
  • 月間100GBで単純に月額の安いWiFiなら「Mugen WiFi」
  • 月間200GBで使わない月は安くしたいなら「どこよりもWiFi」
  • 100GBもしくは従量制が魅力的なら「THE WiFi」
  • 追加でデータ量を増やす可能性がある方は「ゼウスWiFi」

それ以外ではWiMAXとなりますが、説明したとおり実際ふたを開けると3日に10GBの制限があったり、電波状況が悪かったりエリア狭くストレスが溜まることが実際の利用で多かったので、WiMAXの場合は慎重に検討する必要があります。

もしも今回の無制限でも上限があることやデータ量が定めれられていることに納得できない方は光回線を契約して使ったほうが確実に良いです。

どうしても持ち運びができるモバイルWiFiには限界があり、無制限で利用できるLTE通信は現在はドコモ、au、Softbank本家でしか提供しておらず、auとSoftbankにおいてはテザリングはデータ量の制限があります。

光回線はそれらのデータ量制限に怯える必要がないですし、外に持ち出すことができない通信サービスですが、ストレスなく無制限で使うなら確実に光回線を推奨します。

ネトセツ

毎月の通信費 のコストを抑えつつ外で大容量のWiFiサービスをスマホと一本化するなら今回紹介した5社が圧倒的におすすめです。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる