アプリ

【検証】17live(イチナナ)のデータ通信量と1GBまでの目安。節約まとめ

【検証】17live(イチナナ)のデータ通信量と1GBまでの目安。節約まとめ

今人気のイチナナをモバイル通信で視聴した場合、実際にどれくらいのデータ通信量を消費してしまうのか実際に検証してみました。

データ量を超えて速度制限にかかりやすい方は参考にしてみてください。

17live(イチナナ)
ネトセツ
ネトセツ
また検証結果を元にしてWiFi接続を確保できない場合にデータ通信量をどのように節約できるのかもまとめて解説していきます。

イチナナの視聴によるデータ通信量を測定

ネトセツ
ネトセツ
イチナナのデフォルトの設定状態で視聴を10分間続けてみました。

【1回目】

【2回目】

【結果】通常画質の10分の視聴によるデータの消費量は「66〜72MB」でした。

視聴時間 データ消費量
10分 73MB
30分 219MB
1時間 438MB
2時間 876MB
4時間 1752MB(約1.7GB)

平均で多く見積もって10分=73MBと考えて計算してみると2時間ですぐに1GB近くに到達してしまいますね。

ネトセツ
ネトセツ
イチナナは映像だけではなく、ギフト(投げ銭アイテム)によるエフェクトなど画面上の映像の動きが多いせいか、ちょっとデータ通信量の消費が激しいですね。

また画質の設定変更も出来ないのでモバイル通信オンリーでは辛い感じになってきますね(T_T)

相談者
相談者
お気に入りのライバーだと結構長時間見てしまうと思います。その方が配信終了するまで私は確実に見てしまいますね笑
ネトセツ
ネトセツ
確かに好きなライバーが配信していたらずっと視聴してしまうので平気で1時間とか超えてしまいそうですね。
1GBまでの目安

・視聴・閲覧で 「2時間30分」

毎日イチナナを1時間視聴した場合の通信量

毎日イチナナを視聴した場合の通信量

人気のライバーが好きな方で毎日の配信を1時間視聴した場合のデータ通信量の推移を計算してみました。

毎日1時間視聴した場合 消費するデータ通信量
1週間 約3GB
2週間 約6GB
3週間 約9GB
1ヶ月 約12GB

毎日1時間だと1ヶ月で12GBほどデータ通信量を消費してしまう計算になりました。と考えるとやっぱりモバイル通信だけでは辛いものがありますね。もしも毎日2時間視聴なら24GBですね。

大手3社(ドコモ・au・Softbank)の20GBや30GBプランなどを契約している方なら「毎日1時間程度ならひょっとしたら余裕かも」と考えてしまいそうですが、これはあくまでもイチナナアプリだけの通信量です。

この他にLINE、ネット閲覧、動画アプリ、TwitterやインスタなどのSNSなどの通信量を考慮するとイチナナの通信量に+アルファ2倍ぐらいのデータ量を想定しておいたほうが良いかもしれません。

【節約方法①】WiFiをいつでも確保するようにする

自宅ではWiFiに接続できる環境があるかもしれません。ただし外出先ではなかなかWiFiを確保できるシーンが少ないと思います。

そこで役に立つのがタウンWiFiというアプリです。

このアプリは無料なのでインストールしておけばカフェ、ファーストフード店やファミレスなどの商業施設内であれば無料でWiFiへ接続することができ、Googleマップの位置情報を元に近辺のWiFiスポットを探す事が出来ます。

どこでも無料でWiFiが使える最強アプリ「タウンWiFi」
どこでも無料でWiFiが使える最強アプリ「タウンWiFi」 そこでおすすめできるのが「タウンWiFi」です。 無料WiFiを探して自動接続する「タウンWiFi」 ...

無料に使えることに越したことはありませんし、スマホ契約のパケット通信を消費することがないので率先して活用すると良いと思います。

ただし無料WiFiスポットは施設そのものに設置されているため、その場を数メートルでも離れてしまうと接続が切れてしまいます。そこで活躍できるのがどこでもずっとネットに接続できる「持ち運びWiFi」です。

【節約方法②】安い持ち運びWiFiを活用する

外でもどこでも持ち運びが出来て、さらにはデータ通信量を気にせずたくさんの通信が行える持ち運びWiFiを契約している人はここ数年で最近増えてきました。

手のひらサイズで場所を選ばずスマホ、タブレット、ゲーム機、パソコンなど複数の通信端末を接続することができるので非常に人気が出てきています。

YouTuberなどの配信者や特に動画サービスをたくさん見る方はスマホの毎月の月額よりも安くなるパターンがあるので一度は検討してる価値はあると思います。

最新の持ち運びWiFiルーターのおすすめと値段が安いプランを厳選どこでも持ち運べていつでもインターネットに接続できる「持ち運びWiFi」の需要は今は非常に高まっています。 持ち運びW...

【まとめ】イチナナアプリはデータ通信量が激しい

イチナナは人気の配信者と気軽にコミュニケーションが取れるツールとして人気のアプリですが、どうしても長時間の視聴をしてしまいモバイル通信では消費が激しくなる傾向があります。

そのため、WiFiをいつでも確保できる環境があった方が確実にモバイル通信の速度制限や通信制限を回避することが出来ます。

自分に合った節約方法を探し出してみて、イチナナを通信料を気にせずに楽しめるように工夫してみましょう。

その他の配信アプリの通信量もチェックしてみてください。

その他のアプリのデータ通信量も実際に測定しています。気になる方はチェックしてみてください。

→ アプリのデータ通信量のまとめ

【検証】ツイキャスアプリのデータ通信量と1GBまでの目安。節約方法は?
【検証】ツイキャスアプリのデータ通信量と1GBまでの目安。節約方法は?ツイキャスの公式アプリ「ツイキャス・ビュワー」を利用して配信を視聴した場合のデータ通信量はどれくらいの消費量なのかをチェックしました。 ...
【検証】ふわっち視聴の通信量の実測と目安と節約方法まとめ。
【検証】ふわっちアプリ視聴の通信量の実測と目安と節約方法まとめ。スマホでのふわっち公式アプリを利用して配信を視聴した場合のデータ通信量はどれくらいの消費量なのかを実際にデータ量を測定してチェックしてみ...
関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。