MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

【レビュー】iPhone 12 miniは価格もサイズも最高です。

もうタイトルのままの内容になるんですが「iPhone 12 mini」の実機を購入し、1日間ずっと触ってみましたが、今までのiPhone史上、サイズ感が最高なのは間違いないという結果となりました。

スマホはいくつも手に取り触ってきたのですが、今回のiPhone 12 miniは大きくもなく小さくもなく絶妙にバランスが良いんです。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

正直いうとiPhone 5や初代iPhone SEが好きな人にはドンピシャですし、画面占有率があがり見やすくなったiPhone 5のちょっと大きい版なのにこっちが良いと思える感じですね。

そんな今年から来年にかけてロングセラーとなりそうなこのiPhone 12 miniを、「初代iPhone(3GS)」から使っているiPhone歴10年の私が気になった点をサクサクっとレビューしていきます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

iPhone 12 miniの実機をレビュー

今までiPhoneシリーズから買い続けている感覚として、シリーズ12の外箱は今まで以上に非常に薄くフラットになっています。

今までがスマホ本体に対して大きめのサイズだったのでこれぐらいの外箱がコンパクトでスッキリで環境にも優しいのであればそれはそれでいいのではないでしょうか。

同梱物はSIMピン+USB-C to Lightningケーブルのみ

それもそのはずで、iPhone史上初の電源アダプタとイヤホンが廃止となり、付属されているのはSIMピンとLightning充電ケーブルのみとなりました。

iPhoneをずっと乗り換え続けている方からなら電源アダプタは山のように溜まっていると思いますが、iPhone 11以前の機種から今回の機種に乗り換えるなら注意が必要です。

今回のLightningケーブルを使う場合はUSBタイプCが差込口となる電源アダプタが必要となるので、iPhone 12に付属されているLightning充電ケーブルを使う場合は逆に電源アダプタを買い足さなければいけないとう罠が存在しています・・・

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

相変わらずケーブル類で稼いでやろうというAppleの姿勢、iPhoneユーザーの私でもこの考えは嫌いです!Appleの純正アダプタだと2,000円で販売されてますが、税込で2,200円・・。

同じ20W対応の電源アダプタならこのAnkerのアダプタの方が400円安いです。

イヤホンは今はワイヤレス化が加速しているので同梱しなくてもしょうがないですが、せめてUSB-Cに対応した電源アダプタは同梱してほしかったなという率直な意見です。

iPhone 12シリーズのプロダクトレッドは従来から異なる色

今回のiPhone 12、iPhone 12 miniのレッドカラー(PRODUCT RED)は今までの真っ赤とは異なり、オレンジというか若干白が入ったレッドカラーです。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

色の印象としてはiPhone XRシリーズにあったコーラルカラーが近いかもしれません。今までのプロダクトレッドが好きな方にはちょっとカジュアルなカラーに感じるので気になるかもしれません。

光の当たり具合や日中・夜によって、このレッドカラーが表情を変えるので私は従来のPRODUCT REDよりこちらの方が好みです。

毎回レッドカラーを入試している方や、このカラーが気になる方はAppleストアや家電量販店でiPhone 12 miniもしくはiPhone 12のレッドカラーの実物をチェックしたほうが良いでしょう。

初代iPhone SEよりはサイズは若干大きめ

第2世代のiPhone SEの筐体にがっかりしていた人はiPhone 12 miniを待ち望んでいたのではないでしょうか。

iPhone 12 miniは初代iPhone SEよりも若干大きい

初代iPhone SEと比較してみると若干ではありますが、iPhone 12 miniの方が本体サイズは大きめです。

しかしながらiPhone SEではちょっと画面の専有部分が狭く、表示領域が少なかったのですが、iPhone 12 miniは多少のサイズアップながらもディスプレイは画面いっぱいに表示されるようになりました。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

初代iPhone SEやiPhone 5あたりのサイズで片手操作したかったという方は筐体のサイズアップで残念かもしれませんが、側面が角ばって持ちやすくなっているのでそこまで問題ではないかもしれません。

逆に本体の厚みは初代iPhone SEよりも1mmほど薄くなっており、多少のサイズアップながらもギリギリ片手操作ができるほどの持ちやすさもあります。

またディスプレイサイズは4.7インチと5.4インチと大きく違いますので、動画・ネット・SNSすべてにおいては使いやすさも見やすさも断然iPhone 12 miniが上回っています。

iPhone 12 miniもFace IDのみ

またiPhone 12シリーズはすべて今回もTouch IDの指紋認証には対応せず、このマスクのご時世においては残念なFace IDのみにしか対応していません。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

先日発売されたiPad Air(4世代)には電源ボタン側にTouch IDが採用されましたが、むしろiPhone側にそのTouch IDが必要でしょ!とツッコミを入れたくなるのは私だけではないでしょう。

もうこの点についてはLightningケーブルの件も踏まえて文句をいってもしょうがないと考えるようになりましたが、相変わらず外出時はマスクずらし必須か、パスコードを入れなければならないという不満は残りました。

このサイズでのカメラ機能は十分

どうしようもない部分もありますが、このサイズ感の小さいスマホでこれだけのカメラ機能が備わっているiPhoneは素直にすごいなと思える部分もあります。

iPhone 12 miniで撮影した写真
ISO 200・4.2mm・0 ev・ƒ/1.6・1/50s
ISO 320・4.2mm・0 ev・ƒ/1.6・1/50s

私が物撮りで良く活用するポートレートですが、一昔のデジカメは余裕で超えている写真技術で【手のひらサイズの使えるカメラ】がスマホで実現できる時代になりましたね。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

またiPhone 11や11 Proから搭載されたナイトモードも使えるようになっているので、後日追加してみようと思います。

Mag SafeはiPhone 12シリーズで力を発揮する

今回のiPhone 12から新しい充電規格として仲間入りした「Mag Safe」ですが、ワイヤレス充電が正確に行えるだけではなく、このMag Safeのお陰でワイヤレス充電をしながらiPhoneを操作することも可能となりました。

iPhone 12の4機種ならすべてこの様にしっかりと磁石でピッタリとくっつく仕様となっており、新しいワイヤレス充電の概念ができたと思います。

QI充電器において気づけば充電がされていないという心配はこれでなくなりますし、平置きだけではなく車での充電やその他の方法で充電を行えるという可能性が一つ広がったかもしれません。

このMag Safeの規格を使ったサードパーティーによる充電器が発売されるのかが楽しみではありますね。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

これに加えてUSBタイプCでの充電も可能になっていれば本当に言うことがなかったんですがね・・・笑

A14チップで高グラフィックゲームも余裕

当たり前ではありますが、iPhone 12 miniは今回発売された他の3機種(iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max)と比べても一番価格が安いのですが、処理性能は同じです。

A14 Bionicチップはあらゆる高グラフィックアプリも負荷が高いアプリをじゃんじゃん扱いたい方や重くなりがちな編集アプリを使うならiPhone 12 miniなら軽々こなしてくれるでしょう。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

販売継続となったiPhone 11との価格差は1万円ですが、これらを機能搭載と性能向上を考えると1万円上乗せしてでもiPhone 12 miniを選択した方が幸せになれるのでは?と思います。

おまけの5Gは使えないと思っておく

iPhone 12シリーズから4G LTEだけではなく、いちおう【5G】という文言も使われるようになり、度々CMでは5G対応のiPhoneと各キャリアで言われていますが、これは全く期待しないほうが良いです。

そもそも私は直近の9月まで東京の調布・世田谷に住んでいましたが5Gはエリアにはなっていない場所でしたし、神奈川に引っ越してからも相変わらず5Gエリアではありません。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

またiPhoneは5Gでもより高速な「ミリ波」には対応しておらず4G技術を転用できる「sub6」にしか対応していませんので、5Gという肩書だけがついたiPhoneでしかないです。

また結局のところ日本での5G設置状況・環境はまだまだ発展途上すぎて、iPhone 12時点では本格的に5Gを使えるレベルではないですし、5Gが本格的に使えるのはiPhone 13もしくは14ぐらいまでかかるかもしれません。

現時点では4G LTEがもっと快適に使えると思っていたほうが良いですし、5Gのことは全く期待しないほうが良いでしょう。

iPhone 12 miniの価格はリーズナブル

これだけのコンパクトなサイズに「高画質カメラ」「高性能チップ」「耐水」「ワイヤレス充電」「Mag Safe対応」「5G(おまけ)」がついて価格は74,800円〜とAppleは頑張っていると思います。

2年前のiPhone XやiPhone XSのハイエンドモデルで10万円を超えるスマホが当たり前になってきた時と比べるとめちゃくちゃコスパが良いと思います。

iPhone 12 miniの価格
Appleストア82,280円〜
(税抜:74,800円)
ソフトバンク96,480円〜
(48,240円〜 ※トクするサポート時
ドコモ87,912円〜
(58,608円〜 ※スマホおかえしプログラム時
au90,065円〜
(68,065円 ※かえトクプログラム時)
※太字で表示された価格は税込表記です。

一括購入価格で考えるとApple公式での購入が税込でも一番安く購入できますが、分割や25ヶ月後のスマホ乗り換えプログラムを使う場合には大手ケータイキャリアの方が安く使える計算になります。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

iCloudなどのクラウドを活用して容量ストレージを節約でる方は64GBで価格を最小限に抑え、少しでも本体ストレージに余裕がほしい方は128GBが良いのではないかと思います。

iPhone史上大ヒットの予感がする12 mini

到着してから1日ちょっと弄り倒してみましたが、iPhone 12 miniは圧倒的に日本人に操作しやすいサイズ感で間違いないと思います。

初代iPhone SE以降、しばらく大きいiPhoneにこちらからなんとなく不満を持ちながら使ってきた感覚がありますが、ようやく手のひらにフィットする小さいiPhoneが戻ってきてくれたと思います。

今回発売されたiPhone 12の4機種の中ではサイズも価格帯も含めて一番人気の機種になるのは間違いないのではないでしょうか。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

とは言っても一番小さいサイズでバッテリー容量は逆に一番少ないため、長時間充電なしの利用は心細いのは間違いありません。サイズとのトレードなのですが、しばらく使ってみてバッテリーの減り具合はちょいちょいチェックしていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる