MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

Xperia 8 Liteは厳し目な意見が多い?ライバルスマホと比較して判断。

ソニーからまたまたSIMフリー版のAndroidスマートフォン「Xperia 8 Lite」が2020年9月1日に発売されます。

今回のXperiaはSIMフリー版としてMVNO(格安SIM)からの販売となり価格も3万円を切るというコストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。

ただし先日SIMフリー版として販売開始されたハイエンドモデルのXperiaの時とは打って変わって、低価格スマホと比較してみると評価が大きく別れているようで、ちょっと厳し目な意見も今回は多いです。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

価格設定と販売方法なども含め、この「Xperia 8 Lite」がどういう立ち位置で他のライバル機種と比較してどの点が勝っているのかも含めて検証していきます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

Xperia 8 Liteの特徴

本体は他のスマホよりも縦に長い21:9のワイドディスプレイを採用し、横幅が短くなっているおかげで手のひらで握りやすいサイズを実現しています。

このXperia独自の縦長画面により上の下のデュアルウィンドウ(2画面)による2つのアプリを同時に操作する機能を効率よく使えます。

また縦に長いと最上部に指が届かないなどの問題を解消するための「サイドセンス」による操作性を向上させる機能も兼ね備えています。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

元々Androidの機能としてこのマルチウィンドウがありますが、Xperiaでは画面がより見やすく、例えばマップを見ながらSNSで情報をチェックするなど情報収集するのには最も適しています。

また低価格帯のスマホにありがちなおまけ程度なカメラ機能ではなく、デュアルレンズを採用した光学2倍ズームや背景ボケなどのSNS映えに必要な撮影効果が予め利用できるのはありがたいですね。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

大手キャリア版として販売されていたXperia 8と変わらずのスペックなので価格を抑えつつもカメラ機能などが劣化していないのは良い点ですよね。

これは昨年2019年10月に発売されたXperia 8とほぼスペックも同じなので、低価格版に刷新してSIMフリー版として販売し直したモデルとなりますが、ハイレゾ対応の「DSEE HX」機能が今回は削られてしまっています。

Xperia 8 Liteのスペック

平均してXperiaの通常価格帯は7〜10万円あたりなので3万円以下となるこのXperia 8 Liteは当然ながら一部CPUなどの細かなスペックは低めに設定されています。

CPUQualcomm®Snapdragon™630
OSAndroid 9
メモリ4GB
ストレージ容量64GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度1080×2520
本体サイズ約69㎜x約158㎜×約8.1㎜
重量170g
バッテリー容量2870mAh
カメラアウト:1200万画素
イン:800万画素
外部接続USBタイプC
防水/防塵IPX5/IPX8
生体認証指紋
SDカード拡張最大512GB
(micro SD)
イヤホンジャック
おサイフケータイ
ワイヤレス充電×
デュアルSIM×
ワンセグ/フルセグ×

このXperia 8 Liteのスペックを眺めてみて実用的だと思う部分は

  • おサイフケータイ
  • 防水・防塵機能
  • イヤホンジャック
  • SDカード拡張
  • 縦長ディスプレイ

と私は感じています。

3万円以下で多くの方が必要最低限欲しい物だけをギュッと詰め込んだ感じですね。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

逆に「ワイヤレス充電」「ワンセグ/フルセグ」「デュアルSIM」などをあまり使われない機能と判断し限りなくコストを削減したモデルとも言えるでしょう。

Xperia 8 Liteと同価格帯のライバルと比較

このXperia 8 Liteの価格帯とスペックバランスを見てライバルとなる機種と単純な比較をしてみます。

Xperia 8 LiteAQUOS Sense3Pixel 4aOPPO Reno3 A
価格29,800円31,000円42,800円36,000円
CPUスナドラ630スナドラ630スナドラ730スナドラ665
OSAndroid 9Android 9Android 10ColorsOS 7.1
メモリ4GB4GB6GB4GB
ストレージ容量64GB64GB128GB128GB
ディスプレイサイズ6インチ5.5インチ5.81インチ6.44インチ
解像度1080×25201,080×2,1601080×23402400×1080
重量170g167g143g175g
バッテリー容量2870mAh4000mAh
体感で一番長持ち
3140mAh4025mAh
カメラアウト:1200万画素
イン:800万画素
アウト:1200万画素
イン:800万画素
アウト:1220万画素
イン:800万画素
アウト:4800万画素
イン:1600万画素
防水/防塵IPX5/IPX8IPX5/IPX8非対応IPX6/IPX8
生体認証指紋指紋
顔認証
指紋指紋
顔認証
SDカード拡張最大512GB
(micro SD)
最大512GB
(micro SD)
なし最大256GB
(micro SD)
イヤホンジャック
おサイフケータイ
ワイヤレス充電××××
デュアルSIM×
ワンセグ/フルセグ××××

価格の近いコスパ重視のスマホということで同等ライバルと比較してみるとXperia 8 Liteが飛び抜けて勝っているのは価格ぐらいで、それ以外は目立ってはいません。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ただしこれぐらいの価格帯では最低限のスペックを兼ね備えていれば十分なライト層が大半なので、あとはソニーの強みであるカメラと縦長ディスプレイ、そしてXperiaというメーカーの低価格版として実機にどれくらいの魅力があるのかにかかっていますね。

CPU、メモリ、ストレージ、SDカードの拡張性を考えるとAQUOS Sense 3と同等のスペックですが、カメラに関してはXperia 8 Liteの方が当然良いでしょうが果たして・・・。

またバッテリー容量、デュアルSIMなどを重要視するならAQUOS Sense 3やReno 3Aの方が有利な立場になりますし、カメラ機能やOSの安定度で言うならばPixel 4aになるでしょう。

ですので今回のXperia 8 Liteの立ち位置がちょっと曖昧なのではないかなという意見が出てしまうのもしょうがないかなと感じています。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

堅実な実用性を取るのか、バランス良くカメラやソニーブランドに魅力を感じるかで、同じ価格帯のこのこれらの機種の選択肢は大きく分かれそうですね。

【注意】SIMフリー版だけど単体購入はできない

今回のXperia 8 LiteはSIMロックが行われていないSIMフリー版としては9月1日から販売されますが、先日SIMフリー版として本体単体をソニーストアで購入できる「Xperia 1Ⅱ」「Xperia 1」「Xperia 5」とは異なり、指定された格安SIM経由でなければ購入できません。

Xperia 8 Liteが購入できる場所
ネトセツのアイコン画像ネトセツ

Xperia 8 Liteもソニーストアのようにスマホ単体の販売を行ってほしかったところですが、現時点ではMVNO業者経由でプランの契約も必要となるのでその点だけ注意してください。

Xperia 8 Liteについては多少厳し目な意見が多い

確かに今回のこのXperia 8 LiteはスペックがほどほどでもOKな「コスパ重視」を考えるユーザー層からもよい評判を得られておらず、DSEE HX機能をなくしたXperia 8がSIMフリーになっただけという意見もありました。

ただし3万円以下の魅力は今どきの高いスマホ代金からすれば十分魅力的でもあり、何気ないコスパに惹かれている方が多いのも事実です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

この価格帯であればちょいプラスして私ならPixel 4a、iPhone SEあたりを検討するとさらに無敵感が増しますが、さてみなさんはどうでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる