AirDropをMacで使う準備・設定と名前の変更を行う方法

アップル製品であればネット通信を介さずBluetoothでやり取りができる便利なAirdropのMacbookなどのパソコンでの設定方法を解説します。

MacでAirDropを使うための準備

AirDrophはBluetooth通信を行うので前提としてBluetoothはONにしておく必要があります。

①「Bluetooth」をオンにする

「システム環境設定」>「Bluetooth」>「Bluetoothをオンにする」に設定しておきます。

②AirDrop上で表示される「名前」を決めておく

AirDropで共有する際に「全員」に設定をしておくと知らない相手にも名前が表示されることとなるため、ニックネームや任意の名前で表示されるように変更しておいたほうが良いです。

特にAirDropで表示される名前については本名でフルネームに設定している方も多数いるため、このセキュリティ上、変更をしておいたほうが良いです。
「システム環境設定」>「共有」>「コンピュータ名:」で任意の名前に変更できます。
もちろんこういった絵文字などを使ったユニークな名前にしておくとプライベートの名前を晒すこともないですし、ちょっとしたネタとして取引先と盛り上がることもあるかもしれません。

③AirDropで通信可能な「範囲」を設定

「Finder(ファインダー)」>「AirDropDrop」>「このMacを検出可能な相手:」をクリック>「連絡先のみ」もしくは「全員」を選択します。

もしも同じアカウントで利用している自分のiPhoneや連絡先に登録されている友達なら「連絡先のみ」で良いですが、仕事の打ち合わせやお互い連絡先を登録していないMac同士の場合は一時的に「全員」に設定する必要があります。

MacからAirDropで共有する

MacからAirDropを使って共有するにはそのアプリケーションによって方法は異なります。

Safariのブラウザの場合は右上にある「送る(共有)マーク」>「AirDrop」を選択することでAriDropの画面が開きます。
AirDropの画面が開き、送信したい相手の名前が表示されたらクリックして送信を行います。

↑この共有ボタンがあれば基本的に操作はすべて同じです。

共有ボタンがないファイルなどは基本は右クリック操作

もしも共有ボタンがないファイルなどはカーソルを合わせて右クリック操作を行います。※Macでは副ボタン操作ともいいトラックパッドの場合は2本指などでタップします。

右クリック(副ボタン操作)を行うと「共有」という項目を選択し「AirDrop」をクリックします。これで同じように共有することができるようになります。

AirDrop共有をMacで受け入れる

AirDropにて相手側から共有される場合にはMac画面の右上に通知が表示されます。

その通知に「辞退」もしくは「受け入れる」が表示され、受け入れるを選択すればWebサイト情報などはその時点でページを開くようになります。

また写真などのファイルデータであれば受け入れ時に「写真で開く」「ダウンロードに保存」のどちらかを選択できます。

Mac側ではデフォルトのローカル保存先は「ダウンロード」となっているので「Fainder」>「ダウンロード」で該当のファイルを確認することができます。

MacによるAirdropまとめ

AirDropの良いのはBluetoothを使用したローカル通信(Web情報などはネット必須)でのやり取りが行えるため、外出先でWiFiなどのネットワークを確保できない場合でもファイルのやり取りができるのがメリットです。

うまく使いこなせばかなり役立つ機能ですが「すべての人」に設定している場合はAirDrop共有を終えたあとに「連絡先のみ」に変更しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA