MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

「よくばりWiFi」の料金スペックと利用者の評判まとめ。ライバルとの比較まとめ

注意
2020年6月追記:よくばりWiFiはメンテナンスのため新規規申し込みを停止しています。とアナウンスされてから3ヶ月以上経過しているため再開の目処は立っていないようです。急ぎの方は他のクラウドSIMサービスのまとめ記事にて取扱状況を確認してください。→ 現在のクラウドSIM取り扱い状況

また強烈なサービスがでましたね。2019年9月からスタートした「よくばりWiFi」

・「使い放題」
・「速度制限なし」
・「パケットデータ無制限」
・「海外でもそのまま使える」
・「めちゃ料金が安い」

これをすべてまかってくれる携帯キャリアよりも格安SIMサービスよりも断然メリットがあるポケットWiFiサービスです。

この「よくばりWiFi」の料金スペックや他社との徹底比較をポケットWiFi歴8年のプロがまとめてみました。
残念なことに現在よくばりWiFiは新規申し込みを停止しています。再開の予定も今は不明のようなので使い放題のWiFiを検討している方は以下のクラウドSIMをまとめた記事をチェックしてみてください。

現在新規受付中のクラウドSIMWiFi

読みたい場所へ押して飛ぶ

よくばりWiFiの料金スペック

よくばりWiFiの概要と料金スペック
初期費用 事務手数料3,800円
月額料金 月額3,450円
(24ヶ月契約更新プラン)
月額4,880円
(契約縛りなしレンタルプラン)
WiFi端末(ルーター)代金 月額無料
(25ヶ月以降の解約なら返却不要)
パケットデータ量 無制限
1日/3日のデータ量制限 なし
通信回線 Softbank 4G LTE
海外通信 113カ国対応

よくばりWiFiの料金スペックは最近までCMやプロモーションで話題になった「どんなときもWiFi」にそっくりなのは言うまでもありません。

使い放題で通信制限がなく、料金プランも安い上に海外でもそのまま通信ができるのは魅力的なポケットWiFiの一つですね。

よくばりWiFi公式:https://yokubari-wifi.jp/campaign1/

短期と長期の2つの料金プラン

よくばりWiFiには大きく分けて2つのプランが存在します。

よくばりWiFiの2つの料金プラン

一つは「24ヶ月継続プラン」となり月額料金が3,450円と破格の料金設定で利用できるプランです。

もう一つは「1ヶ月レンタルプラン」で1ヶ月単位ですぐにサービスを停止することができます。ただし月額料金は高めの4,880円です。

長期使う予定なら格安で利用できる24ヶ月契約プランで出張や単身赴任、旅行などで使うのであれば1ヶ月レンタルプランという2つの選択肢があるのは良いですね(^^)

パケットデータ量は無制限で使い放題

WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiサービスで実施している3日/10GBや1日/3GBのデータ量通信制限も実施していない使い放題のサービスプランです。

通信業者別 通信制限
WiMAX 直近3日で10GBを超えた場合、 翌日18時から翌々日2時まで速度制限
ワイモバイル 直近3日で10GBを超えた場合、当日18時から翌日1時まで速度制限
よくばりWiFi 制限なし
大手のWiMAXやワイモバイルで提供しているポケットWiFiサービスは短期間で大量のパケットデータ量を使用した場合に一時的に速度制限を実施していますが「よくばりWiFi」はその通信制限はありません。
サービスは「どんなときもWiFi」とほぼ同じですが、料金はよくばりWiFiのほうが若干ですが安いです。

ライバルとなる「どんなときもWiFi」は以下で解説しています。

よくばりWiFiの強みとなるキャンペーン

よくばりWiFiはWEB申込み限定のサービスで店舗などは構えていません。人件費がかからない代わりに申込みから最大2ヶ月は無料のキャンペーンを実施しています。

またこの2ヶ月無料キャンペーンは1ヶ月のレンタルプランを利用する方には適用されず24ヶ月のレンタルプランを申込みした方のみの適用となるので注意が必要です。

初月〜2ヶ月 3ヶ月〜
無料 3,450円
3,480円 3,480円

同じWiFi端末を提供し、ほとんど条件が似た「どんなときもWiFi」ではこの月額無料キャンペーンは実施していません。

この2ヶ月無料は初めてポケットWiFiの利用を検討している方には非常に優しいキャンペーンではないでしょうか。
注意
24ヶ月のレンタル契約の条件となるため、、万が一2ヶ月無料期間でサービスを解約した場合は解約金がかかるため注意してください。

2ヶ月無料キャンペーン実施中

レンタル提供となるポケットWiFi端末

よくばりWiFiで利用できる通信端末は「U2s」というグローカルネットから販売されているポケットWiFiです。

通信端末「U2S」のスペック
グローカルネットメーカーのU2s画像引用:グローカルネットU2s
サイズ 127×65.7×14.2mm
下り速度 最大150Mbps
上り速度 最大50Mbps
連続通信時間 12時間
同時接続台数 5台
無線規格 IEEE802.11b/g/a
SIMスロット Micro SIM/Standard SIM
充電ポート MicroUSB
重量 149g

最大下り速度が150Mbpsと普段使う通信速度なら申し分なしです。Softbankの 4G LTE回線を利用するので日本中の地域での通信が可能です。

海外に持ち運ぶだけで通信できる

もちろん急な海外出張や海外旅行での利用もこの「U2S」を持ち出せばクラウドSIMを利用するため、わざわざ海外のSIMカードへ差し替えやレンタルWiFiを用意する必要がありません。

海外では113カ国の国に対応しており使った日数分だけ追加で支払いを行うのみです。

113ヶ国の海外利用は大きく分けて「エリアA」と「エリアB」と2つありそのエリアによって1日の料金が異なります。

エリア別のプラン 対象国
利用国エリアA
【1,250円/日】
※1日1GBのパケットデータ量超過後は384Kbps
ベトナム・韓国・台湾・タイ・香港・カンボジア・インドネシア・マレーシア・シンガポール・カザフスタン・フィリピン・イスラエル・スリランカ・ネパール・パキスタン・インド・サウジアラビア・ラオス・マカオ・中国・ヨルダン・カタール・オーストラリア・グアム・サイパン・バチカン(イタリア)・サンマリノ(イタリア)・モナコ(フランス)・フランス・ポルトガル・アイスランド・ロシア・ウクライナ・トルコ・チェコ共和国・ポーランド・イタリア・スペイン・イギリス・ドイツ・リヒテンシュタイン(スイス)・オーランド諸島(フィンランド)・ジャージー・マン島・ジブラルタル・スロベニア・スロバキア・リトアニア・ルーマニア・セルビア・オーストリア・ベルギー・ブルガリア・スイス・デンマーク・エストニア・フィンランド・ギリシャ・クロアチア・アイルランド・ラトビア・オランダ・ノルウェー・スウェーデン・ハンガリー・マケドニア・アメリカ(ハワイ含む)・プエルトリコ・メキシコ・カナダ・ウルグアイ・アルゼンチン・ブラジル・チリ・コロンビア・パナマ・ペルー・ベネズエラ・西サハラ(モロッコ)・モロッコ・ケニア・エジプト
利用国エリアB
【1,850円/日】
※1日1GBのパケットデータ量超過後は384Kbps
クウェート・オマーン・UAE・バングラデシュ・バーレーン・モンゴル・ビルマ・ブルネイ・ニュージーランド・フィジー・ボスニア・ヘルツェゴビナ・ルクセンブルク・マルタ・キプロス・ガーンジー島・モンテネグロ・アルバニア・マルティニーク・セント・マーチン・ボリビア・ガイアナ・コスタリカ・エクアドル・ガーナ・アルジェリア・チュニジア・ザンビア・モーリシャス・南アフリカ・マダカスカル・ナイジェリア

対象国はエリアAとBによって料金が異なります。1日使った分だけ毎月の「よくばりWiFiの翌月の請求分」に合算されます。

1日に高速で利用できる通信データ量は1GBと制限がありますが、それを超えてしまった場合でも384Kbpsの速度となるので速度規制はゆるめです。

サービス解約時は返却が必須

貸し出しレンタルとなるこの「U2S」のWiFi端末は1ヶ月レンタルプラン、もしくは24ヶ月レンタルプランどちらであってもサービス解約時には返却が必須です。

もしも解約時に返却できない場合は機器損害金18,000円の請求が行われると公式ページに書いてあるので付属品(USBケーブ)等含め大切に保管しておきましょう。

よくばりWiFiと似たサービス他社と比較

ここまでで「よくばりWiFi」について解説してきましたが、このようにたくさんの通信データを使えるポケットWiFiサービスは他社にも多くあります。

それらのポケットWiFiサービスと「よくばりWiFi」を比較してみます。

料金プランの比較

完全に色々他社を意識しているサービスに はなりますが、料金やデータ通信の制限のゆるさを見るとたしかに「よくばりWiFi」は圧倒的な気がします。

初期費用 月額料金 月間のデータ通信量
よくばりWiFi
3,800円
【24ヶ月レンタル】
3,450円
(〜2ヶ月無料期間)
無制限
【1ヶ月レンタル】
4,880円
WiMAX 3,000円 3,880円
(2019年10月から新料金)
上限なし
※ただし3日10GB制限あり
縛りなしWiFi なし 【縛っちゃうプラン】
2,800円

【WiMAXプラン】
上限なし
※ただし3日10GB制限あり
【SoftbankLTEプラン】
上限なし
※ただし1日3GB制限あり
なし 【縛りなしプラン】
3,300円
どんなときもWiFi 3,000円 3,480円 無制限
KING WiFi 3,600円 3,600円 無制限
SAKUR WiFi 3,000円 3,680円 無制限

じっくり掘り下げてみると他社WiFiサービスと比べてみると料金に大きな差はありません。

その中では縛りなしWiFiが初期費用が無料な上に3年(36ヶ月)の契約縛り前提であれば一番安くなります。

ただし他社とは異なり完全無制限じゃないのですが、無制限でなくても直近の通信データ量でほぼ不自由ないかもしれないという方には縛りなしWiFiもおすすめできます。

やはり「よくばりWiFi」は他社と比較しても実施をしていない「2ヶ月無料キャンペーン」がインパクトが強く、安心してスタートダッシュを行いたい方には特におすすめできそうです。

契約期間の比較

次によくばりWiFiと他社の契約期間や解約金について比較してみます。

契約期間 解約金
よくばりWiFi
【24ヶ月レンタル】
24ヶ月の自動更新
〜12ヶ月18,000円
13〜24ヶ月12,000円
25ヶ月以降 無料
【1ヶ月レンタル】
なし
なし
WiMAX 24ヶ月の自動更新 1,000円
縛りなしWiFi 【縛りありプラン】
36ヶ月の自動更新
〜36ヶ月15,000円+契約残月数✕1,200円の端末代金
【縛りなしプラン】
なし
なし
どんなときもWiFi 24ヶ月の自動更新 〜12ヶ月19,000円
13〜24ヶ月14,000円
25ヶ月の更新月 無料
26ヶ月〜9,500円
KING WiFi なし なし
SAKUR WiFi なし なし

よくばりWiFiは「1ヶ月レンタル」契約であれば解約金が発生しないのですが、24ヶ月レンタルプランになると途中解約における解約金がどんなときもWiFiと同じく多少高額です。

WiMAXは2019年10月から契約縛り規制の対象となり途中解約における解約金が1,000円になったため、実質は契約縛りがないと考えても良いです。

最低でも2年続ける前提でポケットWiFiサービスを検討しているなら月額料金も安いですし通信制限も無制限なのでよくばりWiFiはおすすめできるでしょう。

そこまで長期の利用を想定していない方は最初から契約期間がないレンタル系ポケットWiFiを検討してみるが良いです。

通信回線の比較

よくばりWiFiで利用する通信回線はソフトバンクの4G LTE回線です。それぞれの回線種別を比較してみます。

回線種別 特徴
よくばりWiFi
ソフトバンク 4G LTE ソフトバンク 4G LTEはプラチナバンド対応で全国カバー率も高く繋がりやすい。
SAKUR WiFi
ネクストモバイル
縛りなしWiFi ソフトバンク 4G LTE
or
WiMAX
(契約時に選択不可)
ソフトバンク 4G LTEは繋がりやすい。

WiMAX通信は都心部は繋がりやすが地方は繋がりづらい。

どんなときもWiFi ドコモ/au/ソフトバンク すべての回線を自動選別して接続が可能だが、基本的にはソフトバンク回線へつながる
WiMAX WiMAX

7GBのau LTE回線
WiMAX通信は都心部は繋がりやすが地方は繋がりづらい。au 4GLTEは繋がりやすいが月7GBまで

通信エリアに関しては基本的にソフトバンクやドコモ・auなどのLTE回線のほうがどこでも通信状況が良好で繋がりやすいです。

「よくばりWiFi」もその通信エリアが広く快適に使えるソフトバンクのLTEが無制限で利用できるのでエリアの心配はあまりありません。

どんなときもWiFiは3キャリアの回線を自動選別して接続できるクラウドSIMに対応していますが、私もそうですが利用者の声でもほとんどがソフトバンクのLTEにつながっていますのでドコモやau回線には期待しないほうが良いです。
WiMAXは都心部での速度や快適度は高いのですが、都市部から離れた地方や地下、建物内に弱い性質のため都心部から離れた方にはあまりおすすめできません。

よくばりWiFiのメリットとデメリット

無制限使い放題のポケットWiFi

ではこのよくばりWiFiのサービスを振り返りメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  1. 料金が安い
  2. 通信制限が無制限
  3. 海外でも利用可能
  4. 2ヶ月無料で使える

やはりなんといっても通信データが無制限で料金が安いのが最大のメリットです。

24ヶ月の契約期間の縛りがありますが、長期で利用するつもりなら断然おすすめできるWiFiサービスには間違いありません。

デメリット

  1. 格安プランは24ヶ月の契約縛りがある
  2. 支払い方法がクレジットカードのみ

よくばりWiFiは基本的に月額料金の安さが魅力的なのでどうしても24ヶ月の契約期間ありのプランがメインとなります。

そのため契約縛りと解約金問題だけがどうしてもデメリットとなります。

支払い方法はクレジットカードのみ

よくばりWiFiの支払い方法はクレジットカードのみ

またよくばりWiFiは支払い方法がクレジットカード決済のみとなるので、普段から現金主義の方や口座振替を希望している方には申込みができません。

逆に「どんなときもWiFi」では口座振替の支払いに対応しています。

注意
でも要注意なのは「どんなときもWiFi」は口座振替だと月額料金が3,480円👉3,980円と多少高くなり口座振替による手数料も毎月かかります。

その他クレジットカード以外の口座振替に対応したポケットWiFiサービスは以下で紹介しています。

とはいえ、先程も説明したように口座振替でポケットWiFiを契約したとしたら、キャンペーンが悪くもなり毎月引き落としにかかる手数料も銀行から取られてしまうので、可能であればクレジットカードのほうがコスト的にもおすすめできます。

よくばりWiFiの利用者の評判と意見

実際によくばりWiFiはまだスタートして数ヶ月ですが、利用し始めている方も増えていているようです。

どんなときもWiFiもはじめ今まで数GB、数十GBで高額なパケットデータ通信を使っている人がよいサービスを求めこういったポケットWiFiサービスに流れてくる傾向は多くなるのではないかと思います。

そして5Gサービスを目前に控えながら2019年に総務省から「契約縛りによる解約金」などの問題視され2019年10月から大手ドコモ、au、ソフトバンクを始め各種のネットサービスが契約縛りがゆるくなりつつあるのでこれからの回線サービスには期待しています。

↓2ヶ月無料キャンペーン実施中↓

無制限のポケットWiFiサービスについては以下でも紹介しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる