iPhoneのバックアップ「DearMob iPhoneマネージャー」の使い方

iPhoneのバックアップソフトである、DearMob iPhoneマネージャーを実際に使ってみたのでレビューしたいと思います。

iPhone自体を無くしたり壊したりしてしまうのは金銭面的にも大きなショックですが、お金を出せば買えるiPhoneでは無くそのiPhoneの中に入ってるデータの方がダメージが大きいはずです。

・電話番号が消えたら連絡が取れない昔の友人
・iPhoneの中にしか入ってなかった写真や動画
・お気に入りの曲をまとめた音楽

iTunesでもデータの保存は出来ますが、iTunesは意外と使い勝手が悪くiPhoneのバックアップを取ってないという人も多いと思います。

今回紹介する「DearMob iPhoneマネージャー」の特徴は、直感的で使いやすいインターフェースで、初心者の人でも簡単にiPhoneデータをバックアップ出来る管理ソフトです。
この記事はiPhoneのバックアップソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を提供頂いたレビュー記事になります。

公式:DearMob iPhoneマネージャー

DearMob iPhoneマネージャーができること

DearMob iPhoneマネージャーは、iPhone専用のファイル管理ソフトで、写真・音楽・ビデオ・などのファイルをバックアップする事が出来るソフトです。

iPhone専用の管理ソフトですが、パソコンはMacもWindowsも対応しています。

できること

  • 写真転送
  • 音楽管理
  • ビデオ管理
  • バックアップ
  • ファイル

上記のiPhoneのデータ転送・管理・バックアップがメインのソフトになります。

DearMob iPhoneマネージャーのインストール方法【Mac版】

今回はMac版のDearMob iPhoneマネージャーをインストールしたので、インストールの手順を紹介して行きます。

iPhoneユーザーではMac利用者が大半だと思いますが、Windowsでも利用が可能なソフトです。この記事ではMacでの手順とはなりますが、流れはほぼ同じなので参考として見ていただければと!
動作環境Windows OS: Windows 10/8/7/Vista(64ビット&32ビットの両方)
Mac OS: macOS High Sierra, Mac OS X 10.12以降
iOS: iOS7以降

DearMob iPhoneマネージャー公式のトップページにから無料ダウンロードをクリックすればすぐにダウンロードが始まります。ファイル自体は60MB弱と非常に軽いのですぐにダウンロードは終わります。

ダウンロードが終わったら、DearMob iPhoneマネージャー(DearMob)をアプリケーションにドラッグアンドドロップすれば完了です。

Launcherpadにアイコンが出てくれば、インストール出来ているのでダブルクリックをして起動させましょう。

DearMob iPhoneマネージャーは有料のソフトになりますが、先程紹介した通り無料の体験版もあり、無料版から有料版に移行時でも新しくダウンロード&インストールする必要はなく、認証コードを入力するだけでOKです。

右下の登録をクリック

右下の登録をクリック

有料版を購入した時にメールで送られてきたライセンスコードとメールアドレスを入力して登録をクリック

これでインストールと認証は完了です。

DearMob iPhoneマネージャーの使い方

DearMob iPhoneマネージャーで出来ること写真転送・音楽管理・ビデオ管理・バックアッ・ファイルなど多岐にわたりますが、ここからは実際に画像を交えて使い方を説明して行きたいと思います。

DearMob iPhoneマネージャーには大きく5つの機能と、細かく細分化された10つの機能の合計15個の機能が使えるソフトになっています。

メインの5つの機能

  • 写真転送
  • 音楽管理
  • ビデオ管理
  • バックアップ
  • ファイル

その他の10つの機能

  • ファイル暗号化
  • 連絡先
  • Podcast
  • 電子書籍
  • 音声
  • アプリ
  • メッセージ
  • カレンダー
  • ブックマーク
  • USBメモリー

①写真転送機能

iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、DearMob iPhoneマネージャーを起動したら、写真転送をクリックすると、iPhone内部に保存してある写真が一覧で表示されます。

iPhoneの中に入ってる写真で、パソコンへ保存したい写真を選択しエクスポートを押すとパソコンに写真を保存する事が出来ます。

※iCloudに保存している写真の場合には、転送できない場合があります。

DearMob iPhoneマネージャーを使ってiPhoneの写真をパソコンに保存する時には「エクスポート暗号化」を選択する事でDearMob iPhoneマネージャー以外で写真を見れなくするようにする事が出来ます。

写真のエクスポート暗号化するときには、パスワードの設定が必要になります。このパスワードを忘れてしまうと復元化する事が出来ず、写真が見れなくなってしまうのでパスワードは忘れないようにしましょう。

写真の保存だけではなく、DearMob iPhoneマネージャー上でiPhoneの写真を削除したり、逆にパソコンに保存してある写真をiPhoneに移すという事も簡単にする事が出来ます。

②音楽管理

写真転送と同じ様にiPhoneの中に入ってる音楽をパソコン側に保存したり、プレイストアの編集も直感的な操作で簡単にする事が出来ます。

逆にパソコンの曲をiPhoneに転送したい場合には、DearMob iPhoneマネージャーの音楽管理画面にファイルをドラッグアンドドロップして同期するだけで簡単にiPhoneに曲の追加をする事が出来ます。

iPhoneに追加したい曲をDearMob iPhoneマネージャーにドラッグアンドドロップして同期するだけです。

簡単に曲の追加をする事が出来ます。

注意
iTunesを使っている場合には、iTunesの曲をパソコンに保存する事が可能ですが、AppleMusicユーザーの場合にはDRM保護(コピーガード)の関係で、保存する事が出来ないので注意して下さい。

③ビデオ管理

ビデオ管理に関しては、写真や音楽と同じ様にiPhoneからパソコンへ、もしくはパソコンからiPhoneへとビデオの移動や、ビデオの削除をする事が出来ます。

保存した動画を選択してエクスポートをクリックするだけで、簡単にパソコンへビデオの保存をする事が出来ます。

写真の時と同じ様にエクスポート時に暗号化する事も出来るので、誰かに見られなくないビデオの場合には、暗号化して保存しましょう。

④バックアップ機能

DearMob iPhoneマネージャーのメイン機能と言っても良いかもしれないのが、バックアップ機能です。

例えば、新しいiPhoneを購入して今まで使っていたiPhoneからデータ移行をしたい場合でも、DearMob iPhoneマネージャーがあれば、パソコンに接続してバックアップ&復元するだけで初心者でも簡単にiPhoneのデータ移行をする事が出来ます。

新しいiPhoneを購入した時だけではなく、常に持ち歩くiPhoneは紛失や故障のリスクがあるので、まめなバックアップをする事が大切です。

DearMob iPhoneマネージャーのバックアップする事が出来るiPhoneのデータは以下の通りで

・写真や動画
・連絡先(よく使う連絡先も)
・通話履歴やメッセージ
・メモ・ボイスメモ・イベント
・サファリのブックマークや閲覧履歴
・iPhoneにインストールしているアプリ
・ネットワーク設定

など多岐に渡ります。

実際に私が使っているiPhoneのデータをDearMob iPhoneマネージャーにバックアップした後に、iPhoneのデータを全てリセット→復元という検証をしてみました。

まずは、iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続しDearMob iPhoneマネージャーのバックアップをクリックましょう

iPhoneと接続した状態でバックアップをクリックすると、iPhoneのデータをパソコンに保存する事が出来ます。

入っているデータ量によってバックアップの時間は変わるので、バックアップが終わるまで待ちましょう。

バックアップが完了すると画面が変わります。これでDearMob iPhoneマネージャーにiPhoneのバックアップが取れています。

新しいiPhoneに乗り換える時でも簡単にデータの復元を行うことが出来ます。まずは、新しいiPhoneを立ち上げて初期設定は終わらせ、USBケーブルでパソコンと接続します。

DearMob iPhoneマネージャーを立ち上げたら「バックアップしたファイルを復元する」を選択してから、先程バックアップしたiPhoneのデータを選んで復元をクリックします。

するとiPhoneの復元が始まるので、しばらく待ちましょう。

この時に「iPhoneを探す」がオンになっていると復元することが出来ないので、iPhoneの設定からiPhoneを探すをオフにしておいて下さい。

復元中になった場合には、iPhone側にも「復元の実行中」と出るのでわかりやすくなっています。

私が使っているiPhoneの場合には、データがあまり多くないこともあるのか、10分程度で復元が終了しました。

LINEやカカオトークなどのメッセンジャーアプリもサインインし直す必要もなく、そのまま使うことが出来ました。

iPhoneのバックアップも復元もワンクリックで簡単に出来るので、新しいiPhoneに乗り換えるときだけではなく、定期的にバックアップを取っておけば紛失や故障など、いざという時に非常に便利です。

⑤ファイル

ファイル機能はiPhoneの「iMovie」「Keynote」「Numbers」「Pages」「Perfect image」へアクセス・エクスポート出来る機能です。

画像や動画と同じ様に、パソコンにエクスポートする事が出来るので、これらのファイルを使っている人なら、簡単にパソコンに保存する事が出来る便利な機能です。

⑥細分化された10つの機能を紹介

DearMob iPhoneマネージャーは5つのメイン機能と、10つのサブ的な機能に分かれていますが、簡単に言ってしまうとiPhoneに入っている情報の全てを一括でバックアップするのではなく、項目ごとに保存・編集したい場合に使う機能になります。

ファイル暗号化

ファイル暗号化は、画像と動画を自分以外に見れなくなるように暗号化する事ができる機能です。暗号化時にパスワードを打ち込む必要がありますが、このパスワードを忘れてしまうと復元化する事が出来ないので要注意です。

連絡先

連絡先は、iPhoneの中に入っている連絡先を編集出来る機能になっています。

連絡先のエクスポートやインポートはもちろん。編集・追加・削除をDearMob iPhoneマネージャー上でする事が出来るので、大量の連絡の編集作業をiPhoneでやるよりも簡単にパソコンでする事が出来ます。

Podcast

Podcastは、その名の通りiPhone上のPodcastをエクスポートしたり削除したりする事が出来る機能になっています。

Podcastで登録している番組の整理や追加なども簡単に操作することが出来る機能です。

電子書籍

電子書籍機能は、iPhoneの中に入っている電子書籍をパソコンにエクスポートする事が出来る機能になっています。

逆にパソコンの中に入っているPDFファイルをiPhoneに転送する事ができるので、メールで配られたPDF資料等をiPhoneに入れて手軽に読むような使い方も可能になっています。iPhoneに転送した電子書籍(PDFファイル)はiPhoneのブックアプリで読む事が出来ます。

音声

音声はiPhoneの中に入っているボイスメモをパソコンにエクスポートする機能で、ほかの機能とは違い、逆にパソコンからiPhoneへの転送は出来ません。

iPhone内にある音声メモのバックアップとしてパソコンに保存したい場合に使う機能になっています。

アプリ

アプリの項目では、アプリのインストール・アンインストール等をする事が出来ます。

iPhone上でアプリの削除をする場合には、一括で削除する事が出来ずに一つ一つ選びながらする必要があるので、増えすぎて使わないアプリの整理などをする時にも便利な機能なのではないでしょうか。

メッセージ

メッセージは、iPhone内にあるメッセージ(SMS)をパソコン内に保存する機能。LINEなどのツールが発達している現在はで使う機会が少ないですが、消したくないメッセージがある場合にはパソコンに保存しておけば安心です。

カレンダー

カレンダーはiPhoneにある予定を一覧で確認する事が出来ます。

予定のエクスポート・インポート・削除なども出来ますが、追加や編集もDearMob iPhoneマネージャー上でする事が出来るので、iPhoneで操作するよりもわかりやすく予定の確認&作成をする事が可能になっています。

ブックマーク

iPhoneのブックマークを管理する事が出来る機能になります。

ブックマークを追加したり、削除したり、iPhoneでやるよりもわかりやすくブックマークの整理整頓する事が出来ます。

USBメモリー

USBメモリーはiPhoneをUSBメモリ(ストレージ)として使うことが出来る機能です。

iPhoneの空いている容量をUSBメモリーとして使うことが出来るので一見便利なように感じますが、エクスポートする時もDearMob iPhoneマネージャーがないと駄目で、iPhoneでも保存したデータを見る事が出来ません。

結局はDearMob iPhoneマネージャーがインストールされているパソコンが必要・・・。これはちょっと意味がないかなと感じます。

パソコンの容量がパンパンで一旦iPhoneの空き容量に逃がすような使い方であれば便利かも知れません。

iPhoneのバックアップはiCloudを使ったクラウドへのバックアップとiTunesを使ったパソコンへのバックアップが正規の方法としてあるのですが、iCloudは無料でバックアップできる容量が5GBまで、そしてiTunesバックアップはデータが明確に可視化されていないという不満点があります。
その点「DearMob iPhoneマネージャー」であれば細かなファイルごとでデータを動かせることができるので、ファイルが明確に可視化されどのデータがバックアップできているかも把握しやすいのがメリットです。

DearMob iPhoneマネージャーのイマイチなところ

実際にDearMob iPhoneマネージャーを使っていて気になった、イマイチと感じた箇所が2つほどあったのでそちらも紹介していきたいと思います。

新しいiOSから古いiOSへのデータ復元は出来ない

今回、DearMob iPhoneマネージャーを検証するのにあたって、メインで使っているiPhone8とデータバックアップを昔使っていたiPhone5sに復元しようとした場合に、復元する事が出来ませんでした。

これはiPhone自体の世代ではなく、iOSのバージョンにによるんですが、iPhone8は最新のiOS13.5なのに対して、iPhone5sはiOS12.4.7までしか対応していません。

つまり、新しいiOSのバックアップデータは古いiOSのiPhoneへは復元する事が出来ません。逆に古いiOSから新しいiOSへはする事が出来るので安心して下さい。

注意
「今使ってる新しいiPhoneを失くしちゃったから、昔使ってたiPhoneにデータを復元して使おう」というような場面ではDearMob iPhoneマネージャーではデータを復元する事が出来ないので注意が必要です。

復元時にログインし直す必要があるアプリがある

LINEなどのメッセンジャーアプリはバックアップからの復元時に再ログインなどの必要がなく使うことが出来ましたが、いくつかアプリに関しては再ログインが必要になりました。

これはDearMob iPhoneマネージャーの問題ではなく、ほかの方法でバックアップを取った時も同じ問題だと思いますが、地味に面倒でログインIDやパスワードを忘れてしまった場合には、アカウントの再発行などちょっと面倒に感じました。

DearMob iPhoneマネージャーの評判は?

実際に使ってる人の評判を調べるにはTwitterが1番なので、Twitter上で使ってる人のツイートを確認して見ました。

DearMob iPhoneマネージャーっていうソフトを音楽入れる用にDLしたけどマジ便利 爆軽爆速だし、無料版はPt制だけどそのPtもすぐ回復するから実質無限利用可だし、ソフト上でiPhoneのプレイリスト作れるし、間違えてwma形式で保存しちゃってた(アホ)曲も勝手にmp3に直してくれるし 早く知りたかった

無料版でも使い方によっては十分と感じる人もいるようです。音楽の拡張子を自動で変換してくれるのはDearMob iPhoneマネージャーの利点の1つですね。

私今使っているソフトはWinX DVD Ripper PlatinumとDearMob iPhoneマネージャーです。
使いやすいし、必要な時間も他のソフトより短いから、愛用しています。

私もDearMob iPhoneマネージャーを実際に使ってみて感じたのが、動作の軽さです。昔低スペックのパソコンでiTunesを使ってた時には、立ち上げるだけでもかなり時間がかかった記憶がありますが、DearMob iPhoneマネージャーはサクサク動きます。

ムカ着火(´ω`*)

DearMob iPhoneマネージャー買ってやった、Windows版iTunesクソやが(*´ω`*)

やっぱりiTunesに不満を持っている人は結構居るようで、ストレスを貯めて使うのであれば有料でも快適に使えるソフトを使うのもありだと思います。

実際にTwitterでDearMob iPhoneマネージャーの評判を調べて見ましたが、概ね好意的な評判が多く、私が使って感じた事と同じことを感じてる人が多いように感じました。

こんな人にDearMob iPhoneマネージャーはおすすめ

DearMob iPhoneマネージャーを実際に使って見て、気が付いたDearMob iPhoneマネージャーを使うメリットや、使った方がいい人はどんな人なのか?をまとめて行きたいと思います。

Apple製品は私も好きですが、癖が強い部分もあり使いにくいと感じる部分もありますが、DearMob iPhoneマネージャーはiPhoneの微妙な部分を補う事が出来る「iPhoneを少しずつ便利に」してくれるソフトです。

iPhoneにある大量の写真をバックアップしたい人

iPhoneのカメラ画質は新しいモデルと共に良くなってきており、現在販売されているスマホの中でもトップレベルに綺麗な写真を取ることが出来ます。

昔は携帯電話や、スマホの他にデジカメを持ち歩いていた人も多くいましたが、現在はiPhoneの画質もキレイなので、写真を撮る時はiPhoneしか使わない人も多いと思います。

そんな人には、DearMob iPhoneマネージャーで写真の保存がおすすめです。

セキュリティ・暗号化を気にする人

例えば他人に見られたくない写真や動画などをiPhoneの中に入れたままにするのは、暗証番号が誰かにバレた時にリスクがあります。

パソコンに保存する場合でも、家族と共有している場合などは見られてしまう危険性もあります。

DearMob iPhoneマネージャーの場合には、画像や動画をパソコンに保存する時に、暗号化する事が出来、パスワードの入力が必要になるので誰かと共有しているパソコンの場合でも見られることはありません。

iTunesが使いにくいと感じている人

Appleの純正データ管理ソフトのiTunesは、純正の割の使い勝手が悪く、いまいち使い方を把握していない人も多いと思います。

実際に無料版で試してみれば分かりますが、DearMob iPhoneマネージャーの場合には、ほとんどの場合でクリックを1〜2回するだけで簡単に画像や動画、データの保存をする事が出来ます。

インターフェースが直感的でわかりやすいので、iTunesに不満がある人にはおすすめできるソフトです。

DearMob iPhoneマネージャーの価格

DearMob iPhoneマネージャーはMac版とWindows版の両方ありますが、価格はどちらも同じになっているので、普段使っているパソコンのOSに合わせて購入しましょう。

動作環境:Windows OS: Windows 10/8/7/Vista(64ビット&32ビットの両方)Mac OS: macOS High Sierra, Mac OS X 10.12以降
iOS: iOS7以降
1年間ライセンス永久ライセンス家庭ライセンス
利用できる台数1台2台3台
通常価格7,200円8,200円12,280円
セール価格価格4,680円5,200円7,780円

DearMob iPhoneマネージャーはセール価格での販売を頻繁に行なっています。1年間ライセンス版と永久ライセンス版では差額が520円しか違わないので、購入する場合には永久ライセンスの方がお得です。

1番高額な家庭ライセンス版も利用期間はなく永久に使うことが出来ます。永久ライセンスとの違いは、利用出来るパソコンの台数が3台になる点と「動画変換ソフト」がおまけで付いてきます。

1年間ライセンスはコストパフォーマンスが悪いので、永久ライセンスか家庭ライセンスのどちらかを、使いたいパソコンの台数に合わせて選べば問題ありません。

DearMob iPhoneマネージャーの購入方法

DearMob iPhoneマネージャーの購入方法は、クレジットカード・PayPal・コンビニ決済・銀行振込・WebMoneyから支払い方法を選ぶことが出来ます。

1年間ライセンス・永久ライセンス・家庭ライセンスの中から、自分が購入したいライセンスを選択すると注文画面に進みます。

ショッピングカート内に入っている商品が間違いないか確認しましょう。

支払い方法を選択したら請求先情報の入力ですが、フルネームに関してはローマ字で入力しましょう。

メールアドレスは、PC用のメールを記入してください。携帯用アドレスだとメールを受信出来ない場合があるので注意して下さい。

対応しているクレジットカードブランドは、VISA・MasterCard・JCB・American Express・Discoverの5ブランドになります。

クレジットカードの場合には、カード番号など必要な情報を記入して次へボタンをタップすると、注文内容の確認画面に移動するので、確認して間違いなければ注文の確定を押せば購入が完了します。

DearMob iPhoneマネージャーは無料版もあり

DearMob iPhoneマネージャーは1番安い1年間ライセンスプランでも4,680円の料金がかかるので、不安に感じる人も多いと思いますが無料版も用意されているので、まずは実際に使ってみて必要と感じた場合に有料版を購入するのがおすすめです。

体験版でもDearMob iPhoneマネージャーの機能を一通り使うことが出来ますが、無料版と有料版の違いは3つあります。

  1. 1日の使用がポイント制で制限されている。
  2. DRM解除など1部の機能が使えない。
  3. 無料の技術サポートが受けられない。

無料版の場合には、1日のポイントが100ポイントになっており「写真のインポート2ポイント」「アウトポート4ポイント」というように、使う毎にポイントが減って行き100ポイントまでしか使えなくなっています。

体験版の利用ポイント(1日100ポイント)
インポートアウトポート
写真24
音楽・Podcast・iTunes・着信音
510
ビデオ15/100MB30/100B
電子書籍1020
連絡先510
APP・ファイル1530
SMS・カレンダー・ブックマーク
510
連絡先50
バックアップ50
復元50
もちろん有料版の場合には、1日の使用回数の制限等は無くなり好きなだけ使う事が出来るようになります。

【まとめ】直感で使える点が評価できる

私はMacBook Pro・iPad mini・iPhone・Apple Watchなど、アップル製品を数多く使っていますが、非常に直感的に使えるのがアップル製品の良い所だと感じます。

その反面、こだわりが強く不便に感じるポイントも結構多く、不満に思う点もあるのが正直な所、特にiTunesは音楽を聞くためにしょうがなく使っているソフトで、ほかの機能はイマイチよく分かっていませんでした。

今回のDearMob iPhoneマネージャーはそんなAppleの不満点を解決してくれるサードパーティ製のソフトウェアで、直感的に使えるインターフェースと多彩な機能は有りだと思います。

有料ソフトなので敷居は高いかも知れませんが、iPhoneの機能を快適に使いたい場合にはDearMob iPhoneマネージャーは有りなんではないでしょうか?

無料の体験版も操作性は変わらないので、まずは試しに使ってみることをおすすめします。iTunesに不満がある人であればきっと気に入るソフトになると思います。

公式:DearMob iPhoneマネージャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA