iPhone11をレビュー。古い機種からの乗り換えならおすすめできる。

iPhone11シリーズは「iPhone 11」そして「iPhone 11 Pro」の2つの種類があり、もう一つ大きめの「iPhone 11 Pro Max」があります。

今回発売された新型iPhoneシリーズの中でもカメラ性能・スペック、価格のバランスを取ってみても一番人気となっている「iPhone11」をレビューします。

iPhone11シリーズは3キャリアの公式ショップで頭金0円で販売中

 ドコモ(オンライショップ公式
 Softbank(オンライショップ公式
 au(オンライショップ公式)

iPhone11のレビュー

レビュー掲載で使用したiPhone 11のカラーは「パープル」です。iPhone 11 Proでは4色展開ですが、iPhone11は6色展開でカラーの選択肢は多いです。

iPhone 11 Proがシックなカラーが多いのに対し、iPhone 11は淡いカラフルなカラーが多く男性から女性から幅広い方に向いていますね。

また本体背面はiPhone 11 Proがマット調のガラスに対し、iPhone 11は光沢のあるガラスコーティングになっています。

カメラ部分はレンズはiPhone 11 Proが3つなのに対し、iPhone 11は2つです。ただしレンズ周りの突起はiPhone 11 Proと同じように正方形に出っ張っています。

今回のこのiPhone 11シリーズは背面のデザインは色々と意見があるようですが、そもそも背面をずっと眺めることなんてないので使っていれば気にならなくなるデザインではあります。

今までのシリーズで並べてみると左から「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhoneX」「iPhone8」となります。

MaxシリーズやPlusシリーズを抜いて考えるとiPhone 11は一番大きいサイズということになります。

iPhone 11の本体の大きさは前機種となるiPhoneXRの後継機となります。バッテリーが駆動時間が長く、価格も劇的に高い訳ではないので実用的でバランスがよい機種ですね。

iPhone 11とiPhone 11 Proの外観比較

iPhone 11とiPhone 11 Proは本体の大きさはiPhone 11の方が大きめです。

ただしiPhone 11 Pro Maxの「Max」シリーズを選択した場合はMaxが一番大きくなります。

両者の本体の厚みは若干ながらiPhone 11 Proの方が厚さがあります。とは言っても0.2mmの差なので実際はほぼ一緒と考えておいて良いです。

設計の段階でカメラ部分は3つだったのを無理やり2つにして差別化をしたような感じがありますね。

iPhone 11のレンズも今までのiPhoneXsやXs Max、そしてXRからは断然大型化しているので、当然ながらiPhone 11であってもカメラ性能はXsシリーズよりも性能は良くなっています。

iPhone 11はコンパクトサイズではない

iPhone 11 Proもギリギリ片手操作が厳しいところはあるんですが、なるべく片手でコンパクトに使いたいという方はiPhone 11 Pro、大画面でエンタメを楽しみたい方はiPhone 11が良いのではないかと思います。

やっぱり多くの人が気になっているのが「11」と「11 Pro」どっちがいいの?という点です。

iPhone 11とiPhone 11 Proのカメラ性能の違い

これを一番気にしている方が多いのではないかと思いますが、iPhone 11 Proとの値段差はストレージ毎で約3万円。

実際にこの3万円の差がどれくらいなのかをAppleが大々的に押し出しているカメラ性能から見ていきます。

ポートレートを比較

iPhone 11 Pro で撮影
ISO 200 4.25mm ƒ/1.8 1/50s

iPhone 11で撮影
ISO 160 4.25mm ƒ/1.8 1/50s

どちらの同じ距離からのポートレート機能で撮影しています。

ポートレートモードはレンズ数のおかげかもしれませんが、iPhone 11 Proは被写体に寄らずともほどよい距離でボケて撮影が可能です。

iPhone 11 Proで撮影
ISO 125 6mm ƒ/2 1/33s

Phone 11で撮影
ISO 160 4.25mm ƒ/1.8 1/50s

今度はなるべく同じ距離感で撮影ができるように、iPhone11 Proではちょっと寄ってみて撮影しました。

それぞれISO感度やF値が最適に調整されていますが、iPhone 11もiPhone 11 Proも正直どちらも同じように差がなく感じます。

数週間両方のiPhoneを使ってみましたが、ポートレートモードで若干被写体に寄って撮影できるのはiPhone 11の方なので物撮りに関してはiPhone 11の方が有利かもしれません。

ナイトモード(夜景)を比較

これも今回のiPhone11から搭載されている目玉機能です。夜をしっかり明るく撮影する機能です。

iPhone11

iPhone11
通常撮影

通常の撮影ではこのように暗い場所ですが、ナイトモードで撮影してみます。

iPhone 11 のナイトモードで撮影
ISO 1000 4.25mm ƒ/1.8 1/8s

iPhone 11 Proのナイトモード撮影
ISO 1000 4.25mm -0.07 ev ƒ/1.8 1/8s

iPhone 11とiPhone 11 Proともにナイトモードでは通常撮影よりもより明るく投影されているのが分かると思います。

iPhone11での通常撮影
ISO 800 4.25mm 0.18 ev ƒ/1.8 1/4s

通常でも雰囲気よく撮影できていると思います。

Phone 11 のナイトモード撮影
ISO 640 4.25mm -0.08 ev ƒ/1.8 1/4s

これも同じくナイトモードで明るく撮影できています。

手持ちのナイトモードで撮影だったのでちょっとブレがあるかもしれませんが、三脚などを用意すればもっと綺麗に撮影できますし、アプリなどを活用してシャッタースピードなどを更に調整すればアートのような写真を撮影することもできます。
ナイトモードでの撮影はiPhone 11 とiPhone 11 Pro の大きな違いはあまりないと感じました。

iPhone 11とiPhone 11 Proのディスプレイを比較

ここも3万円の差があるのかもしれませんが、iPhone 11 とiPhone 11 Pro に採用されているディスプレイは異なります。

iPhone 11iPhone 11 Pro
ディスプレイ液晶有機EL
解像度1792×828px2436×1125px

iPhone 11 Pro有機ELは白と黒がくっきりと判別できコントラスト比が高いというメリットがあります。

左側がiPhone 11、右がiPhone 11 Proです。どちらも明るさをMaxまで上げています。

これ見るとすぐに分かるかと思いますが、iPhone 11側は引き締まった色合いに対し、iPhone 11 Proはより色の明暗がはっきりし、非常に明るく感じるかと思います。

2つ持つことはないので、この差をあまり気にすることは無いかもしれませんが、液晶ディスプレイと有機ELディスプレイの違いは以外にもはっきりと分かるレベルです。

とはいえ、どちらのiPhoneもレティナディスプレイであり両方ともディスプレイ表示は綺麗です。

しいて言うならば、日中の外出先などの日光が眩しくスマホの画面が暗くて見にくいという場面ではiPhone 11 Proの方が見やすいというメリットはあります。

iPhone 11に採用されている「Liquid Retina HDディスプレイ」でも私は正直満足度は高いので解像度にこだわる方や本格的な写真家で無い限りはiPhone 11のディスプレイでも満足度は高いでしょう。

表示領域はiPhone 11の方が広い


先程とは写真が左右逆になってしまいましたが、WEBページなどの表示領域は本体が大きいiPhone 11の方が多くの情報表示がされます。

ですので、ひと目の情報量はiPhone 11の方が多いのがメリットです。

iPhone 11とiPhone 11 Proの処理性能の比較

iPhone 11iPhone 11 Pro
チップA13 BionicチップA13 Bionicチップ
メモリ(RAM)4GB4GB

iPhone 11はProと全く同じCPU性能と処理速度を行うことができます。ここには価格差ではなく今回の3万円の差は主にディスプレイとカメラにあるということがわかります。

高グラフィックのゲームアプリや写真アプリの処理などもiPhone 11 Proと同様サクサクこなせるでしょう。

iPhone 11とiPhone 11 Proの価格を比較

では現時点での価格を以下のようにまとめるとiPhone 11はカメラ性能はほぼiPhone 11 Proと変わらないのにも関わらず3万円も開きがあります。

AppleStoreでの価格
ストレージiPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB74,800円106,800円119,800円
128GB79,800円なしなし
256GB90,800円122,800円135,800円
512GBなし144,800円157,800円

また大手3キャリアでは本体自体は多少高いのですが、iPhone11シリーズを分割購入し、2年使って返却&新機種に乗り換えることで残りの残額の支払いを帳消しにする購入サポートあります。

※比較して料金が安い箇所はオレンジ色で表示しています。

ドコモソフトバンク
購入サポート名スマホおかえしプログラムトクするサポート
プログラム利用料なし月額390円✕24
(不課税)
 
iPhone11
64GB2,376円✕24回1,860円✕24回
2年総額57,024円
2年総額54,000円
128GB2,592円✕24回1,980円✕24回
2年総額62,208円2年総額56,880円
256GB2,916円✕24回2,250円✕24回 
2年総額69,984円2年総額63,360円

※ソフトバンクはプログラム利用料390✕24ヶ月分を加算した計算になっています。

これらの購入サポートを利用すればなかなかiPhone11ならわずか3分1程度の値段で利用することができます。

auはアップグレードプログラムEXというサポートがありますが、値段やプラン変動が頻繁でややこしいので掲載は控えています。

ドコモは購入サポートが36ヶ月分割で行うのに対し、ソフトバンクは48ヶ月の分割となるので月々の負担もすくなるほか、2年後の返却時の総額が安くなるという計算です。

 ドコモ(オンライショップ公式
 Softbank(オンライショップ公式
 au(オンライショップ公式)

【まとめ】iPhone 11は価格はそこまで高くなくコスパが良い

今回、数週間両方のiPhoneを使ってみて感じたことは、価格を考えれば「iPhone 11」で良かったのでは・・・という気持ちです。

望遠カメラと有機ELディスプレイの部分にこだわりが無ければ、7万円台から手に入る最新iPhoneシリーズとなればコスパが高いです。

iPhone5、6、7あたりを持っている方で、乗り換えを検討している方に一言言いたいのは、一世代前のiPhone8やiPhoneXsシリーズに乗り換えるよりはiPhone 11に乗り変えた方がよいと素直に思います。

iPhone8やiPhoneXsは夜景を撮影するとなるとiPhone11やiPhone 11 Proとの歴然の違いがあります。

それだけカメラ性能は圧倒的に違いますし、少しでもきれいな映像や写真を残しておきたい方、そして実際に迷っている私の友達がいたとしても徹底的にiPhone 11をおすすめするでしょう。

iPhone 11 Proのレビューは以下で行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA