国内「WiFi6」対応製品はこれだ。スマホ・PC・ルーターなどデバイス全まとめ

WiFi6対応のスマホ・パソコン・ルーターなどデバイス全まとめ

WiFiをより快適に使うために2019年から新たに最新のWiFi規格とされた「WiFi6」

従来のWi-Fiの約3倍以上の安定度と速度を保ち、ネット通信の不安定さによるイライラから開放されたい人は知っておいた方が良い新基準のWi-Fi規格。

今回はこの次世代の最新規格「WiFi6」に対応した「スマホ」「PC(パソコン)」「無線LANルーター」3つの製品別でまとめいます。

WiFi6のおさらい

WiFi6対応の製品を紹介していくのですが、その前にWiFi6についてちょっとだけ理解しておいてほしいです。

WiFi6は【IEEE802.11ax】と呼ばれ、2020年現在最も最高速でより安定度が高いWiFi規格です。

ちなみにWiFi6というのはWi-Fi AllianceというWiFiに関わる団体によって発表されている名称です。

上記のロゴは見たことがあると思いますが、このWi-Fi Allianceの認証試験を通過した製品が表示できるマークであり、さらにはIEEE802.11axに対応しなければWiFi6対応のデバイスとは呼べないようです。

また「IEEE802.11ax」という名称では一般的に覚えにくいためWiFi6という呼び方を決定したようです。

周波数帯規格通信速度(最大)
2.4GHzIEEE802.11g54Mbps
2.4GHzIEEE802.11b11Mbps
2.4GHz/5GHzIEEE802.11n600Mbps
5GHzIEEE802.11a
IEEE802.11ac
54Mbps
6.9Gbps
2.4GHz/5GHzIEEE802.11ax
(WiFi 6)
9.6Gbps

WiFi規格の歴史から考えれば第6世代目となり、そのためWiFi6とう名称がつけられています。

またWiFi6は「建物に強く遠くに電波が届きやすい2.4GHz」と「電波干渉に強く安定度が高い5GHz」の2つの周波数を組み合わせたいいとこ取りをした無線通信が行なえるのも大きな特徴です。

この2.4GHzと5GHzの周波数については以下の記事で図で分かりやすく解説しています。

参考 無線LAN(WiFi)の2.4GHzと5GHzの違いと改善方法は? | ネトセツネトセツ

WiFi6の最大のメリット

WiFi6が利用できるようになったことで、WiFiルーターに対して同時に接続できるデバイス数(スマホやパソコンなど)が増えました。

よってそのおかげで速度低下などが起こらず快適な通信が行えるメリットがあります。

さらにWiFi6は今までのWiFi規格にはなかったTWT(ターゲットウェイクタイム)という機能が追加され通信のコントロールの精度が高くなりました。

従来まではスマホはWiFi接続時にみるみるバッテリーが減っていたという現象がありましたが、このTWTのコントロールのおかげで、バッテリーの低下が抑えられることになります。

つまりその他のWiFi規格で接続しているスマホよりもWi-Fi6で接続しているスマートフォンは通信時のバッテリーが長持ちするという効果があります。

ただしすべてのWiFi6対応機器でTWTが利用できるというわけではないので、今後発売されるスマートフォンに搭載されてることを期待してきましょう。
WiFi6の最大のメリット
  • 2.4GHzと5GHzの2つの周波数を同時に使いより高速で快適な通信を実現する
  • 効率よく通信をコントロールすることによりバッテリー持続の効果がある
  • デバイスの同時接続台数が増え多くの人がいる場所でも混線が起こりにくい

海外ではすでに本格的にスタートしている5GによるAIシステム向上のためにも、より無線通信が安定するWiFi6のは今後必ず必要になる規格と言われています。

つまり今後普及する5Gを快適に使うならWiFi6との組み合わせが確実に快適になるということになります。

WiFi6の通信を使うためには対応端末が必須

そんな良いことばかりのWiFi6ですが実際にこの通信を利用するためには「WiFi6に対応した通信端末」が必要になります。

WiFi6は2019年から本格的に採用された次世代規格となるので、当然ながら2018年以前に販売されているスマートフォンやパソコン、無線LANルーターはWiFi6対応端末ではありません。

またそれらの従来から使用している通信端末をアップデートしてもWiFi6での通信を行うことはできないといため、WiFi6の通信を利用するにはWiFi6対応の通信端末を手に入れる必要があります。

そこで2020年2月時点でWiFi6に対応した通信端末はどのようなものがあるのか以下でデバイス別でまとめました。

WiFi6対応のスマホ

WiFi6(IEEE802.11ax)に対応している現在販売中のスマホは以下となります。

①「iPhone SE(第2世代)」

2020年4月24日発売となる新型iPhone SEはiPhone史上最高なコストパフォーマンスながらもWiFi6を採用しています。

iPhone SE
価格帯64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:60,800円
無線対応規格2×2 MIMO対応802.11ax Wi-Fi 6
キャリア販売ドコモショップ
ソフトバンク
au

初代iPhone SEより2.7倍、iPhone8よりは1.4倍ほどWiFi通信は高速になっています。

ライトユーザーには人気が出そうなシリーズですしこの価格帯でA13チップの処理能力とネットがサクサク利用できれば不満はないでしょう。

②「iPhone 11/11 Pro」

2019年9月にAppleから発売された最新のiPhone 11シリーズ(iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max)の3機種はWiFi6に対応しています。

iPhone 11シリーズ
価格帯iPhone 11:74,800円〜
iPhone 11 Pro:106,800円〜
iPhone 11 Pro Max:119,800円〜
アップルストア店舗なら66,800円キャンペーン実施中)
無線対応規格2×2 MIMO対応802.11ax Wi-Fi 6
キャリア販売ドコモショップ
ソフトバンク
au

このiPhone 11シリーズではWiFi6ルーターとの組み合わせて今までの2、3倍の高速通信が可能となっています。

当然ながら動画やダウンロード、写真の同期などサクサクです。

実際にWiFi6対応スマホとWiFi対応ルーターを設置して通信を行った結果、今までは平均して200Mbpsぐらいの速度でしたが、500Mbpsを超える速度となりました。

私の体感でも今までの2.3倍以上のパフォーマンスが出るようになっています。

③Galaxy S10シリーズ

WiFi6に対応しているAndroidスマホではこのGalaxy S10も選択肢の一つとなります。

このGalaxy S10は2019年発売時点では日本国内モデルではWiFi6は非対応となっていましたが、アップデートにより対応したとのことです。
Galaxy S10シリーズ
価格帯・Galaxy S10:80,819円〜
・Galaxy S10+:販売終了
無線対応規格Wi-Fi6対応 最大速度1.2Gbps
キャリア販売ドコモショップ
楽天モバイル
au

2019年の夏に発売され、超音波指紋センサーやトリプルレンズのカメラでAndroidのフラッグシップモデルの位置にいます。

④Galaxy Note10+(国内版は非対応?)

こちらも同じくギャラクシーから販売されている高スペックで大型のペンが使えるGalaxy Note10シリーズ。

同じくグローバル版(海外版)はWiFi6に対応していますが、日本国内版は非対応。ただしこちらも今後のアップデート次第では開放されるかもしれません。

Galaxy S10シリーズ
価格帯・Galaxy Note10+ :115,273円〜
無線対応規格Wi-Fi6対応 最大速度1.2Gbps
キャリア販売ドコモショップ
楽天モバイル
au

大きな特徴はやはり全画面ディスプレイに超広角カメラ、そしてSペンによるスマホ以外の使い勝手の幅が広がる点ですね。

しまいにはスマホ本体でイヤホンの充電までもできちゃうのでまさになんでもできる最高のスマホでしょう。

私がメインがiPhoneユーザーなので完全にメインをAndroidに乗り換えるならこのスマホにしちゃいますね。予算が許せば。。

iPhone 11ではすでにWiFi6が使えているのでGalaxy Note10+もアップデートで使えるようになるのはほぼ間違い無いと思います。

参考 Galaxy Note10+Galaxy公式

WiFi6対応のノートパソコン

次にWiFi6すなわちIEEE802.11axに対応したPC(ノートパソコン)タイプをいくつか集めています。

①ASUS「UX334FAC-A4113T」

ノートパソコンのキーボード下にあるトラックパッドがカーソル操作だけではなくスクリーンとなりスマートフォンのような操作も可能となった画期的なモデル。

「UX334FAC-A4113T」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
CPUCore i5-10210U
グラフィック
OSWindows 10 Home
ディスプレイ13.3インチ
フルHD(1920×1080)
メモリ8GB
ストレージ容量512GB SSD
バッテリー時間10時間
重量1.27kg

ノートパソコンとしては省電力のプロセッサを採用しながらも、顔認証やストレージ容量も全SSDと高速、そして1.27kgと比較的軽量の部類に入り、価格帯もこの機能を含めればコスパが良くバランスの取れたノートパソコンです。

②レノボ「ThinkPad P53」

ThinkPad P53

PCメーカーでは世界的にもシェアが大きい信頼のあるLenovo(レノボ)から発売されているプロフェッショナル向けのThinkPad Pシリーズの「ThinkPad P53」です。

Dolby Vision™ HDR対応の15.6型の4K OLEDディスプレイを採用し、色再現性に優れています。VRや解析、AI、映像制作に関わる仕事など本格的なプロフェッショナルやクリエイター向けのノートPCです。

「ThinkPad P53」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
CPUCore i5-9400H
Core i7-9750H
グラフィックNVIDIA Quadro T1000 (4GB GDDR5)
OSWindows 10 Home
Windows 10 Pro
ディスプレイ15.6インチ
フルHD(1920×1080 IPS)
メモリ8〜128GB
ストレージ容量512〜2TB SSD
バッテリー時間19.8時間
重量2.45kg

また衝撃にもつよいタフネスパソコンとしても優秀ながら、最大で19.8時間の長時間のバッテリーライフを実現した「本格的な仕事に使える」モデルです。

カスタマイズ可能

公式サイトではメモリやプロセッサやストレージなどを細かくカスタマイズできる上に割引クーポンを利用することができます。

③Surface Laptop 3

Surface Laptop 3

本家Microsoftが販売しているパソコンシリーズで唯一持ち運びができるサーフェスシリーズの中でWiFi6に対応しているのが「Surface Laptop 3」です。

「Surface Laptop 3」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
CPUi5-1035G7
i7-1065G7
Ryzen 5 3580U
Ryzen 7 3780U
グラフィックNVIDIA Quadro T1000 (4GB GDDR5)
OSWindows 10 Home
Windows 10 Pro
ディスプレイ13.5インチ
(2256×1504)
15インチ
(2496×1664)
メモリ8〜16GB
ストレージ容量128〜1TB SSD
バッテリー時間11.5時間
重量13インチ:13.1kg
15インチ:1.54kg

またMicrosoft本家のためOfficeソフトは標準搭載なのも嬉しいポイントです。※他のメーカーの場合はバンドル版か別途Officeソフトを購入する必要があります。

クラムシェルタイプ(ノートパソコン型)なので他のサーフェスシリーズとは異なりキーボード部とディスプレイ部を分離することはできませんが、WiFi6を搭載したノートパソコンとしてはデザインも優れていて仕事やプライベートにとバランスが取れており非常におすすめ。

公式ではカスタマイズ可

サーフェスシリーズの違いや種類の比較については以下の記事を参考にしてみてください。

Surface(サーフェス)の種類はどれがいい?おすすめやシリーズ別の比較

④DynaBook Gシリーズ

老舗東芝から販売されているDynaBookのノートパソコンの中でもモバイルに特化し、軽さ、薄さ、落下に耐えられる剛性を備えた人気のGシリーズ

「DynaBook G」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
CPUi3-8130U
i5-8250U
i7-8550U
グラフィックインテル® UHD グラフィックス
OSWindows 10 Home
ディスプレイ13.3インチ
(1,920×1080)
メモリ4〜8GB
ストレージ容量256〜512GB SSD
バッテリー時間9.5〜19時間
重量779〜879g

1キロを切る非常に軽い本体なのにバッテリー時間も非常に長く長時間の外出先での仕事での利用やプライベートの利用にも最適です。

※またDynaBookはGシリーズの他にZシリーズにもWi-Fi6が採用されています。

低価格のノートパソコンには採用なし

Wi-Fi6に対応したノートパソコンは調査してみたところ現時点ではエントリーモデルにはほぼ採用されていないようです。

他にもWiFi6に対応のノートパソコンはこれから徐々に登場してくるとは思いますが、調査してみると10万円を超える価格帯のパソコンが大半です。

WiFi6に対応したMacBookは無し

Appleのパソコンでは最終で発表さハイエンドモデルとなる「MacBook Pro16インチ」や「Mac Pro」でもWiFi6は採用されておらず、それ以前のIEEE802.11acまでにしか対応していませんでした。当然ながら13インチやMacBook Airのノートパソコンでも搭載していません。

Appleではおそらく今年の2020年にアップグレードされるPCやタブレットのProシリーズにはWiFi6を採用させてくると思われます。

2020年2月現時点ではAppleは「iPhone11シリーズ」だけがWiFi6対応のようです^^;

WiFi6対応のノートパソコンの検索方法

気になる方は検索してみると良いと思いますが、「ノートパソコン+WiFi6」での検索ではなかなかまだWiFi6が浸透してないようで、逆に「ノートパソコン IEEE802.11ax」で検索した方が結果として出てきます。

WiFi6対応のタブレット

すでにタブレット市場は圧倒的なスマホ市場に飲み込まれてしまい縮小しているのですが、唯一タブレット部門で勢力が強いのがiPad。

ただし従来までのiPadシリーズにはWiFi6を採用したものがありませんでしたが、2020年3月に発表されたモデルはWiFi6に対応しました。

iPad Pro 11(第2世代)12.9(第4世代)

PCライクにも使え、iPadシリーズの中でも最高峰のフラッグシップモデル。

「iPad Pro」シリーズのスペック
11インチ12.9インチ
WiFi6
CPU
ディスプレイ2,388 x 1,6682,732 x 2,048
OSiPad OS
ストレージ容量128GB/256GB/512GB/1TB
バッテリー時間連続最大10時間
重量471g
473g(WiFi+Cellular)
641g
643g(WiFi+Cellular)

11インチ、12.9インチいずれも1枚のガラス板のようにスタイリッシュ+軽量ながらも長時間バッテリー、パソコンに迫る処理能力、スムーズに動作するAR技術は他では実現できないでしょう。

また新たに登場したトラックパッド採用の「Magic Keyboard」はサーフェスProとは違った自在な角度調整が可能な話題のアクセサリーとなるでしょう。

アップル公式:iPad Pro シリーズをチェック

WiFi6対応の無線LANルーター

WiFi6に対応したスマホを持っていても自宅での通信でWiFi6の電波を発する無線ルーターがなければ意味がありません。

そこで現時点でWiFi6(IEEE802.11ax)に対応した無線LANルーターを厳選しました。

①TP-Link「Archer AX10」

Wi-Fi6対応ルーターの「Archer AX10」の評価はいかに?実機レビュー

WiFiルーターで世界No.1シェアを誇る中国メーカーTP-Linkから販売されているWiFi6搭載で最安値となるルーター「Archer AX10」です。

「Archer AX10」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
アンテナ数4本
2.4GHz 最大速度300Mbps
5GHz 最大速度1201Mbpas
ビームフォーミング
有線LAN1000Mbps
同時接続数26台
メーカー保証3年

販売価格はWiFi6対応機器では唯一1万円以下で販売されているコストパフォーマンスに優れてたモデルで発売からわずか数ヶ月ですがAmazonでは高評価レビューが多いです。

更にはメーカー保証が安心の3年間ついてきます。

TP-Link WiFi 無線LANルーター Wi-Fi6 11AX AX1500 1201 + 300Mbps 1.5 GHz トリプルコアCPU Archer AX10/A 3年保証
TP-LINK

実際に私も購入して以下の記事で実測レビューなどを行いましたが、WiFi6対応以外の通信機器も速度が向上して快適になっています。

Wi-Fi6対応ルーターの「Archer AX10」の評価はいかに?実機レビュー Wi-Fi6対応ルーターの「Archer AX10」の実機レビューと速度と評価はいかに?

②バッファロー「WXR-5950AX12」

WXR-5950AX12

ルーターの販売メーカーでは国内シェアが最も高いバッファローから2019年の後半に発売された「WXR-5950AX12」。

「WXR-5950AX12」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
アンテナ数8本
(デュアルスタックダイポールアンテナ)
2.4GHz 最大速度1147Mbps
5GHz 最大速度4803Mbpas
ビームフォーミング
有線LAN10Gbps
同時接続数36台
メーカー保証1年

電波の干渉自動回避機能や有線LANは10Gbpsに対応などWiFi6以外の魅力も高いです。

WiFi6の4000Mbpsを超える無線LANルーターの中では一番リーズナブルな価格設定であり、Amazonでの評判も上々ではあります。

③TP-Link「Archer AX11000」

こちらも続いてWiFi6で最大4804Mbpasに対応した世界で販売されているTP-Linkの最高峰スペックの「Archer AX11000」です。

「Archer AX11000」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
アンテナ数8本
2.4GHz 最大速度1148Mbps
5GHz 最大速度4804Mbpas
ビームフォーミング
有線LAN1000Mbps
同時接続数120台
メーカー保証3年

トライバンドにも対応しながらCPUにはクアッドコアと3つのプロセッサを搭載し処理能力も半端じゃありません。また最大120台の同時接続ができ業務用レベルのプロマシーンです。

TP-Link WiFi 無線LAN ルーター WiFi6 11AX トライバンド 4804 + 4804 + 1148Mbps 3年保証 Archer AX11000 【 iPhone11 対応】
TP-LINK

④NEC「Aterm WX6000HP」

NECは国内メーカーでは長年ルーターの販売を行ってきており実績がある企業です。そのNECが満を持して発売したWiFi6で最大4804Mbpsの速度を誇るAtermシリーズの「WX6000HP」です。

「WX6000HP」のスペック
WiFi6
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
アンテナ数8本
2.4GHz 最大速度1147Mbps
5GHz 最大速度4804Mbpas
ビームフォーミング
有線LAN1000Mbps
同時接続数36台
メーカー保証1年

ただしこの「Aterm WX6000HP」の値段は3万円後半〜4万円で無線LANルーターとしてネット上でも評価やレビューが乏しく、その状態では金銭に余裕がある方以外はなかなか手を出しにくいですよね。

勇気をだして「快適になるなら!」という気持ちで・・・と行きたいところですが、ネット通信が必ずしも改善するとは限らないベストエフォートサービスと考えるとまだ様子見かなという感じではあります。
NECパーソナル PA-WX6000HP Aterm WX6000HP
NEC

WiFi6対応の無線LANルーターの総評

WiFi6をリーズナブルに体感したいなら「Archer AX10」が一番おすすめですね。

そしてWiFi6で4000Mbpsを超える通信速度に対応したモデルで選ぶなら「Archer AX11000」もしくは「WXR-5950AX12」でしょう。

NECの「Aterm WX6000HP」は評価が少なくまだ選ぶには価格帯を考えても様子見が良いですね。

ちなみにWiFi6が利用できるネット環境も大事

またこの「Aterm WX6000HP」や「Archer AX11000」のWiFi6で最大4804Mbpsの速度を実現するためにはNURO光の6Gbpsや10Gbpsプランやauひかりの5Gbpsや10Gbpsプランレベルを契約していなければ最大限に活かすことができないのも難しいところですね。

ですので自宅で契約している光回線がケーブルテレビ回線やNTTフレッツ光などの最大1Gbpsや最大◯00Mbpsの通信回線のサービスだとこのWiFi6の無線LANルーターを購入しても宝の持ち腐れとなってしまいます。

無線LANルーターやスマホだけがWiFi6対応であってもあまり意味をなさないかもしれませんが、少なからずWiFi6による恩恵はあるとは思います。

これから標準化するであろう、このWiFi6の通信を本格的に体感したいのであれば、今の自宅の光回線の契約を見直してみるのもありでしょう。

これらの1Gbps以上の光回線サービスは今の月額料金と変わらずか多少の上乗せ(月500円程度)で使うことができます。

NURO光やauひかりについては以下の記事を参考にしてみてください。

NURO光のワンコイン(500円)は2万円も損!ガチに計算してみた。 GMOとくとくBBの「auひかり」他より還元が良い?特典の内容を徹底調査。GMOとくとくBBの「auひかり」他より還元が良い?特典の内容を徹底調査。

WiFi6に対応した通信端末のまとめ

2019年から正式に認定されてスタートしたWiFi6なのでまだまだ対応した通信端末は価格が高く、エントリーモデルなどにはこれから採用されることを期待するしかありません。

またこのWiFi6が利用できる端末があったとしてもそれを受信する&送信する機器両方なければ意味をなさない点と、1Gbpsを超える5,6Gbps、10Gbpsの速度に対応したインターネット回線が利用できる環境の両方が必要となると意外とハードルが高いです。

ただしWiFi6はIEEE802.11axはそうでなくても今までの混み合っていたWiFi5以前の問題を解消するための新基準となってくのは間違い無いので、今の環境であってもWiFi6を送受信できる機器だけを両方揃えれば少なくとも快適度は高くなるには違いありません。

これから5Gも日本で本格的にスタートするので普及し始めたらこのWiFi6の恩恵を受けることが多くなってくるのではないかと思います。

2 COMMENTS

アバター 権兵衛

間違ってはないけど、掲載時期に既にdynabookもwi-fi6対応機種発表あります。
twtについては、対応機種がまだ発売されていない。wi-fi6対応機種なら何でもtwt対応してるかのような誤解を与えかねない書き方に感じます。

返信する
ネトセツ ネトセツ

TWTについては確かに誤解を招くような書き方だったかもしれませので付け加えました。またDynaBookも追記しています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA