MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

docomoから新ブランド「ahamo」が発表詳しくはこちら

WiMAX +5G「ギガ放題プラス」でどう変わった?エリアなど徹底調査

WiMAX +5G「ギガ放題プラス」でどう変わった?エリアなど徹底調査

UQコミュニケーションズが提供しているモバイルサービス「WiMAX」ですが、現在提供しているWiMAX 2+に加えて4月8日から新たに「WiMAX+5G」をスタートさせます。

ネトセツ

「WiMAX+5G」になり従来のプランからどのように変わり、また現在のWiMAX利用者のプランはどのようになるのかをまとめました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

WiMAX+5Gの料金スペックと概要

WiMAX+5Gで提供する「ギガ放題プラス」の料金スペックや概要は以下です。

月額料金4,818円
はじめる割で25ヶ月割引

4,268円/月
WiMAXエリア通信上限なし
(3日15GB以上の場合1Mbps制限)
プラスエリアモードau 4G/5G
(月15GBまで)
契約事務手数料3,300円
契約解除料金ギガ放題プラス(2年自動更新)の更新月以外は1,100円

料金はほぼ従来のWiMAX2+で提供している「ギガ放題」と同じではありますが、新たにauの5Gエリアの利用が可能になり、3日のデータ制限が10GBから15GBへ大幅に改善されることとなりました。

また今回5G対応となった「ギガ放題プラス」の月額料金は通常4,818円(税込)のようですが、新規申込者対象で2年の自動更新で契約した場合は【WiMAX+5G はじめる割】が適用され毎月550円の割引が行なわれます。

ネトセツ

要は今まで提供していたWiMAX 2+の「ギガ放題」と据え置きの料金形態で利用できるので、これからWiMAXを検討している方はわざわざWiMAX 2+のギガ放題を申し込みする必要はないということになりますね。

またあくまでもUQコミュニケーションズ本家での料金設定を表記しているので、取り扱いプロバイダによってはもっと安くなったり別途行っているキャンペーンなどで更に安く利用できる可能性もあります。

WiMAX+5Gが利用できる専用端末「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」

今までWiMAX専用で販売されているWiFiルーターは主に「ファーウェイ」や「NEC」が製造・販売を行ってましたが、今回のWiMAX+5Gプランとして販売開始されるのは「Samsung」製となる【Galaxy 5G Mobile Wi-Fi】が発売されます。

Galaxyブランドでは初の5Gモバイルルーターとなり、ディスプレイ表示が全面となるスマートフォンのような形状となり、通信利用におけるメーターなどの情報量がひと目で確認しやすくなっています。

またWiMAX専用端末としては初の自立スタンドが採用され、カレンダー表示でフォトフレームのようなインテリアとして立てかけることが可能です。

ネトセツ

また価格はUQ公式では21,780円で販売されており、大手の5Gルーターと比較して大幅に安く設定されているのは嬉しいポイントです。

WiMAX +5G「ギガ放題プラス」でどう変わった?エリアなど徹底調査

現時点ではこのモバイルルーター端末のみの提供となっていますが、今後コンセントに挿すだけタイプのホームルーター型も販売される可能性はあります。

従来のWiMAX 2+との比較

ではこのWiMAX+5Gの「ギガ放題プラス」とWiMAX 2+の「ギガ放題」がどれだけ異なるのか具体的に比較してみると以下のようになります。

WiMAX+5G
NEW
(ギガ放題プラス)
WiMAX 2+

(ギガ放題)
スタンダードモード/ハイスピードモード
(WiMAX回線)
上限なし上限なし
ハイスピードエリアの直近データ制限3日15GB3日10GB
プラスエリアモード/ハイスピードプラスエリアモード
(au LTE)
15GB/月7GB/月
通信エリアWiMAX/au 4G/5GWiMAX/au 4G
プラスエリアモードの月間データ量超過後の制限プラスエリアモードのみ制限すべてのエリアモードが制限

WiMAX+5Gは今までのWiMAX2+より大幅に改善されており、一番の良い改善点としてプラスエリアモードの通信制限時にハイスピードモード(WiMAX)側が制限されなくなったこと直近3日のデータ量制限が10→15GBに増量されていることです。

ネトセツ

5Gエリアはハイスピードモードでも利用できるようになっているため、エリア内であれば上限なしで利用できるのはありがたいですが、5Gはエリアが狭いのが難点ですね^^;

現在契約者のプラン切り替えは5月1日から

また現在WiMAX 2+のギガ放題をすでに利用している契約者においては5月1日から切り替えが可能のようです。

またその際におけるプラン変更手続きの事務手数料3,300円は無料化されるようで、新しいWiMAX+5Gが気になっている方には手数料がかからないのは嬉しいですね。

ただし新規申込者に対象となる【はじめる割】のような毎月550円の割引が適用になるかはまだ不明のようで、気になったのでオペレーターの方にチャットで確認してみると「既存契約者の乗り換え時の料金詳細はまだ未定で今後アナウンスがあります」とのことでした。

ネトセツ

よって4月15日の現時点では既存の利用者についての正式なアナウンスが行なわれていないため、5月近くになるまで待っておいた方が良さそうですね。

【注意】WiMAXの5Gエリアは期待しない方がよい

今回WiMAXでも対象となった5Gエリアですが、実際に通信が利用できるのは全国的にも都心の一部でしか利用ができません。

実際にUQWiMAXの公式サイトにある「WiMAX(ルーター)のサービスエリア」で5Gが通信可能なエリアをチェックしてみましたが、都心部でもわずかなエリアでしか5Gが利用できない事が判明しました。

5Gエリアはマップ上ではピンク色(Sub6)もしくは紫色(ミリ波・Sub6以外)で表示される部分にあたりますが、このように関東エリアを拡大しても見当たらないレベルです。

ネトセツ

あくまでもサービス名に5Gが付く程度で実際にこの5Gエリアで5G通信ができるWiMAX利用者はほとんどいないのではないかと思われるため、この通信強化部分にはあまり期待しない方が良いでしょう。

気になる方は自分の地域がWiMAXの5Gが利用できるエリアなのかチェックしてみると良いです。

WiMAXのサービスエリアマップページへアクセスして、右上にある【モードを選択してください】をタップし、

  • 【5Gルーター】スタンダードモード(初期設定)
  • 【5Gルーター】プラスエリアモード(オプション※1)

のいずれかを選択してチェックしてみてください。ここでオレンジ色(4G)以外のピンク色もしくは紫色で表示される部分が5Gエリアとなります。

サービスエリアは2022年の秋から一部地域において周波数の一部を5Gに変更していくとアナウンスがされているのですが、これが完全に完了するまでは平気で3〜5年ぐらいはかかると見ておいた方が良いと思いますので、大きな期待はしておかないほうがいいでしょう^^;

【結論】データ通信や制限においてはスペックアップしている

2021年4月8日から新たにスタートしたこのWiMAX+5Gですが、5G通信の利用においては正直全く期待しないほうが良いレベルです。

ただし、従来のWiMAX 2+の3日10GBから15GBへの増量、そしてハイスピードエリアでの制限時にハイスピードエリアのみの速度制限という部分だけは非常にありがたい改善点です。

よってWiMAXを使ってオンラインゲームやダウンロードを行っている方には恩恵はなかなか大きいのではないかと思います。

なのでこれからWiMAXを利用する方、もしくはWiMAXを現在利用している方はどちらの方にせよ、このWiMAX+5Gの切り替えでの恩恵は5G通信以外ではあると思って間違いないでしょう。

またWiMAX+5G対象ルーターも従来のWiMAX対応ルーターと5千円程度しか価格が変わらないので、端末変更における負担も多少なりとも少なくてすむでしょう。

ネトセツ

もしもWiMAXエリアや利用に不満・不安がある方は「100GB以上使えるポケットWiFi」やドコモのテザリングが無制限となる「5Gギガホ プレミア」の方が実際にはおすすめできますよ。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。
WiMAX +5G「ギガ放題プラス」でどう変わった?エリアなど徹底調査

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる