iPhoneのAirDrop(エアドロップ)のアプリごとの使い方や写真の送り方

iPhoneのAirDrop(エアドロップ)の使い方や写真の送り方

iPhone同士の写真や情報のやり取りとて便利なAirDropの使い方をアプリごとでまとめています。

AirDropの良いポイント

  • Bluetoothなので送受信のパケットデータを消費しない
  • 共有できる対応アプリが多い
  • SNSやウェブならわざわざ検索させる必要がない

こういった良い点があるためAirDropはどんどん活用してみると良いです。

AirDropを使った写真の送り方

基本的に多いAirDropで写真を共有する場合は以下の流れで行います。

STEP.1
送りたい写真を表示

送信したい写真を表示させ左下にある「送信(共有)マーク」をタップします。

STEP.2
AirDrop項目が表示される

するとAirDropという項目がありますが、ここで友達が受信設定にしていればiPhoneの名前もしくは機種名が表示されます。

もしもAirDropに何も表示されない場合は一度その画面をタップしましょう。

STEP.3
写真を送りたい友達のiPhoneをタップする

AirDrop項目に友達のiPhoneが表示されたらそちらをタップしてください。

ちなみに受け取り側の友達のiPhoneには【○○が1枚の写真を共有しようとしています】と表示されます。

ここで相手側が「受け入れる」をタップすれば写真送信が完了します。AirDropにて共有された写真は相手側の写真フォルダに追加されます。

STEP.4
AirDropにて送信済みと表示される

相手に写真が無事送信できれば「送信済み」と表示されます。

もしも相手側が受け取りを拒否(辞退)した場合はこのように「辞退」と表示されるようになっています。

各アプリのページや情報をAirDropで共有する方法

基本的にiPhoneの機能となっているため、iPhone同士が前提となりますが、今開いてるウェブページやSNSのページ、メモなどを共有することができます。

それぞれ操作方法が若干ながら異なるので一つ一つ解説していきます。

Instagramの写真をAirDropで共有

STEP.1
共有したいインスタページの右上の「・・・」をタップ

STEP.2
「他のアプリでシェア」をタップ

STEP.3
AirDropで送信したい相手を選択

YouTubeの動画をAirDropで共有

STEP.1
該当の動画を表示させ「共有」をタップ

STEP.2
右へスライドし端にある「その他」をタップ

STEP.3
AirDropで送信したい相手を選択

Twitterの投稿をAirDropで共有

STEP.1
該当のツイートを表示中に「共有マーク」をタップ

STEP.2
「その他の方法でツイートを共有」をタップ

STEP.3
AirDropで送信したい相手を選択

safariのウェブページをAirDropで共有

STEP.1
共有したいsafariのウェブページを表示させ「共有マーク」をタップ

STEP.2
タップしてAirDropで共有項目の中から共有したいiPhoneを選択

メモをAirDropで共有(※iPhone純正メモアプリ)

STEP.1
共有したいメモを表示させ右上の「共有マーク」をタップ

STEP.2
タップしてAirDropで共有項目の中から共有したい相手を選択

メモの場合は相手のメモアプリに共有したメモがそのまま1つ作成されて残ります。また、メモは作成済みでも作成中でもどちらの内容でも共有が可能です。

Google ChromeのウェブページをAirDropで共有

STEP.1
アドレスバー内の右にある「共有マーク」をタップ

STEP.2
AirDrop内の中から送信したい相手を選択

写真の送受信はパケット通信量がかからない

特に写真を普段から多く撮影し友達と共有している方は友達にLINEで写真を送るよりもそばにいるならAirDropを活用すべきです。

相手がiPhoneでなおかつ近くにいるのであれば写真フォルダにあるデータ送受信する工程においてAirDropはパケットデータは消費しません。

またSNSや調べている情報などを、目の前にいる友人と同じページを共有するのも非常に楽です。

特にウェブのページなどはお互いに旅行や食事する場所などの情報を個別のスマホで色々調べている際には非常に活躍するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA