スマホが安くなるauひかりの「スマートバリュー」の適用条件を深掘り

スマホが安くなるauひかりの「スマートバリュー」の適用条件を深掘り

auスマホ契約者が光回線の「auひかり」とセットで割引し、毎月の月額料金を安くできる「auスマートバリュー」。

この適用条件がどのようなユーザーなのか?また対象にならない人はどんな属性なのかを徹底的に深掘りして解説していきます。

auスマートバリューの概要

auスマートバリューの概要

auスマートバリューは「auひかりを含む対象の固定回線」+「au携帯(スマホ)」のプランを契約していればセット割りが適用されて毎月500円〜最大1,000円の毎月の割引が行われる独自の割引サービスです。

 一人暮らしでauスマホ利用中の例
auひかり
月額4,300円
固定電話
月額500円
(マンションタイプ)
スマートバリューでauスマホの請求から毎月-1,000円割引
auスマホ
月額6,000円
(auフラットプラン20N)
合計、毎月10,800円割引適用後、毎月9,800円
このようにauスマートバリューの条件を満たしているのであれば毎月の割引が適用されます。

しかも2年間だけの期間限定というわけでなく、契約中は永年の割引になりますので対象者であれば入っておくべきサービスに間違いありません。※プランによっては3年目から減額があります。

※もちろんこのauスマートバリューの加入における費用や月額などは一切発生しません。

auスマートバリューの適用条件

ではこのauスマートバリューが利用できる適用条件できる条件についてしっかりとまとめてみました。

①光回線・固定回線・対象の固定回線サービスの「ネットと電話」に加入している方
②au携帯・対象のデータ(パケット)定額サービスの料金プランに加入の方
③契約情報・2つの対象回線が「同一契約住所」 であること

この3つが揃っていることが必須条件となり、この条件を満たしていればauスマートバリューを適用することができます。

ではこの3つの適用条件をもっと細かくチェックしていきます。

①対象の光回線や固定回線サービス

まず①の対象の固定回線サービスは以下の通りとなります。

auスマートバリュー対象の固定回線や光回線

【光インターネット】
対象の光回線・固定回線サービス
auひかり・auひかりちゅら・ビッグローブ光・コミュファ光・eo光・Pikara・MegaEGG・ビビック・ひかりJ・エディオンネット・so-net光・@Tcomひかり・@nifty光
【ケーブルテレビ】
北海道エリアJ:COM・ポテト旭川ケーブルテレビ・帯広シティーケーブル・苫小牧ケーブルテレビ・NCV函館センター
東北エリアJ:COM・HTV八戸テレビ放送・花巻ケーブルテレビ・一関ケーブルネットワーク・秋田ケーブルテレビ・大館ケーブルテレビ・NCV米沢センター・NCV福島センター・CAT/Vキャットヴィ・マリネット・大崎ケーブルテレビ・ACT青森ケーブルテレビ・
関東エリアJ:OCM・ケーブルテレビ株式会社・ACCS・JWAY・宇都宮ケーブルテレビ・鹿沼ケーブルテレビ・佐野ケーブルテレビ・テレビ小山放送・わたらせテレビ・NCT・新潟センター・KTV・NNS日本ネットワークサービス・JCV上越ケーブルビジョン・狭東CATV
首都圏エリアJ:COM・入間ケーブルテレビ・さやまケーブルテレビ・東松山ケーブルテレビ・ゆず屋ケーブルテレビ・ケーブルテレビウインク・いちはらケーブルテレビ・イースト・コミュニケーションズ・ケーブルネット296・らーばんねっと・桃子テレビ放送・iTSCOM・東京ケーブルネットワーク・多摩ケーブルネットワーク・多摩テレビ・東京ベイネットワーク株式会社・としまテレビ・瑞穂ケーブルテレビ・ケーブルテレビ品川・AIC・湘南ケーブルネットワーク・大井松田ケーブルテレビ局・YOIJTV・横浜ケーブルビジョン・飯能日高テレビ・本庄ケーブルテレビ
中部エリアCCNet・アイ・シー・シー・クローバTV・ster cat・グリーンシティケーブルテレビ・知多メディアスネットワーク・知多半島ケーブルネットワーク・CAC・ひまわりネットワーク・キャッチネットワーク・三河湾ネットワーク・ミクスネットワーク・豊橋ケーブルネットワーク・おりべネットワーク・シーシーエヌ株式会社・ケーブルテレビ可児・大垣ケーブルテレビ・シー・ティー・ワイ・ケーブルネット鈴鹿・株式会社ZTV・ads・松阪ケーブルテレビ・伊賀上野ケーブルテレビ・TOKAIケーブルネットワーク・トコちゃんねる静岡・伊豆急ケーブルネットワーク・ウィンディ浜松・LCV・長野ケーブルテレビ・エコーシティー駒ヶ岳・テレビ松本・ごもろ・Goolight・伊那ケーブルテレビジョン・あづみ野テレビ・御前崎ケーブルテレビ・UCV・mTV
北陸エリアいみずケーブルネットワーク・ケーブルテレビ富山・高岡ケーブルネットワーク・となみ衛星通信テレビ・NICETV・あさがおテレビ・加賀ケーブル・金沢ケーブル・tvk光・さかいケーブルテレビ・丹南ケーブルテレビ・福井ケーブルテレビ・嶺南ケーブルネットワーク・能越ケーブルネット
関西エリアJ:COM・あいコムこうか・東近江スマイルネット・KCN京都・RCV京都・テレビ岸和田・Baycom・明石ケーブルテレビ・BAN-BAN NETWORKS・姫路ケーブルテレビ・KCN・こまどりケーブル・ZTV
中国エリアJ:COM・中海テレビ放送・日本海ケーブルネットワーク・出雲ケーブルビジョン・iCV・Oniビジョン・ゆめネット笠岡放送・KCT倉敷ケーブルテレビ・玉島テレビ放送・ちゅぴCOMおのみち・ちゅぴCOMひろしま・ちゅぴCOMふれあい・Cable joy・アイ・キャン・Kビジョン・シティーケーブル周南・PiOnet・テレビ津山・C-able
四国エリア香川テレビ放送・CSMOS network・今治CATV
九州エリアJ:COM・ケーブルステーション福岡・TVSテレビ佐世保・くーみんテレビ・はっぴとすビジョン・アイテレビ・Calbe One・ぶんぶんテレビ・鹿島ケーブルテレビ・いれぶんテレビ・はがくんテレビ・諫早ケーブルメディア・おおむらケーブルテレビ・長崎ケーブルメディア・ひまわりてれび・CTBメディア・waiwaiケーブルメディアワイワイ・BTV株式会社・MCN宮崎ケーブルテレビ・皇徳寺ケーブルテレビ・MCT南九州ケーブルテレビネット・ひこいちテレビ・沖縄ケーブルネットワーク
こうみると以外にもauひかり以外にも対象の固定回線があるんですね?
そうです(^^) auひかりではないJ:COMなどのケーブルテレビでも、上記の該当する固定回線の契約であれば割引を適用することができます。

特にこれからauひかりを検討していてもしもauひかりが提供不可でフレッツ光回線系列でなければインターネットを導入できないマンションや戸建てタイプの方はビッグローブ光もおすすめできます。

②対象となるau携帯電話(スマホ)の定額・料金プラン

料金プラン毎でauスマートバリューの割引適用額が異なります。

auスマートフォンプラン

プラン割引額
新auピタットプランN
〜7GBまで
(1GBは対象外)
500円
auピタットプランN
2GB超え〜20GBまで
1,000円
auフラットプラン20/30
auフラットプラン7プラスN
auフラットプラン25 Netflixパック
auデータMAXプラン Pro
auデータMAXプラン Netflixパック
データ定額1934円
3年目以降500円)
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(2Gケータイ・データ付)
シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラットcp
934円
U18データ定額201,410円
データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット
データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル
1410円
3年目以降934円)
データ定額30
データ定額10/13
2,000円
3年目以降934円)

ケータイ(4GLTE)

プラン割引額
データ定額1(ケータイ)934円
3年目以降500円)
データ定額2/3(ケータイ)934円
データ定額5(ケータイ)
データ定額8(ケータイ)
1,410円
(3年目以降934円)
データ定額10/13(ケータイ)2,000円
3年目以降934円)

ケータイ(3G)

プラン割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付)934円

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

プラン割引額
タブレットプラン20
LTEダブル定額 for Tab
Tab(i)ゼロスタート定額
1,000円
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for Tab DATA(m)
1,410円
3年目以降934円)
ガラケーであっても対象プランならスマートバリュー適用対象ってことになるんですね?
そうです。スマホやタブレットだけではなくガラケーも対象プランであればその割引額が適用されるということになります。

③2つの対象回線が「同一契約住所」

auスマートバリューは固定回線が一戸建て、そして対象auの契約(家族)が全て同一住所での契約であれば全員が割引対象となります。

※ただし例外があり同一住所ではない50歳以上のご家族の場合は契約住所が異なっていても割引が適用されます。

例えばauひかりは実家で家族が契約していて、一人暮らしの私はauスマホであっても対象外ってことですか?
あくまでもそのauスマホを契約している住所が同じ実家であれば問題ありません。一人暮らししてから新しい住所でauスマホを契約している場合は対象外となります。

【注意】固定回線の契約は電話契約も必須

このスマートバリューを適用するために注意しなければならないのは【固定回線】【au携帯電話】の2回線となっていますが、固定回線は電話契約も必須になります。

このスマートバリューの図をちゃんと見るとわかりますが、【ネットと電話となっているのが分かるかと思います。

え、自宅の固定電話は必須なんですか??
そうなんです。携帯電話があるこのご時世で自宅の固定電話を契約する必要がないという場合でも最低でも月500円の電話の基本プランの契約は必須になります。
なるほど〜。これは悩みますね・・
ただ月額500円の固定電話を契約してもほとんどのauスマホプランでは500円を上回る割引が毎月適用されるので結果的には電話契約してスマートバリューを使ったほうがトータルで安くなるんですよ。
確かに!そう言われてみるとそうですね( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン うまくできてますね笑

auスマートバリューの申込みの流れ

auスマートバリューは「WEB申込み」「auショップ申込み」「電話申込」などからいくつかの窓口で手続きを行うことができます。

申込みに必要なものは??

スマートバリューの手続きにそれぞれの窓口での手続きにあたり必要な情報や書類が異なります。

WEBでの申込みに必要なもの

  1. auサポートIDとパスワード

※auサポートIDとパスワードはau契約時に作成したIDとパスワードですが、もしも不明であれば新規登録にて作成することができます。

auショップでの申込みに必要なもの

  1. 印鑑(契約者利用のもの)
  2. 本人確認書類(免許証・パスポート等)
  3. 契約中のau携帯電話
  4. 家族関係の証書書類(家族証明のため)

基本的にこの4つが必要になります。(※契約者本人のみであれば④は必要なし)

また本人確認書類の住民票や戸籍謄本などは原則として原本が必要になります。また3ヶ月以内の発行原本になります。

電話申込み

電話で申込みできるauスマートバリューはau携帯電話は4回線までのようです。また「同一性・同一住所」「異性・同一住所・家族割加入」の場合のみ電話での手続きが可能です。

auスマートバリューは活用すべき

auスマートバリューは色々な条件がありますが、「対象となる回線(自宅のネット)」「auのスマホ」を利用していたらほとんどの人が対象となる可能性が高いです。

そこに「電話契約を追加」や「同一住所」というちょっとした要素で利用できるならこういった割引はジャンジャン活用していきましょう。

auひかりをこれから検討している方は下記のキャンペーンがおすすめです。

auひかりが難しい地域やマンションの場合は同じ用に割引が適用されるビッグローブ光がおすすめです。

その他の光回線のや各契約スマホ別による総合比較は以下で紹介しています。

スマホの契約に合わせた光回線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA