WiMAXって何?どんなサービス?特徴やメリットをまとめ

WiMAXって何?どんなサービス?特徴やメリットをまとめ

WiMAXって何??自宅でも外でもデータ通信量を気にせずに使える人気のモバイルインターネットサービスです。

三姉妹の深田恭子さん(長女)、多部未華子さん(次女)、永野芽郁さん(三女)が様々なテレビCMで見たことはあるかもしれません。

WiMAXはUQコミュニケーションズというauでもおなじみのKDDIグループの会社になります。

このWiMAXというサービスについてまとめています。

WIMAXは高速で通信量を気にせずに使えるモバイル回線

WIMAXは10台以上接続ができる

WIMAXはUQコミュニケーションズが提供するau、ドコモ、Softbankとは異なる通信方式を使用した独自のモバイルインターネットです。

別名ではポケットWi-Fiとも言われていますが、WiMAXは持ち運びができるタイプのポケットWi-Fiにすれば外でもどこでも接続ができます。

ポケットWi-Fi

外でで使えるインターネットでは多くの人がスマホで通信している「ドコモ」「au」「ソフトバンク」でお馴染みの携帯電話の回線と同じと考えてOKです。

WiMAXは工事は不要ですぐ利用できる

WiMAXは工事が必要ない

WiMAXの良い点は光回線のように開通するために電柱からケーブルなどを通す作業などが一切発生しないため、マンションや自宅への工事が一切不要です。

WiMAXの通信が利用できる手のひらサイズの端末が届くだけでその日から利用することができます。

持ち運びできるWi-Fi端末であれば外でも自宅でも通信ができるというスマホのような存在です。

WiMAXの料金は?外で使える通信サービスでは安い

通信業者データ通信量月額料金
WIMAX上限なし4,380円
ドコモ
(家族シェア)
20GB、30GB
(30GB、50GB、100GB)
6,000〜8,000円
(13,500〜25,000円)
au
(家族シェア)
20GB、30GB
(20GB、30GB)
6,000〜8,000円
(同上)
Softbank
(家族シェア)
50GB
(50GB、100GB)
6,000〜7,000円
(16,000〜25,000円)

通信量と月額料金の比較を見ると一目瞭然でWIMAXが飛び抜けていることが分かりますよね。毎月の出費も節約できる上に通信量がより多く利用できるというメリットも兼ね備えたサービスです。

もちろん自宅ではWIMAX端末でパソコン、スマホ、タブレット、プリンタなど最大10台以上のデバイス接続が可能になっているため、開通まで時間がかかる光回線も契約せずWIMAX人契約のみの家庭も増えています。

料金は更にプロバイダによって割引される

このWiMAXはauショップやUQコミュニケーションズのショップなどで申込みができるのですが、実はそれ以外の窓口でも申込みができます。

WIMAXはプロバイダによって更に安くなる

WIMAXは大手携帯電話企業のように固定の月額料金ではなく、契約するプロバイダによって更に割引が適用されるケースが多いです。

フレッツ光などの光回線と同じようにWiMAXも各社のプロバイダのキャッシュバックや月額割引が適用されるということです。

ですので本家のUQやauで申込みするより料金を安くできる会社が多く存在するのでそれらを経由して申込みするほうが断然お得です。

WIMAXの体感速度は非常に快適

WIMAXの速度も快適

速度は下り最大440Mbpsが平均的に対応した高速エリアとなっており、ストレスなく動画やその他のネット通信が使えるということでも評価が高いです。

さらにWIMAXはLTEとの組み合わせにより次世代の「1.2GMbps」の下り速度対応も順次始まっていて、今までのモバイル回線では体感できない非常に高速通信が可能になってきています。
参考 UQ WiMAXの口コミ・レビュー|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズUQ mobileのクチコミ

auスマホ利用者はセット割りが適用される

WIMAXはauとのセット割引が適用される

auの携帯電話を契約している方はWIMAXを契約することでauスマホの月額料金が最大で1,000円までの割引が適用されます。

ドコモ光やau光で実施しているようなセット割りでスマホの月額が割引になるサービスです。同じくWIMAXはauと提携しているため割引が提供されるのです。

WIMAXは通信エリアだけが課題

大手携帯電話企業と比べると後発のサービスになるため、まだまだ地方では未提供エリアで圏外になるケースもあります。

ドコモ、au、ソフトバンクはLTE通信ですが、WiMAXはそのLTEとは異なる通信方式を利用しており、地下や建物内の通信が弱かったり、地方やどでは圏外になるパターンもあります。

WiMAXのエリア検索の使い方や、失敗しないための判断基準まとめWiMAXのエリア検索の使い方や、失敗しないための判断基準まとめ

WiMAXは事前にレンタルでチェックが可能

これから拡大していくことが望まれているサービスなのですが、実際にWIMAXを利用できるか確認するための15日間レンタルも実施しているので試すこともできます。

👉WiMAXを無料レンタルしてみる

これで実際にどこでも接続ができデータ量を気にせず使えるのならスマホの料金の見直しなどで現在の料金プランよりも安く抑えられる可能性が高く、結構の人が乗り換えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。