メニュー
相談受け付けてます
ネトセツでは個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ネトセツへ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

【無知は危険】WiMAXの「プラスエリアモード」を理解する

【危険】WiMAXのオプション「au4GLTE」の大きな落とし穴
  • URLをコピーしました!

WiMAX(ハイスピードモード)の通信が不安定でオプションとして利用できるau4GLTE(ハイスピードプラスエリアモード)ですが、この利用について非常に危険な落とし穴があります。

それを知らずに友人が「WiMAXの使い放題を契約したのに数日で制限にかかった・・」という話がありWiMAXの第2のモードとなる「LTEオプション(プラスエリアモード)」のしっかりとした知識をここでお伝えしたいと思います。

もくじ(押したら飛びます)

WiMAXの通常の通信モードとプラスエリアモードの違い

WiMAX+5Gプラスエリアモード
通信モードWiMAX2+
au LTE 4G/au 5G ※一部エリア

対応バンド:Band41、au LTE:Band1/3、au 5G:N78
au LTE 4G/au 5G

対応バンド:Band41、、au LTE:Band1/3、au 5G:N78、au LTE:Band18/26
通信データ容量無制限30GB/月
(超過後は128Kbps)
追加費用なし1,100円/月
(auスマホやUQスマホとセット適用なら無料)

通信モードについて(UQWiMAX公式)

WiMAXの端末での操作をみるとハイスピード、ハイスピードプラスエリアと2つのモードが搭載されており、通常であればハイスピードで無制限で利用することができます。

ただしプラスエリアモードというモードに切り替えると建物内が繋がりづらい場合などに活躍する「、au LTE:Band18/26」というバンドとなるいわゆるauのプラチナバンド(800MHz)が使えるようになります。

ただしこのプラスエリアモードは月30GBまでのデータ容量と別途1,100円のオプション費用がかかることから、通常のWiMAXの通信で万が一の繋がらないエリアや障害物が多い場合などのサポート通信としての役割として考えておくのが良いです。

ネトセツ

ここで「auLTE(プラスエリアモード)も利用できて同じように上限なしで利用できる」と友人は勘違いして翌月まで速度制限にかかっていた状態で利用していました。

もしもハイスピードエリアで月間30GBを使い切ってしまったのであれば、通常モードへ切り替えることで上限なく使い放題にすることができます。

ただしそもそもWiMAXの通常モードが繋がらない理由でハイスピードエリアモードのみを使うというのはWiMAX差^ービスを利用する上ではおすすめの使い方ではないので、もしもWiMAX自体が繋がりづらいエリアにいる方はWiMAX自体をおすすめできません。

プラスエリアモードは1,100円のオプション費用がかかる

WiMAXの通常モードオンリーの利用であれば基本料金(月額料金)だけで利用ができますが、「プラチナバンドが使いたい」等の理由でプラスエリアモードへ切り替えて通信を行った時点でその月にオプション費用として1,100円が加算されます。

これは例えば1GBだけしかプラスエリアモードを使わなかった場合でも1,100円が発生する仕組みとなっているので、特に注意が必要です。

ネトセツ

もしもプラスエリアモードを切り替えてしまった場合なら月30GBまでは月末まで拾いエリアで使えるので使い切ってしまったほうが良いでしょう。

プラスエリアモードはauユーザー、UQユーザーは無料化できる

ただこの1,100円のオプション費用についてはauユーザーなら「auスマホ割プラン」、UQモバイルユーザーなら「自宅セット割」を組むことで無料にすることが可能です。

ネトセツ

またこのセット割は単にオプション費用が無料になるだけではなく、毎月最大1,100円の割引が適用されるため、もしもWiMAXを検討している方でauもしくはUQモバイルユーザーの方はぜひともセット割を適用させておくべきです。

【まとめ】プラスエリアモードメインでWiMAXを使ってはダメ

多くの人がWiMAXを利用してみようかなと検討する理由として

・「通信制限なく使い放題だから」
・「もっと安くより多くのデータ通信ができる」

と少なからずは期待しているはずです。

そこで万が一の場合にau LTEが使えるからという理由でWiMAXを検討するのは絶対にやめましょう。プラチナバンドにメインで接続したいならWiMAX以外のLTE通信メインのポケットWiFiを検討すべきです。

ハイスピードプラスエリアについてはWiMAXエリアが普段から利用でき、あくまでも補助的な役割としてのオプションサービスとなるので認識を謝らないよう理解度を深めておきましょう。

信号機で言うならば

青信号 → 通常モードで常にネットを利用
黄色信号 → 旅行等でプラスエリアにまれに接続することがある
赤信号 → 毎月プラスエリアをで30GB使い切ってしまう

という感じです。もしも常に赤信号の方はWiMAX以外のWiFiサービスが向いていると思いますので、他のプランを検討するのをおすすめします。

その他のWiMAXの知っておくべきデメリットやLTEとの違いについては以下で詳しく解説しています。知っておくべきデメリットを知った上で問題なく利用できると判断できればWiMAXは快適に使えます(^^)

相談受け付けてます

ネトセツでは個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ネトセツへ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

【危険】WiMAXのオプション「au4GLTE」の大きな落とし穴

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ(押したら飛びます)