MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

docomoから新ブランド「ahamo」が発表詳しくはこちら

iPadの使い道は無限大!使い続けている私が「できること」を徹底まとめ

iPadに対してどんな印象を持っているでしょうか。

  • 「iPhoneの大きい版?」
  • 「完全なパソコンじゃない」
  • 「使い道よくわからない」
  • 「できることを理解していない」
  • 「お店でよく使われているイメージ」
  • 「持ってるけど使いこなせてない」

色々とiPadに対して自分なりのイメージはあると思います。

そんなiPadですが、使い道を知ると「こんなことにも使えるの?」という発見があるかもしれません。

ネトセツ

実際にiPadを10年前の「2010年の初代iPad」から使い続け、何度も乗り換えている私が「iPadの使い道」についてまとめて紹介していきたいと思います。

読みたい場所へ押して飛ぶ

iPadの使い道(できること)をシーン別でまとめています

iPadの使い道を長い間iPadを使ってきた私がガッツリと紹介していきます。

iPadには学生・サラリーマン・自宅用・子供用・プライベート用など色々な用途での使い道があります。

ネトセツ

自分の利用のシーンには必要ないこともあるとは思いますので「これなら使いたいかも」という気になる利用シーンだけを是非見つけてみてください。

日常・エンタメ利用での使い道

日常的に楽しい時間を有意義に過ごすためのiPadの活用方法です。

①大画面で映画や動画を楽しむ

iPhoneの手のひらサイズで動画や映画を楽しんでいる方もいるとは思いますが、iPadであれば更に迫力がある映像を楽しむことができます。

特にHuluNetflixAmazonプライムビデオ、最近ではBTSの独占配信を行っているdtvなどを契約している方ならiPadの大画面で見たほうが満足度が高いはずです。

映画館で得られる画面の大きさによる没頭感や迫力にスマホの画面より多様なりとも近づくことができるのも大画面のiPadならではです。

ネトセツ

特に昨年の2020年はおうち時間がふえて、日本アニメの「鬼滅の刃」の年と言っていいほど社会現象を起こしていますが、Hulu、dTV、Amazonプライムビデオでアニメの大半は見ることができます。

また映像作品の没頭感をより感じたいのであれば、Appleのアクセサリである「AirPods Pro」がおすすめで、ノイズキャンセリングや空間オーディオなど純正アクセとしてiPadとの相性は抜群です。

②テレビ電話を楽しむ

iPadの大画面でテレビ電話を楽しむ

テレビ電話はスマホでできることには変わりありませんが、現在テレワークでZOOMなどを使う場合、iPhoneよりもiPadの方が参加人数が一画面で多く表示できます。

また画面が多少大きいと遠く離れた家族間での長々としたテレビ電話も部屋の様子なども写しつつ、端末から離れていても大画面なら映像をチェックしやすいです。

スマホとは違ってスタンドなどで立て掛けておけば「ながらテレビ電話」も簡単に行えるでしょう。

最近ではiPadを立て掛けてテレワークや、リモート学習、オンライン飲み会などでタブレットは非常に需要が高まっています。

ネトセツ

スマホでビデオ通話してしまうと、ずっとスマホを自分の目の前において置かなければならないので不便な点があり、手持ち無沙汰になるためビデオ通話の役割はiPadがぴったりですね(^^)

iPadでビデオ通話を行うにはインターネット通信が必須なため、おうち時間が多くなった今ではiPadをフル活用するためにもインターネット回線も快適なものを選ぶ必要があります。

③絵を描く

iPadとApple Pencilで絵を書く

Apple Pencilを使えば紙やノートを使わずとも絵を書いたり文字を書いたりすることができます。

またiPad本体にデータは保存できるので書いたものを管理しやすいですし、万が一紛失してもiCloudと連携していれば自動バックアップによりいつでもiPhoneなどの違う端末に復元できます。

ノートや紙に書かれた物は無くしてしまうと一生復元することができません。

最近では環境問題を考えペーパーレス化が進んでいるので環境にも優しいエコでずっとデータとして残る絵を保存することができます。

現在はプロの漫画家もiPadを使うようになりました。また絵描きアプリは補正も自動的にしてくれるアプリも多く紙とノートに書くより補正を活かし効率化にもつながります。

Apple(アップル)
¥11,390 (2021/05/08 00:28:18時点 Amazon調べ-詳細)

特に2021年5月に発売されるiPad Proは初のミニLEDを搭載しよりクリエイティブにプロ仕様のツールになっているので、これからiPadを検討している方は大画面にスケッチできる12.9インチがおすすめです。

④雑誌・漫画・書籍などを読む

iPadで雑誌や漫画を読む

漫画や雑誌などもiPhoneなどのスマホで見るよりはiPadで見たほうが目に入る情報も大きくより見やすいです。

そして特に文字のみの小説ならよりiPhoneよりも見やすいですし、Kindleやbook、雑誌アプリを活用すれば本棚は必要ありません。

iPadひとつを持ち歩くだけで予めダウンロードしておいた書籍、漫画、雑誌をiPadのデータが許す限りいくらでも読むことができます。

特に週刊誌などは1冊で500円以上するものが多い中、見放題アプリを使えば月額400円程度で有名雑誌が見放題なので雑誌が好きな方はコスパを考えれば使わない手はないでしょう。

紙や本の方が良いという方もいるでしょう。もちろんそれも分かりますが、複数の雑誌の持ち運びの手軽さを考えればiPadに軍配が上がるでしょう。

ネトセツ

ちなみに私は楽天マガジンを使っていますが、たくさん雑誌があり気になった紙面だけをダウンロードしたり、そのお気に入りの傾向で自分にぴったりな雑誌にたくさん出会えるので非常におすすめです。

⑤地図・カーナビアプリを使う

iPadをカーナビアプリとして使う

車に搭載しているカーナビアプリはある一定期間で地図情報が更新されずアップデートが必要となりますし、その都度費用がかかったりもするでしょう。

でもiPadのGoogleアプリやヤフーカーナビアプリならいつでもリアルタイム情報や更新も常に行われています。

さらにはカーナビアプリによっては駐車場の空き情報、オービス情報なども確認できるのは非常に大きなポイント。

もしも車のカーナビが使えないと嘆いている方はiPadのセルラーモデルならGPS内蔵なので活用して見る価値ありです。

カーナビ用の場合はGPS内蔵のセルラーモデルのiPadが必須です。WiFiモデルだとGPSが使えないため注意が必要です。

⑥SNSの利用

iPadで異なるSNSを2つ楽しむ

どちらかというとスマホでのSNSの利用の方が手軽で便利なのは間違いありませんが、iPadなら「Split View(スプリットビュー)」という機能を使い2画面で異なるSNSを同時に楽しむことができます。

例えば動画を左側で表示してみつつ、動画の内容で気になることをSNSで検索したりと有効的にSNSなどのコンテンツを利用できるので2画面で異なるツールを表示できるのは大きなメリットです。

スプリットビューの使い方

これはあくまでも一部の使い方ではありますが、SNSを常にチェックしながら情報を取り入れ仕事のツールとして使っている方はスマホでSNSをチェックするより作業効率が高まる可能性も秘めています。

⑦ゲームを楽しむ

iPadでゲームアプリをプレイする

iPadの大画面を生かしてAppStoreで配信しているゲームアプリを楽しめます。

特にテーブルゲームなどは大人数で楽しむのにも適していますし、iPad OSからはPS4やXbox Oneのコントローラーを接続することができるようになったのでよりゲームプレイにおける幅が広がったのは間違いありません。

さらにはAppleArcadeもスタートしより本格的なゲームプレイを行うことができるようになりました。

ネトセツ

また現在発売されているiPadは一番安い無印iPadでもA12チップを搭載しほとんどの高グラフィックのゲームが快適に動作するので価格で考えても非常にコスパが優れたゲームマシンとも考えられるでしょう。

⑧レシピをチェック

iPadの大画面でレシピをひと目で確認する

料理のレシピとして活用するのがクックパッドですが、iPadの大画面ならスクロールせずとも一画面の情報で材料をチェックできたり、作り方を確認することができます。

おうち時間が増え今まで以上にレシピ動画やレシピサイトを活用しているなら、DELISH KITCHENやクラシルなどでレシピの動画をチェックするのも大画面のiPadの方が見やすくスマホよりも有利です。

iPad用のスタンドやカバーで立て掛けることができれば両手がふさがっていても見やすく、なお使い勝手が良いです。

特に最近では「クラシル」がテキストのレシピだけではなく、「レシピ動画」も国内でコンテンツとしては一番多く大画面のiPadとの相性は抜群です。

おすすめのレシピアプリ

クリエイティブ目的での使い道

今では動画作成、写真を使ったグラフィックアプリ、プロの方でもiPadを使って制作する方が多くなっています。

iPadをクリエイティブに使うことで、ペーパーレス化となり環境にも優しく更には制作までの近道までできるようになりました。

①デザイン制作

iPadでデザイン作成・グラフィックデザインアプリ

グラフィックやデザイン編集、ポスター作成などもiPadで利用できるアプリならサクサクと作ることができます。

またグラフィックデザインを作成できるアプリは無料でも多く配信されており、パソコンのフリーソフトよりもタッチ操作などでより直感的に操作しやすいため、初心者でも非常に扱いやすいのが最大のメリットです。

ネトセツ

名刺・ポスター・プレゼン用の資料、SNS用のデザインなどを一からではなくテンプレートを元に簡単に当て込んでいくだけでもサクッと作れてしまいます。

おすすめのグラフィックデザインアプリ

②動画編集

iPadで動画編集を行う

動画編集はパソコンだけではなくiPadでも本格的な編集が可能です。iPadとiPhoneだけでYouTuberとして活躍している人もいます。

そしてiPad(iOS)向けに最適化されている、本格的なAdobeの動画編集ソフトも2018年から配信されており、そこまでスペックを必要せずとも完成度の高い動画を作成することもできます。

パソコンで有名所の動画編集ソフトを動かそうもんなら10万〜20万円相当も出費がかかるパソコンでないとまともに動きません。

https://twitter.com/hirosatoito/status/1275455216066822149
ネトセツ

iPadなら3万円〜4万円からのシリーズでもしっかりと動作する動画編集アプリがあるのでコストパフォーマンスにも優れています。特にLumaFusionとPremiere Rushというアプリがおすすめです。

参考記事

ただしフルHDではなく更に高画質となる4K動画の編集となれば、最低でもM1チップが搭載された2021年5月発売のiPad Proシリーズの方が機敏に作業ができるでしょう。

③写真・画像編集

iPadでの写真編集

歪み加工や写真のレタッチなど写真や画像を加工することもiPadにも十分なアプリが揃っています。

もちろんAIを使った自動検出や最適な加工ができる機能が搭載されたAdobeなどのアプリも使えます。

おすすめの動画編集アプリ

④イラスト・漫画作成

プロの漫画家もiPadとApple Pencilで漫画を書くようになっています。それだけiPadとApple Pencilの相性が非常によく、絵も描きやすいということです。

そしてこれからイラストレーターや漫画家を目指そうとしている学生にもデジタル化のこの時代にiPadでの描写に慣れておいたほうが良いかもしれませんね。

ネトセツ

今はiPadを使ってアニメーション映画やアニメも描かれている時代です。

おすすめのイラスト・漫画制作アプリ

⑤カメラ撮影のモニターとして使う

iPadを一眼カメラなどのモニターとして使う

最近ではSNSやYouTuberなど、プロのカメラマン以外でも本格的なカメラを使うシーンが増えて来ていることでしょう。

iPadと一眼レフやデジカメでカメラを離れている場所に設置している際に、ピンと合わせや映っている映像を確認するためにiPadモニターとして活用するのは私も利用しており非常に助かります。

特にカメラの撮影時のディスプレイは非常に小さくて、撮影時のカメラが遠い場合はバリアングル液晶でも細かな部分が見れませんが、iPadをモニターにすれば近くにディスプレイを置けるので撮影状況を把握しやすいメリットがあります。

ネトセツ

カメラはSONYやキャノン、ニコンなどの本格的カメラからアプリを使ったカメラ撮影との連携機能アプリなどもあるので気になる方は「自分のカメラのメーカー iPad モニター」というようにWEBで検索してみてください。

ビジネスシーンや学生による学習での使い道

次にビジネスや学生さんがiPadを使うシーンをまとめてみました。

①プレゼンテーション

iPadでプレゼン資料を作る

パソコンでなくてもiPadでプレゼン資料なども作成することができます。

特にiPadに最初から搭載されているKeynote(キーノート)アプリを使えば本格的なプレゼン資料も簡単に作成できます。

ネトセツ

近年のAppleのスペシャルイベントで行っているプレゼンの資料もすべてKeynoteで行っているんです。

もちろんApple純正アプリでなくてもMicrosoftのPowerPoint(パワーポイント)を利用することもできます。

おすすめのプレゼンテーションアプリ

②ファイルの受け渡し

iPadでファイルを受け取る

2019年9月にアップデートされた「iPad OS」により外付けドライブやUSB、SDカードでの接続が可能になりました。

これによりパソコンと同様でファイルの受け渡しがiPadでも手軽にできるようになっています。

今までは写真ファイル程度の共有しかできませんでしたが、PDFやOffice資料など様々なファイルのやり取りが可能となっています。

③パソコンのサブディスプレイ

iPadをMacのサブディスプレイにする

こちらも新しくリリースされたiPad OS(iOS13)からの新機能としてiPadの画面をMacのサブディスプレイ(Sidecar)として活用することができるようになりました。

同じWiFi環境に接続、同じAppleIDでログインしていればいつでも簡単にiPadと接続しMacの第二のディスプレイとして動作します。

普段から自宅でモニターを使って2画面操作に慣れている方は、カフェなどに小さなモニター(iPad)として持ち運べば自宅と同じ環境を得られるのも良い点です。

私もこのiPadによるサブディスプレイ化は非常に活用していて、旅先のホテル内での仕事ではディスプレイが増えることにより作業効率がかなり上がありました。この機能を待ち望んでいた方は多いのでさらにiPadの出番が増えてきましたね。

④Officeツールを使う

iPadでOfficeを編集する

プレゼン資料もそうですが、表計算のエクセルや文章作成のWordにも対応してるので、Windowsパソコンとの互換性の高い「Microsoft」が利用できます。

もちろんGoogleアカウントを使ったGoogle DriveでOffice資料を作ることもできます。

ネトセツ

私はOffice356 soloのサブスクリプションを契約しているのでMac、iPad、iPhoneすべての端末でこのMicrosoftのOfficeが利用できます。そしてインストールして利用できる台数は同じアカウントなら無制限に利用できるのも嬉しいポイントです。

もちろんiPadでは無料でOffice資料の閲覧のみは可能ですが、編集を行う場合はサブスクリプションの購入が必要です。

⑤レポート作成・資料まとめ

iPadで資料やレポートをまとめる

iPadはキーボードも使えますし、iPhoneと同期される純正メモやPages、そしてGoogle Driveなども使えます。

そしてパソコンでは利用できないApple Pencilによる手書きを加えることもでき、自分の資料を工夫次第ではまとめやすくもなります。

おすすめのレポート・資料まとめアプリ

⑥ブログを書く

iPadでブログを書く

ブログを書く方にもiPadは適しています。今ではスマホでブログを書く人も多いはずですし、iPadならサードパーティーから格安のキーボードが多く販売されています。

またiPad mini以外はすべてApple純正のキーボードに対応し軽快にタイピングすることができます。

Appleから発売されているスマートキーボードはパソコンのようにフルサイズで打ち心地もよいので余裕がある方は純正キーボードもおすすめです。

また今年2020年の5月に販売が開始されたiPad Pro専用のMagic Keyboardなら更に本格的なタイピングとトラックパッドが利用でき、よりパソコンライクに使えます。※値段は高いです^^;

iPadの使い道はまだまだ無限大

iPadでできることは無限大

こうやってiPadでできることをチェックしてみると、iPhoneと同じUIで利用できるアプリはほぼ同じなのにできることはiPhoneの2倍はあります。

またiOS13(iPad OS)へのアップデートができるようになってから更にiPad単体での幅が広がったのが最大の変化です。

これによって教育の場やビジネスだけではなく、日常やクリエイティブな使い方としても更にiPadの需要が大きくなることでしょう。

ネトセツ

持ち運びし、大画面でインターネットが使えるので友達と雑誌アプリを使って大画面で情報を共有したり、一緒に映画を外で見たりすることもできます。

iPadはProシリーズでなければコスパが高い

iPad Pro
(12.9)
2021/5月21〜
iPad Pro
(11)
2021/5月21〜
iPad Air
(第4世代)
iPad mini
(第5世代)
iPad
(第8世代)
価格129,800円〜94,800円〜69,080円〜50,380円〜38,280円〜
ディスプレイ12.9インチ
2732×2048
(Liquid Retina XDR)
Promotion
ミニLED
11インチ
2388×1668
(Liquid Retina)

Promotion
10.9インチ
2360×1640
(Liquid Retina)
7.9インチ
2048×1536
(Retina)
10.2インチ
2160×1620
(Retina)
チップM1M1A14A12A12
5G対応
(セルラー版)
WiFi速度最大1.2Gbps最大1.2Gbps最大1.2Gbps最大866Mbps最大866Mbps
メインカメラ12MP/10MP
(超広角)
ポートレート
12MP/10MP
(超広角)
ポートレート
12MP
(広角)
8MP
(広角)
8MP
(広角)
インカメラ12MP
(超広角)
ポートレート
12MP
(超広角)
ポートレート
7MP7MP7MP
ビデオ撮影1080p
(60fps)
4K
(最大60fps)
1080p
(60fps)
4K
(最大60fps)
1080p
(60fps)
4K
(最大60fps)
1080p
(30fps)
1080p
(30fps)
LiDARスキャナ
スピーカー4スピーカー4スピーカー2スピーカー2スピーカー2スピーカー
ストレージ128GB〜2TB128GB〜2TB64〜256GB64〜256GB32〜128GB
セキュリティ認証Face IDFace IDTouch IDTouch IDTouch ID
端子USB-C
(Thunderbolt)
USB-C
(Thunderbolt)
USB-CLightningLightning
重量682g466g458g300g490g
おすすめな人大画面で作業効率を高めたい方や本格的なイラストやグラフィック作業を行いたい方ハイスペックマシンを手軽に持ち運びたい方
処理性能と軽さ、価格のちょうどよいバランスのiPadが欲しい方持ち運び重視
コンパクトさを求める方
初めて利用する方や学生・ビジネスの汎用性・低価格重視の方
料金はすべて税込み表記です

iPadは複数の種類がありますが、一番安い38,280円〜購入できる第8世代iPadでも十分これらのことをこなすことができ、下手にスペックの低いパソコンを購入するよりもコストパフォーマンスに優れています。

iPad Proを必要とする人も中にはいるかも知れませんが、仕事でガッツリ使っている私ですらスペックを持て余しており実際にiPad Proの11インチを利用していますが、iPadかiPad Airで十分だなという印象でした。

ネトセツ

初心者からプロを目指す方まで幅広い層にこの「iPadでできること」を参考にして、自分なりに使いこなせればiPadは最強のツールの一つになるはずです。

値下げされ更に使い勝手が増したiPad10.2(第8世代)はCPU以外はほぼ同等の第7世代のレビューを参考にしてみてください。

【最後に】パソコンからiPadへの乗り換えは危険

ここでiPadのできることや可能性について多く述べてきましたが、もしも「今使っているパソコンが古くなったからiPadへ乗り換えようかな」と考えている方もいるかもしれません。

今回iPadOSがリリースされて今まで以上にパソコンライクに利用できるようになってきたのは間違いありませんが、今までパソコンでできていたことがiPadになりできなくなることも少なからずあります。

例えばフリーソフトが使えなかったり、デスクトップ画面がなかったりなど今まで普通にできていたことがiPadになることでできなくなることは確実にでてきます。

ですので完全にパソコンから乗り換えで検討するのは危険なので古いパソコンが動かないということなら素直にパソコンを購入したほうが良いです。

3万円〜5万円台のパソコンならSSD搭載しているのもを選択するのがおすすめで、そこまでビジネス的な用途が少なくエンタメ利用でのメインであればChromebookもおすすめです。

ネトセツ

ということで今のパソコンから完全にiPadに乗り換えるというよりはパソコンも同時に使用しつつ、iPadでもできることを確認しながら徐々に移行するという考え方が良いです。

iPadはiPhoneよりはできることが広がりますが、まだパソコンとの中間にいるような状態です。そのためiPadの利用範囲をしっかりと理解した上でじっくりと検討してみるのをおすすめします。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (5件)

  • 初めまして。
    今までiPadを使用したことがないのですが、
    このたび中古の第4世代のiPadを手にすることとなりました。
    動画を見るくらいかな、と思っていますが、
    古いiPadでもできること、ありますか?

    • 動画を見る程度なら第4世代でも可能だとは思いますが、アプリによってはYouTubeなどが視聴ができない可能性もあります。
      ※YouTubeアプリが動かない場合は、Safariなどのブラウザ上でYouTube検索をして利用することになります。

      またそれ以外のできることにおいてはもしかするとネット閲覧以外は大半のことができないかもしれません。

      その理由として第4世代のiPadは最新のOSバージョンへのアップデートが行えない機種となっており、それに準じてアプリなども起動しない可能性が非常に高いです。

      現在の最新のOSのバージョンは【14】ですが、第4世代のOSは【10】(約5年前のバージョン)でそれ以降はアップデートができないようです。

      また以下のApple公式でのサポートも第4世代のiPadはすでに終了している状態です。
      https://support.apple.com/ja-jp/guide/ipad/ipad213a25b2/ipados
      ※無印iPadのサポート対象は2021年2月現在では第5世代からとなっています。

      今後iPadでインターネット閲覧以外の、最新アプリ、LINEやZOOMなどのテレビ電話、クリエイティブな作業などを予定しているのであれば、
      これらのサポート対象・アップデート対象となっているiPad(第5世代以降)を選ぶのが望ましいと思います。

  • こんにちわ。
    以下、相談に乗って頂けますようお願いします。

    現在自宅のWiFi環境で、iMac2台で仕事をしています。
    近日中に実家にしばらく滞在することになり、PC機器類の増設を考えています。
    実家はネット回線はありません。
    iMacを一台持参すれば、通信以外の仕事はできます。
    仕事(建築物の3D制作)でネットを使うのは、メーカーから素材画像などをDLと客先に画像の送受信。

    以上ですが、ネット回線を引かなくてもiPhoneでなんとかしのげるかなという状態です。
    でもU-NEXTにも入っているし、iPadを買おうかとも考えていますが、以下質問です。

    iMacで作成した画像の送信の場合、一旦AirDopに入れてそれをiPadで送信、受信も同じ。
    5M程度の画像を送信します。
    メーカーサイトから素材をDLの場合も一旦AirDropに入れてIiMacに渡す。
    で、これらはWiFi環境でなくてもできますでしょうか?

    通信機器に疎いので同期させることがわかりません。
    よろしくお願いします。

    • MacやiPad、iPhone間のAirdropの送受信だけであればWiFiやモバイル通信の環境がなくてもBluetoothで行うのでOKです。
      ただメーカーサイトからの素材のダウンロード時のみWiFiもしくはiPhoneのテザリングで通信を行う必要はあります。

      • 有難うございます。
        DLはテザリングになるという件、知りませんでした。
        とても参考になりました。
        頻度にもよると思いますが、回線引いた場合の月額と比べて対処したいと思います。

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる