MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

「Fire HD 8 Plus」レビュー。ワイヤレス充電可能なタブレットは半端なく実用的。

Amazonから2020年6月に発売開始された激安な8インチタブレット「Fire HD 8 Plus」の実機をレビューします。

テレワーク・リモートワークでタブレット市場が再度盛り上がってきた中、この非常に安い価格帯で購入できるFire HD 8がどれほどの用途で使えるのか他のタブレットとも比較していきます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

Fire HD 8 Plusバージョンを購入

「Fire HD 8 Plus」レビュー。1万円以下のAmazonタブレットは実用的なのかチェック。

一万円以下となる「Fire HD 8」は従来のFire HD 8を引き継ぎながら10%ディスプレイ明るくなり、CPUはクアッドコアプロセッサを搭載、バッテリーも連続使用が12時間に拡張されました。

購入したFire HD 8 Plusを実機レビュー

今回新型としてアップグレードされたFire HD 8はノーマルバージョンとワイヤレス充電(QI充電)に対応したFire HD 8 Plusバージョンの2つになりますが、わずか2,000円の差なので私はFire HD 8 Plusの方をゲットしました。

新しいFire HD 8は3つの製品の選択肢があり、基本スペックは同じではありますがバージョンにより多少の機能追加が加わります。

Fire HD 8 Fire HD 8 Plus Fire HD 8 Plus
+充電スタンドセット
価格 9,980円 11,980円 14,980円
追加される機能 なし メモリが2GB→3GB
ワイヤレス充電
メモリが2GB→3GB
ワイヤレス充電
QI充電スタンド

持ち運びがメインであればワイヤレス充電を外で行う機会はほぼないのでFire HD 8で十分ですが、スタンドに置いて充電しながらAlexaモードでスマートスピーカーのように使う方はFire HD 8 Plusがおすすめです。

Fire HD 8 Plusの外観

Fire HD 8 Plusは8インチのディスプレイのタブレットでベゼル幅が太く今どきのベゼルが狭い1枚板のようなタブレットではなく、一昔の古臭いタブレットの形状をしています。

Fire HD 8 の実機レビュー。背面

背面はAmazonのスマイルマークで本体自体はプラスチック感がありますが、指紋が付かないソフトな感触で良いです。

Fire HD 8はUSBタイプCに対応している

今回のアップグレードによりFire HD 8/Fire HD 8 Plus共にFire HD 10と同じく充電がUSB-C(タイプC)に対応したのは嬉しい変更点です。

液晶ディスプレイの解像度は1280×800ピクセルで画素密度は189ppiとなっています。

映像や画質をチェックしてみると色が薄めでiPadのレティナディスプレイやスマホの高精鋭画面と比較すると見劣りしますが、十分綺麗に映像を表示させてくれると感じています。

スピーカーはデュアルステレオとなっており、動画配信などを横置きで視聴する場合にスピーカーを塞ぐことがないため、片方にしかスピーカーがないiPad miniと比べたらこちらの方が優秀です。

さらにスピーカーはDolby Atmos対応なので実際に動画コンテンツを視聴してみるとこの価格帯ではありえない奥行きがあるサウンドが流れるのでびっくりです。

ワイヤレス充電とAlexaモードはAmazonタブレットの強み

今回のFire HD 8 の強みはやっぱりPlusバージョンのワイヤレス充電(ワイヤレス充電規格「Qi」)対応ではないでしょうか。

Fire HD 初のワイヤレス充電に対応

Fire HD 初のワイヤレス充電に対応

Fire HD 8 Plusを選択すればこのワイヤレス充電スタンドとのセット販売があり本体とセットで14,980円と激安です。

→Fire HD 8 Plus タブレット 32GB 【ワイヤレス充電スタンド付き】

ケーブル充電が不要となるワイヤレス充電に対応したタブレットは2020年6月時点ではAppleのiPadシリーズでも実現していないのでこの価格帯でみても希少です。
Fire HD 8のサイズちょうどの充電台

Fire HD 8のサイズちょうどの充電台

充電スタンドはFire HD 8本体がぴったりと収まる窪みもあり、このようにスタンドに置くだけですぐに充電が開始されます。

またこのスタンドは縦にFire HD 8 Plusを置いてもちゃんと充電してくれます。縦、横どちらにも対応しているのは嬉しいですね。

充電スタンドはスマホも充電可能

ちなみにこの充電スタンドはiPhoneやAndroidのワイヤレス対応スマホであればそれらも充電可能です。

ただし上記のように真ん中に置く必要があり左や右に寄せると充電ができないため、複数のスマホの同時充電は不可能で充電できるのはスマホのみでした。
ワイヤレス充電器は平均でも2,000円〜5,000円ほどの価格で販売しているので、ワイヤレス対応スマホを持っている方はスマホの充電もできてラッキーだと思います(・∀・)

手に持って操作しない時にはスタンドに立て掛けて置くだけで充電もでき、予めAlexaモードをONにしておくと充電台に置いた瞬間にAlexaモードとして動作します。

「アレクサ、今日の天気は?」「アレクサ音楽かけて」とそのまま呼びかければすぐに反応してくれますし、呼びかけやこちらの声がある程度小さくても反応も良く気軽にトークができます。

Fire HD 8 Plusのサイズ感を他のタブレットと比較

ではこの1万円以下から購入できるFire HD 8ですが、手元にあるiPad mini、iPad、Fire HD 10、等とちょっとした比較をしてみます。

Fire HD 8/Fire HD 8 Plusと他のタブレットを比較してみると大きさは7.9インチのiPad miniとほぼ同等の大きさということがわかります。

Fire HD 8とiPad mini5と同じ大きさ

この2台で比べるとやはりiPad miniの方がベゼルが狭くスタイリッシュなのに対し、Fire HD 8はベゼルが太くちょっと不格好に見えてしまいます。

重量はiPad miniが約300gに対し、Fire HD 8は355gでちょっぴり重さがありますが、2つを持ち比べても大きく違いを感じるレベルではないです。

また本体の厚みもFire HD 8の方が厚く手に持った感じだとiPad miniよりはコンパクト感は薄いです。

またディスプレイの明るさを比較するとiPad miniの方が断然に明るく色の再現性も高いですが、価格が5万円近くなのでこのレベルのタブレットと比較するのも正直酷と言えます。

ちなみに前回アップグレードされたFire HD 10と比較すると明るさは若干Fire HD 10の方が明るく感じます。

またFire HD 10は当然ながら画面が大きいゆえの一画面の情報量が多いです。

とは言っても気軽に手に持ってエンタメを楽しむことを考えると両方使ってみた私の感想ですがFire HD 8の方が気軽で使う頻度が多くなるなと思いました(^^)

テレワークやリモートワークでの用途

今では世界的に推奨されつつあるリモートワーク、テレワークにおいてのオンライン会議やビデオ通話専用端末としてもFire HD 8は活躍してくれます。

注意
アプリはスカイプ、LINE、ZOOM、Facebookなどの主要なアプリには対応しているものの、AndroidやiOSのように幅広い数のアプリには対応してはいないので注意が必要です。

 

Fire HD 8 Plusのちょっと残念なポイント

ではわずかこの1万円弱で購入できるFire HD 8 Plusでできるタブレットとしては使える機能は十分なのですが、やっぱりちょっとしたデメリットは存在します。

GoogleのPlayは基本使えない

Fire HDシリーズはAndroidをベースとしたAmazon独自のOSを採用しているため、GoogleのPlayストアはプリインストールされていないため使うことができません。

ただしサポート外にはなりますがGoogle Playストアを外部からインストールすることができ、PlayストアからAndroidで配信されているアプリのインストールを行うことは実際には可能です。

ただしこれは完全にAmazonのサポートを外れてしまうので、Playストアがインストールできたとしてもおすすめできませんが、どうしてもやりたい方はネットで検索すれば方法が出てきます。
Fire HDのタブレットはPlayストアをインストールするとAmazon独自のOS内でそれを無理やり動かすことになるので、AmazonOSやAlexaの動作に問題が発生する恐れがあり、私としても改造せずにそのまま使うのが一番だと思っています!

YouTubeアプリは公式ではない

AndroidスマホやiPhoneで普段から使っている公式のYouTubeアプリではないので、スワイプによるプレーヤー縮小や再生スキップなどの操作ができないのは不便です。

ただしYouTubeコンテンツはGoogleアカウントでログインしてそのまま同じコンテンツやチャネルを楽しむことができるので操作の部分以外では問題はないです。

Fire HD 8 Plusは入門タブレットとしてはかなりおすすめ

Amazonで販売されているFire HD 8は価格が9,980円〜と激安な部類に入り、動画サービス、Kindleなどの書籍、ミュージック、アレクサなどエンタメを楽しむ為なら十分すぎる機能を兼ね備えています。

ただし、このFire HDシリーズ全般に言えますが、創造するためのタブレットとして使うことはできませんので、ビジネス利用やクリエイティブ用途のタブレットを探している方はAndroidやiPadを検討したほうが良いです。

このタブレットがおすすめな方はエンタメ重視プラスアルファでちょっとしたオンライン会議などを利用するという用途であれば圧倒的コスパで有力候補の一つには間違いありません。

そしてFire HD 8とFire HD 8 Plusとの価格差はわずか2,000円で、メモリが2GB→3GBになり置くだけ充電機能が追加されると考えれば私的にもPlusの方が圧倒的におすすめできます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる