MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

【検証】「Speed Wi-Fi NEXT WX06」で実際の速度を測定レビュー

2020年の1月30日に発売したWiMAXの持ち運び専用のWiFi端末「Speed Wi-Fi NEXT WX06」の速度と快適度を実機を使ってレビューしてみました。

ポケットWiFi初の「Wi-Fi 2.4GHz/5GHz同時利用(バンドステアリング機能)」がどれだけWiFi接続時に恩恵があるのかについても検証していきます。
読みたい場所へ押して飛ぶ

「WX6」がWX05から進化したスペック

WX06は「NECプラットフォームズ株式会社」というルーターメーカーとしては実績も非常に高い企業から販売されています。

今回の前機種として販売されていたWX05からどれほど進化したのかをスペックで比較しチェックしてみます。

WiMAX機種別 WX05 WX06
最高下り速度 440Mbps 440Mbps
最高上り速度 75Mbps 75Mbps
重量 128g 127g
連続通信時間 最大14時間 最大13時間
バッテリー取り外し&交換 可能
通信エリア WiMAX2+
au 4G LTE
同時接続台数 16台 10台
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
製造 NEC
ビームフォーミング クレードルにより可能
2.4GHz/5GHz同時通信 ×
QRコード簡単接続 ×

今回のWX06が旧機種となるWX05から進化した点は4つあります。

  1. 連続通信時間が14時間
  2. 同時接続台数が16台
  3. 2.4GHz/5GHz同時利用(バンドステアリング)
  4. UQコード簡単接続
大きな変化ではないかもしれませんが、同時接続台数が10台→16台に増えた点と2.4GHzと5GHzの周波数帯を同時に通信できるバンドステアリング機能が備わった点が非常に大きいでしょう。

WX06に搭載されている「バンドステアリング」とは

WX06で利用ができるバンドステアリング

ポケットWiFi業界では2020年3月の現時点ではWX06だけに唯一搭載されている「バンドステアリング機能」

このバンドステアリングは2.4GHzと5GHzの2種類の周波数の通信が同時に行うことができて、自動的に最適な周波数に常時接続を行い常に安定した通信を行うことができる機能です。
速度が一時的や瞬間的に速い端末を使うよりは安定して快適な通信が常にできる状況が何よりもインターネット回線に求める条件の一つには違いありませんのでNECの目の付け所は間違いないと思っています。

WX06の速度レビュー

WX06には3つの省電力モードによって速度のパフォーマンスが異なります。

バッテリー省電力モード 最大速度
HI-P
(速度優先)
400Mbps
NORMAL
(バランス)
400Mbps
ECO
(電池優先)
200Mbps

これらの3つのモードで速度をチェックしていきます。

WX06とスマホ(iPhone 11 Pro)接続時の速度

まずはスマホ(iPhone 11 Pro)とWX06と接続を行って先程の3つのモードで速度を測定してみました。

ECO(電池優先)モード時

NORMAL(バランス)モード時

HI-P(速度優先)モード時

実際に測定したWX06の速度結果はECOモード時とノーマル時は2倍ほど異なり、速度優先モードではやはりパフォーマンスがよくなりました。

モード別 下り最大速度
ECO(電池優先)モード時 11.3Mbps
NORMAL(バランス)モード時 25.4Mbps
HI-P(速度優先)モード時 71.9Mbps

WX06とパソコン(MacBook Air)接続時の速度

次はノートパソコン(MacBook Air)でWiFi接続を行った状態で省電力モード別での速度をチェックしました。

ECO(電池優先)モード時

NORMAL(バランス)モード時

HI-P(速度優先)モード時

モード別 下り最大速度
ECO(電池優先)モード時 7.2Mbps
NORMAL(バランス)モード時 18.1Mbps
HI-P(速度優先)モード時 40.2Mbps

やはり省電力モード別でチェックしてみても速度のパフォーマンスはかなり違いますね。

WX06は安定した常時接続に期待

WX06の速度パフォーマンスは従来までのWX05やW06などと比べても大きく代わり映えはしません。

ただし今回は2.4GHzと5GHzの同時通信による常時接続の安定度には期待が持てるかもしれません。

特に常時接続で安定してほしいのはスマホなどのオンラインゲームなどでしょう。

家庭用ゲーム機やPCでのオンラインゲームをモバイル回線で行うのはご法度なのは重々承知ですが、スマホのオンラインゲームではこのモバイル回線の安定度がかなり影響があるのではないかと思います。
どの測定でもPing値は100m以下を下回っているので頑張っている方です。もっとシビアなマルチプレイでは50m以下が望ましいです。

WiMAXの通信端末は私は2年前のモデルからはすべて実機を使って速度のパフォーマンスをチェックしてきました。

WX06の最大440Mbps理論値やW06の1.2Gbpsの速度は絶対的に出すことは困難なのはもう理解できましたので今後はこの安定度がどれだけ重要なのか他のWiMAX通信機器、ホームルーターなどと比較をしていこうかなと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる