MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

docomoから新ブランド「ahamo」が発表詳しくはこちら

2021年の利用者が選ぶ格安SIMのおすすめはこの8社

2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。当サイトでは現在税抜き価格表示の記事内容を順次【税込表示】を行うよう切替え作業を行っていますが、紹介サービス元や当サイトの記事内容が総額表示に切り替わっていない場合もありますので、予めご了承ください。

格安SIMを使う人が非常に多くなってきていますが、実際に調べてみると取り扱いを行っている業者は数百社もあるという事実。

家電量販店のSIMサービスもありますし聞いたことがないような企業が扱っている場合もあります。ただしこれからの格安SIMサービスの中からおすすめできる業者はたったの8社です。

ネトセツ

アンケートを取った結果やはり生活費の中で確実に節約したい固定費として「スマホ代、通信費」は外せないポイントとなっています。

実際に私は現在、複数の格安SIMプランを契約しています。その際にしっかり下調べをした上で確実に節約ができて「乗り換えてよかったと思えるおすすめできる格安SIM」を限定して解説していきます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

絶対的おすすめの格安SIMはこの7社

格安SIMを扱っているプロバイダは本当に多くありますし、いろんなブログやサイトを見ておすすめされている格安SIMサービスは山程あるのですが、申し込んで間違いないと断言できるのは以下の7社です。

おすすめの格安SIM業者 特徴
BIGLOBEモバイル
KDDIの子会社となる老舗のプロバイダ
YouTubeなどの動画見放題、ミュジックアプリが聴き放題の「エンタメフリー・オプション」がある
LINEモバイル
LINE株式会社が運営する格安SIMサービス
LINE通話やトークし放題で低価格プランやSNS通信が制限なく利用できる
マイネオ
関西電力グループ「ケイ・オプティコム」が運営
ドコモ、au、ソフトバンクどの通信プランも選べサービスの顧客満足度が高い
イオンモバイル
大手イオングループの格安SIM
窓口が少ないと言われている格安SIM業者の中でも全国のイオン店舗内で有人サポートもあり、選べるプランも豊富。
ワイモバイル
Softbankのサブブランド
3つのシンプルな10分の無料通話付きのコミコミプラン
IIJ mio
株式会社インターネットイニシアティブが提供
取り扱いのある格安スマホの数も圧倒的に多く音声付き通話プランの割引が非常にお得
UQモバイル
auのサブブランド
auのサブブランドとして高品質のLTE通信が可能な格安版
ネトセツ

この7つの企業が多くの格安SIMサービス業者の中でも断トツでサービス内容やサポートに優れており正直言ってこの8つから絞って選択してよいと思います。

厳選した格安SIM業者の料金プランを比較

それではこの中で厳選した格安SIMサービスのそれぞれの料金を「データ通信量」「SMSタイプ」「音声通話」タイプなどでそれぞれ比較しました。

→横スクロールで以下の料金表を比較チェックできます。またそのGB数に応じて一番安い料金はマーカー表示されています。

データ量ごとの料金LINEモバイルマイネオワイモバイルイオンモバイルアイアイジェイミオUQモバイル
200MB980円※1
(60最以上限定)
500MB600円
1,100円※1
700円
1,310円※1
1,130円※1
1GB
980円
480円
1,280円※1
480円
1,180円※1
2GB780円1,380円※1
3GB900円
1,600円※1
980円
1,480円※1
900円
1,510円※1
2,680円※1 ※2680円
1280円※1

(60最以上限定)
900円
1,600円※1
1,980円※1
4GB980円
1,580円※1
5GB
6GB1,450円
2,150円※1
1,700円
2,200円※1
1,480円
1,980円※1
1,520円
2,220円※1
7GB
8GB1,980円
2,680円※1
9GB
10GB2,520円
3,130円※1
3,680円※1 ※22,980円※1
11GB
12GB2,700円
3,400円※1
2,700円
3,200円※1
2,380円
2,980円※1
2,560円
3,260円※1
13GB
14GB4,680円
※1 ※2
2,980円
3,580円※1
20GB4,500円
5,200円※1
3,980円
4,590円※1
3,280円
3,980円※1
30GB6,750円
7,450円※1
5,900円
6,510円※1
4,280円
4,980円※1
40GB5,480円
5,980円※1
50GB6,480円
6,980円※1

※1 は音声プランです。
※2 のワイモバイルのプランは1回10分までの通話し放題もコミコミです。
※ データSIMのみのデータ量毎で黄色マーカー表示されているのはそのデータ量での最安料金です。

※ 音声SIMのデータ量毎で青色マーカー表示されているのはそのデータ量での最安値料金です。
※ 各au、ドコモ、Softbankのエリア別のプランがある場合は最安のプランを掲載しています。
※ イオンモバイルは60歳以上のやさしいプランSもあるため注意
※ 各通信事業者の期間限定の割引キャンペーンは省いています。

単純に料金を比較するとデータ量によって料金に若干の差があります。

ネトセツ

ただしこれ以外にも格安SIM業者によってオプションサービスや各アプリが使い放題になるのでそれをこれから解説します。

①動画・音楽使い放題の「BIGLOBEモバイル」

BIGLOBEモバイルは1GBからのデータSIM+通話プランで利用でき、エンタメフリー・オプションというYouTube見放題、Musicアプリ聴き放題というヘビーに音楽や動画を視聴する人には一番おすすめできる格安SIMプランです。

実施中のキャンペーン
  • 初期費用が無料
  • エンタメフリー・オプションが半年間無料
  • スマホセットで最大16,000円相当の還元
利用できる回線ドコモ/au
BIGLOBEモバイルの特徴
  • エンタメフリー・オプションでYouTubeやAbemaTVなどの動画アプリが見放題
  • エンタメフリー・オプションでAppleMusicやAmazonMusicなどの音楽が聴き放題

BIGLOBEモバイルの料金プラン

BIGLOBEモバイルの料金プラン

3ギガから大容量の30ギガまでのデータパケットプランを選択することができます。

ネトセツ

外でもどこでもYouTubeなどの動画を見まくる方やMusicアプリ(Apple、Amazon、GooglePlay、Spotify)などをメインで使う方ならエンタメフリー・オプションに加入してデータパケットは抑えたプランを選択しても良いと思います。

動画見放題・音楽聞き放題

BIGLOBEモバイルの最大のメリットとなるのがYouTubeやAbemaTV、アップルミュージックやAmazonMusicなどを視聴する際にかかる通信量が一切カウントされないエンタメフリー・オプションです。

データSIMのみの契約なら980円、音声通話SIMなら480円のオプション料金がかかりますが、YouTubeや音楽好きはそれを払ってでも利用する価値があると思います。※またこのオプション料金はキャンペーンで6ヶ月無料です。

iPhoneやAndroidのスマホだけではなく、iPadなどのタブレットを利用している方にもエンタメ利用としてはかなりおすすめできます。エンタメフリー・オプションの恩恵で毎月20GB、30GBなどの大容量パケットプランに加入する必要がなくなります。

現在このエンタメフリーオプションが音声SIM申込者限定で最大6ヶ月無料実施中です。

②SNS使い放題の「LINEモバイル」

CMでも話題となっていた「LINEモバイル」。LINEのビデオ通話やTwitterやインスタなどのSNSが使い放題になるプランが熱いです。

実施中のキャンペーン
  • スマホ基本ワンコイン(500円)
  • シークレット特典で最大5,000円相当の還元
利用できる回線ドコモ/au/ソフトバンク
LINEモバイルの特徴
  • 600円〜でデータSIMプランでLINE使い放題
  • SNSデータフリーやSNS音楽データフリーで使い放題を追加できる
  • いつでも電話アプリで30秒/10円の通話が可能

LINEをメイン使っている方が多い中、これだけ良い条件で利用できる格安SIMはありませんが、2021年の3月からスタートするソフトバンクの「LINEMO」によってLINEモバイルの新規受付は終了します。

ネトセツ

契約者においては継続してサービスを続けるようなので、データ少なめ&LINE使い放題の都合がいいこのLINEモバイルを使いたいなら今がチャンスです。

\ WEB限定のお得なキャンペーン /

LINEモバイルの料金プラン

月額600円(500MB)の通話なしのSIMプランで契約するだけでLINEのトーク、通話、ビデオ通話が通信を使い放題になる人気の「LINEフリープラン」。

ネトセツ

LINEアカウントをサブで持ちたい方や子供とのLINEのやり取りのみとして持たせる方にはおすすめできるコスパが良いプランです。

また480円/月のオプション料を追加するだけで適用される「SNS音楽データフリー」ではTwitter、Facebook、Instagram、LINE、LINE MUSICがデータにカウントされず使い放題で利用できるようになります。

ネトセツ

SNSの利用が特に多い方にはデータ量を消費しないのでとっておきのプランとなるでしょう。

\ WEB限定のお得なキャンペーン /

③満足度1位のコミュニティ「mineo(マイネオ)」

オリコン顧客満足度ランキングで1位を獲得している格安SIMの中でもサービス・通信環境・サポートにおいて安心度の高いマイネオ。

実施中のキャンペーン
  • 500kpbsで使い放題の音声SIMが6ヶ月980円
  • データSIMのみのパケット放題が7ヶ月80円引き
利用できる回線ドコモ/au/Softbank
マイネオの特徴
  • au/ドコモ/ソフトバンクの3回線から選べる
  • 余ったデータパケットを家族以外でも分け合える
  • 利用者の顧客満足度が毎年1位の実績
  • マイネオのコミュニティやサポートが充実している

マイネオの料金プラン

マイネオは一番安くて700円からデータプランを使うことができます。最大30GBまでのデータプランでも大手キャリアよりも安く使うことができます。

マイネオの料金表
ネトセツ

また家族だけではなく友人からもパケットギフトを貰えるので、普段あまりデータを使わない人は最低プランを利用して余ったパケットをもらったり作戦というのもありです。

パケットギフト

実際に利用していると「ギフト可能容量」というのが表示されます。ここから任意のデータ量を自分で入力しパケットギフトを発行することで相手にそのギフトコードを送ることができます。

またmineoユーザーが利用できる「マイネ王」というコミュニティサイトがあり、そこでフリータンクに余ったパケットをユーザーが自由に入れることができ、そこからデータ量が少ないユーザーがパケットを引き出すという画期的なサービスもあります。

マイネオのフリータンク
ネトセツ

家族だけでなく友達にもパケットを送ることができ、コミュニティにもいざとなった時に助けてもらえるのはコミュニケーションの一つのツールとして非常に素晴らしい機能なのも人気の秘密なのでしょう。

\ キャンペーン実施中 /

④10分の無料通話コミコミプラン「Y!mobile(ワイモバイル)」

ユニークなCMで聴いたことがある人が多いソフトバンクが運営するもう一つのサブブランドとなる「ワイモバイル」。10分かけ放題の通話コミコミでパケットデータ数に応じて金額が異なるシンプルプランです。

実施中のキャンペーン
  • S、M、Rそれぞれのパケットデータ増量+6ヶ月700円割引
  • PayPayボーナスプレゼント実施中
  • スマホのタイムセール割引
利用できる回線ソフトバンク
ワイモバイルの特徴
  • 3GB、9GB、14GBの3つのシンプルなプランから選べる
  • 1年間パケットデータの増額中
  • 通信品質が格安SIMの中では飛び抜けて良い

Ymobile(ワイモバイル)の料金プラン

スマホプランがS、M、Lという3つのプランから選ぶ事になり他の格安SIM業者と比較すると非常にスッキリしています。

注意しなければいけないのがこのプランごとで大きく書かれている料金は「おうち割光セット(A)」を適用した場合の料金となり実際にはソフトバンク光などの自宅のネット回線をセットにした場合の料金表示になるので注意が必要です。

ネトセツ

ということは一人暮らしで自宅にソフトバンク系列のネット回線を引かない方は、スマホプランSで月額1,980円〜(半年)になるということです。

ただし一人契約でも1,980円〜で使えるということであれば少なからずともソフトバンクよりも安い月額料金なのは間違いありません。

\ PayPayボーナス実施中 /

⑤豊富なプランと店舗が多い「イオンモバイル」

イオンモバイル

全国にグループ店舗を展開しているイオンが提供する非常に細かくデータプランが豊富なイオンモバイル。

実施中のキャンペーン
  • 他社乗り換えor新規でWAONポイントプレゼント
  • 新品スマホの割引セール
  • WEBからauSIMカード申し込みで手数料1円
  • 友達紹介で1GBクーポン+WAONポイントプレゼント

※WAONポイントはイオン、マックスバリュー、ダイエーなどイオングループでの買い物に使えるポイントです。

利用できる回線ドコモ/au
イオンモバイルの特徴
  • 10分のかけ放題プランあり
  • 全国のイオン店舗でも契約可能
  • シェア音声プランあり
  • データ毎のプランが豊富
  • 60歳以上のシニア向けプランあり

イオンモバイルの料金プラン

データ量によるプランは他の格安SIMプロバイダと比べても非常に多く他では行っていない「2GB」や「4GB」のパケットプランなど細かくプランを選択することができます。

ネトセツ

特に20GB〜50GBまでの大容量のデータパケットプランなら他社と比較しても最安値で利用できるため、多くのプランを使う方やシェアプランをなるべく安く使いたい方にはおすすめできます。

10分電話かけ放題

イオンモバイルではどのプランに対しても+850円で10分の電話かけ放題オプションをつけることができます。また他のキャリア問わずです。

従来では格安SIMサービスではIP電話のみでしたが通常の電話番号を使ってかけ放題ができます。

プランの豊富さもそうですが、やはりイオンモバイルは店舗申込みができるのが最大のメリット。店員さんのサポートやアドバイスを受けながら契約プランを選ぶことを今まで行ってた方には全国展開しているイオンでなければできないことです。

\ WEB限定の特典も豊富 /

⑥販売スマホが最多の「IIJmio」

IIJmio

シンプルな料金プランながら容量増量や料金割引のキャンペーンを常に行っているIIJmio。

キャプション
  • 初期費用が1円のeSIMキャンペーン
  • 月額割引&キャッシュバックキャンペーン
  • スマホが最大86%割引キャンペーン
利用できる回線ドコモ/au
IIJ mioの特徴
  • 販売スマホの取り扱いがNO.1
  • ドコモとauプラン同士でもシェアが可能
  • 格安SIMでeSIMに対応

IIJmioの料金プラン

料金は3GB、6GB、12GBの3つのデータパケットのシンプルなプランから成り立っており、音声通話付きSIM(みおふぉん)なら通話料が50%OFFになるなどの独自の割引特典があります。

ネトセツ

また期間限定でデータパケットの増量などもあり特に家族でシェアするにはおすすめできます。

そしてとにかくIIJmioでは取り扱いのスマホが非常に豊富です。他社での取り扱いは多くて10台ほどのセット販売ですが、40台〜50台ほどの最新機種からルーターやWi-Fi専用機器など多数の取り扱いがあります。

またスマホセットでの申込みでギフト券をプレゼントするスマホ端末キャンペーンも実施しているので家族用のスマホや2台目のサブスマホとして検討するのもありです。

au、ドコモ同士でもシェアが可能

通常の格安SIMプロバイダならA(auプラン)ならauプラン同士、D(ドコモプラン)ならドコモ同士でなければシェアができなかったのですが、IIJmioならAでもDでもタイプが異なっていても家族同士のデータパケットのシェアが可能になります。

ネトセツ

地方などでドコモ通信が都合が良い方やauが都合が良いなど家族間でも異なる回線を使っていてもシェアができるのは非常に嬉しいポイントです。

\ eSIMプランはiPhone 12でも動作OK /

⑦通信品質が高い「UQモバイル」

3姉妹のCMやWiMAXサービスでも有名なUQコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス。通信速度や繋がりやすさではオリコンランキングでも常に1位を獲得している格安SIMの中でも通信品質が高いと有名です。

実施中のキャンペーン
  • 18歳以下の学生割引
  • データ増量キャンペーン
利用できる回線au
UQモバイルの特徴
  • 通信品質がNO.1
  • 3つのシンプルプラン+通話オプション
  • 通話プランは10分かけ放題も可能

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金は3GB、9GB、14GBのデータプランに+で10分の電話かけ放題、もしくは通話パックを、基本料金のいずれかを選ぶシンプルな料金設定です。

ネトセツ

10GB+10分の電話かけ放題が一番人気で大手キャリアと比べると約3分の1ほど安いので通信速度も安定しているとなればauの代わりとしておすすめです。

またスマホプランRであれば10GB使い切ったとしても1Mbpsの速度でずっと利用できるので、使い方によっては実質無制限で利用できる事にまります。

またデータSIMのみのプランはないため、電話番号を持っている方はMNPか新しく電話番号を発行することになります。

大手3キャリア並に通信品質が良いことを考えると、現在auで契約している人にコストダウンするためのきっかけとしておすすめできる格安SIMです。

また2021年2月からはさらに値下げしスペックアップした「くりこしプラン」に切り替わります。

おすすめの格安SIMまとめ

おすすめの格安SIMまとめ

今回紹介した7社から自分にあう格安SIMサービスを選択すると間違いがないです。

また今回おすすめしている格安SIMにはそれぞれ特徴がありますので検討するなら以下の条件でそれぞれのピッタリなサービスを提案しているので参考にしてみてください。

主な利用用途おすすめの格安SIM
動画や音楽を視聴しまくるBIGLOBEモバイル
SNSメインやLINE通話が多いLINEモバイル
データ量を無料で追加したりサポート優先マイネオ
主にソフトバンクから乗り換えて料金を抑えたい方ワイモバイル
常に店舗でのサポート希望やはじめての格安SIMイオンモバイル
スマホとセットで安いサービスを検討中IIJmio
遅い格安SIMは使いたくない、品質優先UQモバイル
ネトセツ

実際に私が今現状で契約している格安SIMは「BIGLOBEモバイル」「マイネオ」「LINEモバイル」「UQモバイル」です。この4つ契約をしていてもトータルで毎月の1万円以下です。すごいですよね。

仕事の関係上使っていたり家族に使わせたりしていますがサービス面や毎月のコストを考えると今までの大手3社(au、ドコモ、ソフトバンク)の1契約分ぐらいの費用で済んでいます。

これから初めて格安SIMを利用したいと検討している方はスマホのセットもあるのですが、場合によっては今使っているスマホをそのまま利用できる場合もあります。

ただし大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約して使っていたスマホの場合はSIMロックの解除などの手続きが必要になります。

もしくは新しいスマホが欲しいなら非常に安くで新品で手に入るSIMフリースマホなどを検討するのもおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる