MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

ahamoへのMNP転入のやり方の手順まとめ詳しくはこちら

ahamo、povo、LINEMOどれが魅力的?【独自アンケート結果】

ahamo、povo、Softbank on LINEどれが魅力的?【独自アンケート結果】

2021年3月より新プランをスタートさせるべく、大手3各社が20GBの格安ブランドを発表しました。

この発表により、今までの大手3キャリアで契約しているユーザーには新たに選択肢が増えて、今までより毎月のコストを押さえつつも大容量のデータが利用できるようになります。

ネトセツ

ここで、3社の新ブランドについてアンケートを実施した結果と意見をまとめました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

ahamo、povo、Softbank on LINEどれが一番魅力的?※アンケート

https://twitter.com/netosetsu/status/1352914337841647616

アンケート回答者は1027名でこの中から圧倒的な支持が多かったのがドコモの「ahamo」でした。

ahamoはおそらくドコモユーザーが多いことも影響しているかもしれませんが、各社後出しジャンケンが多い中、先陣を切って新プランを発表したことも評価されている意見もありました。

また14%の方は「魅力的に感じていない」という回答も印象的で、20GBも必要としないユーザーもいることも浮き彫りに。

データ量についてのアンケート調査結果は過去に実施しています。

44%で【1番の支持】ドコモの「ahamo」

ドコモの20GBの新プラン「ahamo」が徹底まとめ。安いが注意点も多数あり。

パケットデータはドコモの4G、5GのLTEが毎月20GB使え、国内5分のかけ放題がコミコミで月額2,700(税込2,970円)。

発表時には今までの大手ドコモではありえない料金形態で格安SIM業者を脅かす存在ともなりました。

ネトセツ

ただし利用申込み窓口はオンライン限定、また家族割が適用されず、キャリアメールが利用できないなどの現在の若年層を狙ったプランとなり、乗り換えに躊躇する老舗のドコモユーザーがいるのも事実。

ドコモの「ahamo」が魅力的に見えた方の意見

  • どこも似ていてよくわからないですが、ドコモ愛用なのでahamoが気になります
  • ずっとドコモなので
  • 大手のドコモが格安なので気になる
  • ahamoは家族割対応することのことで最有力
  • ahamoだけど正直いうとまだ高い。20GBもいらない。1〜3GBで800円くらいにならないか?
  • サービス品質がいいのはやっぱりドコモかな
  • LINE使い放題になるなら即乗り換えするかも
  • 安心なイメージがあり、この機会に使ってみたい
  • 他社に先駆けて新プラン打ち出したし、常識を覆すプランだから
  • 魅力的だけどキャリアメールが使えないのは嫌なので迷っている
  • ドコモなので通信会社を変更せず安くなるのは魅力
  • 広告で見かけて宣伝にポジティブに力を入れている企業が気になる
  • 最初に発表してとにかく安さにびっくりしたから
  • わかりやすかったし一番はじめに情報出たので
  • エリアが安心だから
  • ずっとドコモで毎年カレンダーくれるのが嬉しいから
  • 格安スマホは乗り換えの気がしなかったけどahamoなら乗り換えるかも
  • ドコモユーザーで家族間無料通話は魅力
  • ドコモの安心感

やはり理由として多かったのが「今ドコモだから」という意見です。

ドコモユーザーの中で特に家族などと揃えたブランドの通信会社を使っている場合はなかなか他社への乗り換えは気が引けまし、ドコモ間ならahamoへの乗り換えも容易にできることから、ahamoを選ぶという理由は納得できます。

またやはり全国的にみるとドコモユーザーが圧倒的に多いのもこのアンケート結果からなんとなく分かりましたが、乗り換えを慎重になる意見としては「キャリアメールが使えない」という最大の難関があります。

いろんなサービスにdocomo.co.jpのキャリアメールで使いまわしている方にはキャリアメールが喪失してしまうのはかなりのハードルとなっているようで、「ドコモ的にはキャリアメールに縛られているユーザー層は現プランを使ってもらおう」というはっきりとした意図があるようにも見えます。

ただし今までオンライン専用受付だったahamoは一転してドコモショップにて有料サポートによる受付を開始しました。

ネトセツ

これによってオンライン手続きに慣れてない高年層向けに向けても受付を開始したことで、印象が良くなっているのではないでしょうか。

23%で【2番の支持】auの「povo」

auの20GBで2,480円の新ブランド「povo(ポヴォ)」の料金まとめ

20GBのパケットデータはそのまま同じで5分のかけ放題オプションを分離し、必要ない方には2,480円(税込2,728円)でパケットデータメインで利用が可能となるauの新ブランド「povo」

ネトセツ

現在ではLINE通話など電話番号による長電話を必要としていないユーザー層もいることから、常にライバルの出方を見て後からプランを発表するauですが、ahamoとSoftbank on LINEの穴をつくようなプランを出してきました。

auの「povo」が魅力的に見えた方の意見

  • 家族全員auユーザーでネットも電気もまとめてるので
  • auを使っているので
  • 同じ会社のほうが手続きが楽かなと思ったので
  • かけ放題なしの選択ができるのでpovo
  • 一番安いから
  • 通話はほぼないので、povoに一票
  • 高いイメージがあるauが安いから

2番目に支持が多かったauの「povo」に多かった理由としては3社の中で一番安く使えるという理由が多かったです。

また1日だけ220円の課金(トッピング)によってその日一日はデータ使い放題になるというオプションを組み込むことにより帰省時のネットワーク通信や休日の利用など柔軟性においてはピカイチの機能を用意しています。

確かに電話番号発信をしないユーザーも一定数はいるので、20GBのパケットデータ内でLINE通話ができればそれで十分ならその分安く契約できるのは間違いありません。

ただしこちらもその他の条件などは一緒で、キャリアメールが利用できなくなり、家族割が適用されず、申込み窓口はオンラインのみとなります。

18%で【3番の支持】ソフトバンクの「LINEMO」

20GBのパケットデータ+5分のかけ放題に、更にはLINE利用時の通信はノーカウントが加わったLINEを子会社としているソフトバンクならではの色を出してきた「LINEMO」。

ネトセツ

特に日本国内の大半は連絡手段がLINEとなっているので、20GBのデータに余裕をもたせながらもLINEは使い放題というヘビーユーザーにはメリットになるような新ブランドとなっています。

またこの統合によって現在格安SIMとして事業を行っている「LINEモバイル」の新規受付は3月で終了予定です。

ソフトバンクの「LINEMO」が魅力的に見えた方の意見

  • 他と比べてLINEがカウントフリーなのが良い点
  • Softbankを使っているので
  • キャリアを変えたくない理由と電話番号やメールアドレスの変更が面倒
  • Softbank光をつかっているので
  • LINEをたくさん使うから

ソフトバンクの「LINEMO」の選んだ理由としてはソフトバンク利用中という理由もありますが、LINEが使い放題という点に魅力を感じている方が多い印象でした。

LINEがカウントフリーとなり20GBのパケットデータはその他の余分なアプリや通信に使える点は他社に比べて有利な点ですが、そこまでデータを使わない方もいるため20GBではなくもう少しデータを少なく&料金を安くという意見もありました。

ネトセツ

また同じソフトバンクユーザーでもキャリアメールをオプション費用でいいからそのまま使えるようにしたいという意見もあり、ここでもキャリアメールが足を引っ張る形となっています。

15%で「どれも魅力的ではない」

これだけ毎日手にしているスマホですから「自分の利用範囲には見合わない」という意見もまだまだ多く、15%の方には新ブランドの料金プランは刺さらなかったという結果になりました。

どれも魅力的に感じなかったという方の意見

  • どこも似たりよったりでよくわからない
  • 20GBも使わないからもっと安くしてほしい
  • 料金がわかりにくいし違いもはっきりしないのでどれも魅力的ではない
  • 20GBもいらないから5GBや10GBの格安プラン出してほしい
  • あんまり使わないから上限2,000円ぐらいのプランが良い
  • マイネオ(格安SIM)で十分

今回の3社の新ブランドのプランについて、そもそもが「20GBも使わないからもっと安いプラン出だして」という意見が圧倒的に多かったのが印象的でした。

自宅ではWiFi環境などが整っている方は外出先ではそこまでヘビーに使わずSNS程度であれば確かに月間に数GBしか使わないパターンは多いと思います。

ネトセツ

今ネットワーク環境がいろんなところで整いつつある中でモバイル回線だけで大容量データを使うという方も年々減ってきているのではないかと思います。

逆に20GB以下の5GB、10GBあたりの「ちょうど良いプラン」を発表したのがまだまだエリアが発展途上の楽天モバイルですが、エリアが強くなれば楽天モバイルが今の所最強になる可能性も秘めています。

新ブランドは乗り換えには課題が多い

少なからずとも今回の大手3社の新ブランドは各社現行のプランよりはお得に使えるプランなのは間違いありません。

ただしアンケートを実施した中で意見として非常に多かったのが「同じ会社からの乗り換え時にキャリアメールがなくなる」という懸念です。

そもそも今回の新ブランドへは「キャリアメールを使っている人は乗り換えは断念するだろう」という各社の思惑も見えますし、各キャリアからしても今の全ユーザーが新ブランドに乗り換えてもらっても利益が減るので困るのではないかと思います。

ネトセツ

またもちろんキャリメールに縛られないユーザーにも格安SIMなどの他社への乗り換え阻止にもなりますし、うまい条件を考えたなと感じています。

キャリアメールを引き継げるようなオプションが出てくるのかはわかりませんが、今後のこのプランにどれくらいの方が乗り換えを行うのかがすごく気になりますね。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。
ahamo、povo、Softbank on LINEどれが魅力的?【独自アンケート結果】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる