アップルウォッチでApple Payを利用するためのWallet設定

Apple Watch(アップルウォッチ)でApple Payを利用するための設定の流れを解説。

その前に事前にiPhone側にApple Payの利用設定を行っておくと楽です。

Apple WatchでApple Payを設定する

すでにiPhoneのApple Payに登録しているクレジットカードなどをApple Watchで利用するなら、いちからすべて登録しなくても良いのですが、セキュリティーコードなどは入力で必要になるため予め用意しておいてください。

STEP.1
iPhoneの「Watch」アプリを開く

STEP.2
Watchアプリを開いたら「WalletとApplePay」をタップ

STEP.3
カードを追加をタップ

次の画面では「次へ」をタップして進んでください。

STEP.4
カードの種類を選ぶ

ApplePayに追加するカードの種類を選択します。ここではクレジット/プリペイドカードを選択しています。

STEP.5
追加したいカードを選択して「続ける」をタップ

すでにiPhoneで登録しているクレジットカードやプリペイドカードが表示されているので追加したいカードにチェックを入れて「続ける」をタップします。

STEP.6
セキュリティコードを入力して「次へ」をタップ

クレジットカードもしくはデビットカードの背面に記載されているセキュリティコードを入力して次へをタップしてください。

STEP.7
利用規約を確認し「同意する」をタップする

STEP.5
カードが追加されたら完了

「お使いのカードがApple WatchのWalletに追加されました」と表示され

QUICPayもしくはidっと表示されるので次へをタップします。

クレジットカードの種類によってQUICPay、idのいずれかに分類されます。

これでApple WatchのWalletにクレジットカードが完了しApple Payを利用することができます。

追加する前に複数のカードにチェックを入れていた場合は続けてカードの登録ができるようになりますが、それ以外のカードが必要なければ「Walletにこのカードをあとで追加」をタップします。

メインカードを決める

もしもApple Watchに複数のカードを登録している場合はメインカードを決めておいたほうが良いです。

STEP.1
メインカードを指定する

「マイウォッチホーム画面」>「WalletとApple Pay」>「メインカード」をタップします。

STEP.2
メインにしたいカードを選ぶ

ここでメインにしたいカードにチェックを入れます。

これでApple WatchでWalletアプリを起動する際にはメインカードが最初に起動します。

※交通系のSuica(スイカ)などであればメインにしてくことでApple Payを立ち上げずにかざすだけで決済を行うことができます。

決済時にはQUICPayもしくはIDと伝える

先のどの登録したカードを使ってApple Payで決済するにはカード登録時に表示された「QUICPay(クイックペイ)」もしくは「id(アイディー)」でとコンビニなどで伝えてください。

またWalletを起動するにはサイドボタンを2回すばやく押します。

するとWalletが立ち上がりメインカードが最初に表示されます。このままかざして決済ができます。

また複数のカードがある場合は、左へスワイプすることで決済するカードを切り替えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA