【最新】5万円台で購入できるノートパソコンのおすすめ人気ランキング

【最新】5万円台で購入できるノートパソコンのおすすめ人気ランキング

今やスマートフォンより安くで手に入り仕事やプライベートには1台持っておきたいノートパソコン。

5万円台ながら高スペック、デザイン、コストパフォーマンスにおいて最高なノートパソコンをまとめてランキングで発表します。

5万円台のノートパソコンのおすすめランキング

ノートパソコンを何度も買い替えてきた経験から絶対的におすすめする5万円台のノートパソコンを厳選してランキングにて紹介します。

5位 m-Book J

このパソコンのポイント

フルHDノングレア液晶+13インチのバランスが良いモデル

m-Book J

マウスコンピュータから販売されているWindows10(Sモード)が搭載された高セキュリティに特化したモデル。

フルHD液晶を搭載した13インチの作業・持ち運びにもバランスの良い大きさでなおかつ64GBのSSDを搭載しています。

OSWindows10
(Sモード)
メモリ4GB
CPU Celeron® 3867UOffice選択可能
容量64GB(SSD)
ディスプレイ13.3インチ
解像度1920×1080バッテリー6.5時間
重量1.4kg参考価格46,800円〜

またこのモデルはバッテリーが脱着可能なため、万が一のバッテリー劣化にも対応ができ、複数のバッテリーを付け替えできるなどのビジネスマンにも嬉しい仕様です。

Windows10のSモードはフリーソフトなどのインストールができない代わりにセキュリティが高く、不要な場合は解除し通常モードへ変更することもできます。

4位 Inspiron 11

このパソコンのポイント

11インチのコンパクトにOffice選択が可能で5万円台

Inspiron 11

Dellから発売されている11インチのスタイリッシュでコンパクトながらも長い間人気シリーズとして販売を続けているInspiron 11。

OfficeありもしくはOfficeなしでSSD搭載など自由な選択ができ、128GBのSSDを選択しても4万円以下を下回るコストパフォーマンス。

OSWindows10メモリ4GB
CPUAMD-A9Office選択可能
容量64GB(eMMC)
128GB(SSD)選択可
ディスプレイ11.6インチ
解像度1366×768バッテリー9時間
重量1.34kg参考価格30,582円〜

コンパクトサイズの11インチモデルはバックに忍ばせて持ち運びにも適しています。またお手頃価格なためプレゼントにも最適です。

3位 Ideapad 330 15インチ

このパソコンのポイント

スタイリッシュながらもインターフェースが充実

Ideapad 330

1位のメーカーで同じくレノボのノートパソコンですが、フルHD、128GBのSSD搭載、インテルCPU、DVDスーパーマルチドライブ、USB 3.0×2、USB 3.0 Type-C×1、HDMI、RJ-45、4-in-1メディアカードリーダーと豊富な外部接続が充実。

OSWindows10メモリ4GB
CPUインテル Core i3-7020U Office無し
容量128GB(SSD)ディスプレイ15.6インチ
解像度1920×1080バッテリー5.2時間
重量2.2kg参考価格51,370円
(クーポン適用時) 

こちらも期間限定クーポンで5万円台を実現できているため、Eクーポンを必ずコピペして適用させましょう。

※Eクーポンコードは定期的に変動するか可能性があるため公式サイトで改めてチェックしてください。

バッテリー駆動時間は短めですが、自宅に据え置き用として利用するなら外部接続やDVDプレイヤー搭載など充実しているので取り回しは非常に良いモデルです。

2位 Jumper EZbook 3 Plus

このパソコンのポイント

フルHD液晶、メモリ8GB、128GBのSSD搭載でコンパクトで軽量モデル

中国メーカー「Jumper」から発売されているEZBookシリーズの中で非常に高評価を得ているコスパも性能も兼ね備えている文句なしのノートパソコン。

またMacBook Airを彷彿とさせるメタリックなシルバーカラーでデザインも価格帯からは考えられないほど上品に仕上がっています。

※Amazonが一番安く、楽天ショッピングには現時点で取扱はないようです。

OSWindows10メモリ8GB
CPUIntel Core m3-7Y30Office無し
容量128GB(SSD)ディスプレイ14インチ
解像度1920×1080バッテリー5時間
重量1.3kg参考価格42,999円〜

CPUはそこまで期待はできませんが、この価格帯でメモリ8GBと128GBのSSDを実現し、1.3kgの軽量のノートパソコンなかなか存在しません。

1位 Ideapad S540 15インチ

このパソコンのポイント

5万円台でこのスペックを実現できるメーカーは他になし

IdeaPad S540 15インチ

2019年に発売されたばかりの老舗パソコンメーカー「レノボ」の最高コスパを誇る15インチノートパソコン。

フルHDでIPS液晶、256GBのSSD搭載、インテルCPU、17時間のバッテリー時間、薄型スタイリッシュのアルミボディで5万円台は他にありませんし、家電量販店では絶対にこのレベルのノートパソコンは販売されていません。

OSWindows10メモリ4GB
CPUインテル Core i3-8145UOffice無し
容量256GB(SSD)ディスプレイ15.6インチ
解像度1920×1080バッテリー17.3時間
重量1.9kg参考価格52,488円
(クーポン適用時)

期間限定クーポンで5万円台を実現できているため、Eクーポンを必ずコピペして適用させましょう。

※Eクーポンコードは定期的に変動するか可能性があるため公式サイトで改めてチェックしてください。

何よりも注目すべきは画面への没頭感が高まる狭いベゼルに視野角が良いIPS液晶を搭載しながらフルHD、256GBの大容量高速SSD搭載はコスパが良すぎます。

ノートパソコン選びで重要視したいポイント

5万円のノートパソコンでも妥当と言われるような機能やスペックではなく価格以上の恩恵を得られる製品を選びたいですよね。

そこで5万円台のノートパソコン選びで重要視したいポイントをいくつかまとめました。

選ぶ際の重要ポイント

  • ①OSはWindows10
  • ②メモリは4GB以上
  • ③ストレージは種類重視
  • ④Officeありは高くなるため無料ツールを活用
  • ⑤ゲーミングモデルは無し

①パソコンのOSはWindows10

WindowsのOS

5万円台だとMacのノートパソコンは中古市場にしかありません。ただしWindowsパソコンであれば5万円台の市場では多くの新品製品が販売されています。

特にノートパソコンに搭載されているOSはWindows10が搭載された製品を選択しましょう。

Windows7に慣れ親しんでいる方も多いですが、Windows7は2020年の1月にサポートが終了する予定です。※Windows8は2023年1月終了予定。

参考 2020 年 1 月 14 日に、Windows 7 のサポートが終了Microsoft

よって選択するべきWindowsパソコンはWindows10が搭載された製品を必ず選ぶべきです。

②メモリは4GB以上、8GBならなおよし

メモリ

メモリはパソコン内の作業領域を広げる役割があり容量が多ければ多いほどもたつくなく処理ができるようになります。

Windows10は比較的多くのメモリを使用します。特にメモリ使用率が80%を超えてくると処理が重くなるのでメモリの容量には余裕があったほうが良いです。

最近ではノートパソコンの薄型化により基盤に直付けのメモリが搭載された製品が多く、あとから増設できないパターンも多いので最低でも4GB以上〜8GBのメモリを搭載したノートパソコンを選択しましょう。

③ストレージ容量や種類

ストレージ容量はノートパソコン本体に保存できる内部保存領域のことを指します。容量が多いほど本体に多くのデータの保存が可能です。

ただし容量よりもストレージの種類の方が現在は重要です。

ストレージは「HDD」→「eMMc」→「SSD」の順で保存やアプリケーションの起動速度に大きく差が出てしまいます。

もともと本体の保存領域が少なくても外付けHDDやSDカードなどで補うことができるので快適な動作を実現するならSSD搭載のノートパソコンをなるべく選ぶようにしましょう。

とはいえ5万円台ではなかなかSSDを搭載したノートパソコンを探すのに苦労はしますが、ここではSSD搭載のノートパソコンをなるべく厳選しています。

④Office(オフィス)はこの価格帯では厳しい

5万円台のOfficeを搭載しているノートパソコンを探すのはなかなか大変ですが、Officeが搭載していたとしてもスペック部分が犠牲になることが大半であり、できればあまり期待しないほうが良いです。

ただしMicrosoftが提供している「Office Online」を利用すれば無料でOfficeを使うことができます。
参考 Office Online を入手 - Microsoft Store ja-JPMicrosoft Store

もちろんエクセル・ワード・パワーポイントなどが使えます。ただしインターネットに接続した状態で利用するOfficeのため注意が必要です。

それ以外ではGoogleアカウントで提供しているスプレッドシートもおすすめです。

現在では後付で無料で使えるOfficeを使うことでも全然応用できるので価格とのバランスを考えればスペックが犠牲になることが多いためOfficeありに拘る必要はないと思います。

⑤ゲーミングモデルはこの価格帯では無理

もしも5万円台のノートパソコンで高グラフィックが動くゲーミングモデルを探しているなら確実に後悔します。

グラフィック機能を要さないゲームなら問題ありませんが、今話題のSteamなどの本格的ゲームを動かせるスペックを求めるならまずこの5万円台でのパソコンでは不可能です。

ゲームを動かすためのグラフィックボード(内部部品)だけでも数万円するためそれを搭載するノートパソコンは最低でも10万円ほどの値段になります。

ゲームを動かすためのノートパソコンは以下を参考にしてみてください。

5万円台のノートパソコン情報は随時更新します

ノートパソコンは常に春モデル、夏モデル、秋モデル、冬モデルなどシーズンによって更新されます。

理由としては特に内部部品となるCPU(インテルやAMDなど)が刷新されて新しい部品が発売されるからです。

またメーカー側はその部品を新しく組み込んだ新しい本体側を制作しますので毎シーズンこれは繰り返し刷新されます。

その都度こちらの記事もチェックを行い更新を行っていきます。

値段毎や用途に合わせたおすすめのノートパソコンを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。