MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

スマホ契約に合わせた高速の光回線選び詳しくはこちら

Windows10の外部モニター接続時の設定について

Windows10のパソコンを外部モニターへ接続した際に行う初期設定を解説します。

モニターへ出力するためにHDMIやUSB-Cなどでモニターへ接続を行うと初期状態だと複製(同じ画面)の表示となっているため、デュアルモニター化するには初期の設定変更が必須です。

読みたい場所へ押して飛ぶ

Windows10搭載パソコンとモニターを接続する

外部モニターへ映像を映し出す際にはノートパソコンの出力仕様などを事前に確認した上で用意したモニターへ接続を行ってください。

最近のノートパソコンモデルではHDMIやD-subでの外部出力の他にUSBタイプCでの出力に対応した機種もあります。

ネトセツ

モニター設定においてデフォルト状態であればパソコンとモニターを接続したら本体とモニター側に同じ画面が表示されていると思います。

Windows10パソコンのモニター設定の手順

STEP
「スタートボタン」>「設定」をクリック
STEP
システムをクリック
STEP
「ディスプレイ」項目を表示させ、画面拡張の場合はディスプレイ項目を下へスクロール

ノートパソコン本体とモニター別々の画面を表示させたい場合(拡張)は表示されたディスプレイ項目画面を下へスクロールします。

STEP
マルチディスプレイ部分で「表示画面を拡張する」をクリック
STEP
「変更の維持」をクリック
STEP
ディスプレイの配置を設定する

画面拡張ができたら次にディスプレイの配置を設定します。

上記の画面で2と表示されているモニター側を任意の場所へカーソルでドラッグします。※基本的にはノートパソコンとモニターの実際の位置関係を確認した上で調整するのが良いでしょう。

STEP
位置を調整したら「適用」をクリック

これで外部モニター接続による画面の拡張設定が完了です。

基本的にはモニターの解像度に合わせてディスプレイの解像度は自動的に調整されるので特に変更する必要はありませんが、文字が潰れている場合やモニター側の解像度がおかしいと感じる場合もあるかもしれません。

その際にはディスプレイ項目から「拡大縮小とレイアウト」もしくは「ディスプレイの解像度」から各種設定を変更してみて調整すると良いでしょう。

モニター設定後はショートカットキーで簡単に呼び出し

一度拡張設定を決めてしまえば、その後に複製やモニターだけに画面を出力したい場合にノートパソコン側の「Windowsキー」+「P」のショートカットキーを押すことですぐさま切り替えを行うことができます。

ネトセツ

もしも今後モニターの位置を左から右へ、今の位置関係から設置場所が変更した場合はシステム>ディスプレイ項目から改めてディスプレイの配置を再調整してください。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる