アプリ

【検証】YouTubeMusicのデータ通信量と1GBまでの目安や節約方法

【検証】YouTubeMusicのデータ通信量と1GBまでの目安や節約方法

日本でもようやく開始されたYouTubeの音楽配信サービス「YouTubeMusic」のモバイル通信を使った音楽のストリーミング再生におけるデータ通信量の測定を実際に行いました。

他のMusicアプリと比較してどうなのか?また1GB到達までの目安や節約方法についても解説します。

YouTubeMusic再生におけるデータ通信

YouTubeMusicの音楽再生における通信量を測定

YouTubeMusicは中身はほとんどGoogle Play Musicでそこに+YouTubeの音楽も視聴できますが、動画再生部分は基本OFFで音楽再生を実施します。

またYouTubeMusicも多くのAppleMusicAmazonMusicなどと同じく再生する音質の設定を調整できます。この音質設定により実際に消費するデータ通信量が異なります。

この音質設定はYouTubeMusicのホーム画面の右上にある「アイコン」> 「設定」 > 「モバイルネットワーク利用時の音質」から設定を変更できます。

この音質設定別で実際にデータを測定していきます。

「標準」音質によるデータ通信量

通常音質による通信量
ネトセツ
ネトセツ
まずはデフォルトで設定されている「標準」の音質で10分間のストリーミング再生を行いました。

【結果】10分のストリーミング再生によるデータの消費量は「平均して16〜18MB」でした。

ストリーミング再生時間 データ消費量
10分 18MB
30分 53MB
1時間 108MB
10時間 1080MB(約1.1GB
ネトセツ
ネトセツ
YouTubeMusicのデフォルト(標準)音質設定では他のストリーミングアプリと比べてみると多少多めの通信量の消費でした。
YouTubeMusicと他社を比較
配信アプリ別 10分再生時の通信量
YouTubeMusic 18MB
AppleMusic 10MB
AmazonMusic 11MB
Spotify 15MB
相談者
相談者
他のアプリよりもちょっと通信量が多めですね。
ネトセツ
ネトセツ
毎日の通勤や帰宅でヘビーに音楽を聴く方ならこのデフォルトの標準音質よりも音質を落としておいたほうが良さそうですね。
1GBまでの目安

標準音質なら「約9時間半」

「高」音質によるデータ通信量

高音質による通信量
ネトセツ
ネトセツ
次は「高」の音質で10分間のストリーミング再生を行いました。

【結果】10分のストリーミング再生によるデータの消費量は「平均して25〜27MB」でした。

ストリーミング再生時間 データ消費量
10分 27MB
30分 81MB
1時間 162MB
5時間 810MB
10時間 1620MB(約1.6GB
ネトセツ
ネトセツ
高音質は1.5倍ほど通信量が増えましたね。実際に音質をイヤフォンで聞いてみた感じだと標準とそこまで変わらない感じだったのでそれなら標準の音質でも良さそうなレベルです。
相談者
相談者
確かに音質にこだわる人でなければ通信量を優先して標準以下の設定にしておいたほうがいいですね。
1GBまでの目安

標準音質なら「約6時間」

「低」音質によるデータ通信量

低音質設定のデータ通信量
ネトセツ
ネトセツ
次は「低」の一番低い音質で10分間のストリーミング再生を行いました。

【結果】10分のストリーミング再生によるデータの消費量は「平均して3〜4MB」でした。

ストリーミング再生時間 データ消費量
10分 4MB
30分 12MB
1時間 24MB
10時間 240MB
30時間 720MB
50時間 1200(約1.2GB
ネトセツ
ネトセツ
低音質では大きくデータ通信量を節約できる消費量ですね。1GBまで相当な時間を再生できる結果となりましたね。
相談者
相談者
標準音質の4倍以上も再生できる計算ですね。
1GBまでの目安

標準音質なら「約41時間」

「常に高音質」音質によるデータ通信量

ネトセツ
ネトセツ
ちなみにこのい「常に高音質」という音質設定もありますが、こちらは測定した結果

何度か試しましたが「高」音質の通信量とほぼ変わりませんでした。別に項目がある理由がわかりませんがこちらは割愛します。

【結果】YouTubeMusicの音質別の通信量まとめ

音質別 1時間再生の通信量
標準 108MB
24MB
162MB
常に高音質 108MB

測定した結果だと標準〜低音質の設定がデータ通信量を節約するにはおすすめの音質設定ということが分かります。

YouTubeMusicの音質設定は他の音楽配信サービスと比較すると全体的に通信量が多めなので自分で音質が許せる程度の低い設定で音楽を聴くのが一番良いのではないかと思います。

またYouTubeMusicはYouTube動画の音楽も再生できるのですが、再生中の画面右上にあるスライドボタンで「音声のみの再生」に設定しておくのは必須です。

YouTubeMusicによる通信量を節約する方法

YouTubeMusicの利用を自宅のリビングや寝室などでスマホをWi-Fiに接続した状態で視聴できるなら問題ありませんが問題なのは外出先でのストリーミング再生ですよね。

ネトセツ
ネトセツ
そこでいくつかのYouTubeMusicの再生における通信量を節約する方法をいくつかまとめてみました。

①YouTubeMusicの音質設定を「低」に変更

低音質設定のデータ通信量
ネトセツ
ネトセツ
一番手っ取り早い節約方法ですが、有料のプレミアムサービスに加入していない方はダウンロードによるオフライン再生などができないのでこの設定がおすすめです。

①YouTubeMusicのトップページから右上の「アイコン」をタップします。

②次にアカウント項目の中にある「設定」をタップします。

③設定項目の中にある「モバイルネットワーク利用時の音質」をタップします。

④音質の設定画面で「低」をタップすれば音質の変更が完了です。

ネトセツ
ネトセツ
もしもこの設定で「音楽を聴くに耐えない音質」ということでしたら標準以上にあげてみて調整してください。

②モバイル通信で使い放題になる対象の格安SIMを使う

音楽を聞くシーンは多くの場合が「通勤中」「外出先」「ドライブ」だと思います。Wi-Fiがない場所でストリーミング配信で音楽を聞くと当然ながら通信量を消費します。

そこで格安SIMサービスの中でこの通信量をカウントしないサービスがあります。それがBIGLOBEモバイルです。もちろんauやドコモなどの大手携帯会社よりも格段に安いです。

ネトセツ
ネトセツ
そのBIGLOBEモバイルのサービスにある「エンタメフリー・オプション」というオプションプランに加入するとYouTubeMusicの音楽視聴における通信量はパケット消費のカウントとされず「使い放題」になります。
BIGLOBEモバイル利用者の評判と断然お得なキャンペーンは?
BIGLOBEモバイル利用者の評判と断然お得なキャンペーンは?YouTubeの動画見放題・SpotifyやAppleMusicなどの音楽聴き放題サービスを開始してから大きく注目を集めているBIGLOBEモバイルです。そんなBIGLOBEモバイルの実際の利用者の評判や絶対チェックしておくべきサービス・キャンペーンをまとめました。...

上記のアプリはパケット通信のカウント対象外となり「すべて通信し放題」

もちろんYouTubeMusicだけではなくYouTubeの動画やAppleMusic、abemaTV、U-NEXTなど多くの動画サービスや音楽サービスも聴き放題、見放題となるのでエンタメ視聴に多くスマホの通信量を使う方は必見です。

相談者
相談者
すごい!車で少し長い時間を使って通勤する人やトラック運転手さんが音楽を聞きまくるなら、このスマホプランの方が確実に節約できそうですね。
ネトセツ
ネトセツ
それは間違いないです(^^)

③プレミアム会員なら曲ダウンロードによるオフライン再生

YouTubeMusicは有料サービス向けのプレミアムサービスがあります。

プレミアム会員の方は聞きたい音楽をWi-Fiに接続し、予めダウンロードしておくことでモバイル通信を消費せずに視聴することができデータ通信量を節約することができます。

ネトセツ
ネトセツ
このオフライン再生機能は有料サービスメンバーしか利用できません。もしも利用するなら加入する必要があります。
YouTubeMusicの機能 無料会員 YouTubePremium
再生
広告なし
バックグラウンド再生
曲ダウンロード
オフライン再生
Google Homeでの再生
Chromecast audio再生

YouTubeMusicはAppleMusicと同じ月額980円のプランであれば曲のダウンロードを予めスマホ本体に行っておくことにより節約することができます。

もちろんYouTubeプレミアムというYouTubeが広告なし、オフライン再生などができるセットのプラン(月額1,180円)もあるので検討検討してみる価値はあります。

【実はメリット多い】広告なしの「YouTubeプレミアム」に加入した感想まとめ11月14日から開始されたYouTubeを広告無しで見れるようになる「YouTubeプレミアム(Premium)」。ただし広告がなくなる...
ネトセツ
ネトセツ
YouTubeMusicはまだ始まったサービスですが、Google Play Musicが終了しこのYouTubeMusicに統合される予定というアナウンスがあり今後は主流の音楽配信サービスになることは間違いないと思います。
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。