MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

ahamoへのMNP転入のやり方の手順まとめ詳しくはこちら

【2021年最新】目的別で選ぶおすすめのタブレット。人気モデルを厳選

毎度更新!あなたに合うおすすめのタブレット2018年決定版!

映画や動画視聴・読書・ゲーム・イラストを描く・ビジネスシーンでも活躍するなど、スマホより専門的に幅広く利用できるタブレット。

メーカーやサイズなど今発売されているタブレットの種類が多くて「自分にはどれが最適なタブレットはどれなのか?」と迷っている方におすすめのタブレットの選別と間違いない用途にあった機種の選択方法を紹介します。

読みたい場所へ押して飛ぶ

最新のタブレット情報

テレワーク・リモートワーク需要でオンラインビデオ会議利用においてタブレットの販売数が増加しており、各メーカーも最近ではタブレット販売に改めて力を入れ始めています。

新しく販売開始されたにタブレット情報は以下に随時追加していきます。

発売日製品名(メーカー)参考価格特徴
2020/12/18Smart Tab M10
(レノボ)
38,000円Alexa搭載のスマートディスプレイも可能なタブレット
2020/10/26MatrixPad S30
(VANKYO)
15,800円2万円以下で高解像度、10インチでバッテリー容量も大きい万能タブレット
2020/10/23iPad Air(第4世代)
(Apple)
62,800円iPad Pro並のスペックと薄型&Touch IDを採用したスタンダードモデルの最新版
2020/09/23Lenovo Tab B10
(レノボ)
13,306円自宅で使いやすい10インチのエンタメタブレット
2020/09/18iPad(第8世代)
(Apple)
34,800円iPadのベーシックとなる低価格モデル。
2020/06/18TE510/KAS
(NEC)
29,800円10.3インチの大型サイズで顔認証、Android8搭載モデル
2020/06/12MatePad Pro
MatePad
(ファーウェイ)
59,800円
29,800円
10.8インチ、10.4インチモデルでコスパに優れたモデルだが、OSはAndroidベースの独自のHUAWEI EMUIを採用
2020/06/3Fire HD 8
(Amazon)
9,980円8インチサイズの新たにリニューアルされた新型。Alexaモード搭載で、Plusモデルはワイヤレス充電対応

「理想のタブレット」を自分の用途に当てはめよう

用途に合わせた最適なタブレット選び

ネトセツ

タブレット選びで何を重視していきたいのか?理想のタブレットを選ぶためにチェックしてみましょう。

利用シーンサイズ感価格帯

動画・WEB閲覧
片手サイズ
片手サイズ

一万円以下の低価格

仕事・
イラスト・デザイン
ちょうどよいサイズ
ちょうどよいサイズ

コストパフォーマンス
ゲーム目的
ゲーム専用
大画面
限りなく大画面

性能重視で予算上限なし

利用シーンで選ぶおすすめのタブレット

実際にタブレットを使って何をメインで行うのか?をしっかりと明確にしておかなえれば用途に見合わないタブレットを購入してしまうと後々に後悔してしまいます。

タブレットは幅広い用途には使えますが、メインで利用するシーンに最適なタブレットを見つけましょう。

動画・WEB閲覧用タブレット

iPad 10.2インチ2019モデル(第8世代)

第7世代10.2インチwifiiPad
OSiOS
画面サイズ10.2インチ
解像度2160×1620
容量32/128GB
カメラ背面:800万画素
前面:120万画素
サイズ幅:174.1/縦:250.6/厚さ:7.5mm
バッテリー時間10時間
重量490〜495g
参考価格38,280円〜
特徴Apple製iPadの中でも最安モデルでスマートキーボード、Apple Pencil対応で企業や学校で多く導入されると予想される廉価版モデル。
評価★★★★★
ネトセツ

2020年9月18日に発売のiPad最安モデル。インチ数も10.2にUPし、Apple純正のスマートキーボードにも対応。A12 Bionicチップ、レティナディスプレイ採用で最強コスパを誇るモデルです。

実際に1世代前のiPad 第7世代(10.2インチ)を購入してレビューを実施しました。キーボード、ペンシル対応、そしてiPadOSにより一番安いモデルながらも価格以上の価値があります。

Fire HD 10

Fire HD 10
OSFire OS
画面サイズ10.1インチ
解像度1920×1080
容量32/64GB
カメラ背面:500万画素
前面:200万画素
サイズ幅166:/縦:247/厚さ:9.2mm
バッテリー時間12時間
重量465g
参考価格15,980円〜
特徴Amazon専用のFire OSを採用したFire HD 10タブレット。AmazonプライムやKindleなどのAmazonコンテンツを楽しむのはもちろん10インチタブレットでは最高のコストパフォーマンスに優れている。
評価★★★★★

\ Amazon公式 /

実際に一世代前のFire HD 10を購入してレビューを実施しました。アレクサの利用や他のFireシリーズよりも高機能ながらも非常にコスパに優れている1台だと感じました。

Lenovo Tab B10

OSAndroid 9 Pie
画面サイズ10.1インチ
解像度1280×800
容量16GB
カメラ背面:500万画素
前面:200万画素
サイズ幅:169.2/縦:243/厚さ:8.5mm
バッテリー時間8.5時間
重量480g
参考価格15,000円〜
特徴家族で共有も可能な低価格のAndroid搭載タブレット。子供でも安心して使えるキッズモードも搭載。
評価★★★★☆

仕事・イラスト・デザインに最適なタブレット

Surface Go 2

Surfacego
OSWindows 10
画面サイズ10.1インチ
解像度1920×1280
容量64/128GB
カメラ背面:800万画素
前面:500万画素
サイズ幅:175/縦:245/厚さ:8.3mm
バッテリー時間10時間
重量544g〜
参考価格64GBモデル:65,780円
128GBモデル:85,580円
特徴Windows10を搭載した2 in 1タブレットでパソコンとしても利用でき、オフィス関連での作業や持ち運びの手軽さ、そしてタッチペンでのイラストなどオールマイティーにこなせるのに比較的低価格設定の注目モデル
評価★★★★☆
ネトセツ

通常のSurfaceよりもコンパクトで持ち運び安くなおかつオールマイティーにこなせるタブレットパソコンです。ビジネスや学生の勉強道具としても最強です。64GBモデルより128GBの方がSSD搭載でメモリも8GBになり、より高速処理が可能なためおすすめです。

→ Surface Go 2公式サイト(マイクロソフト)

Microsoftが販売するサーフェスシリーズは種類も豊富でタブレットタイプや2in1タイプのノートパソコンタイプなど利用したいシーンによって様々なシリーズが用意されています。

iPad Pro12.9

iPad pro12.9
OSiOS
画面サイズ12.9インチ
解像度2732×2048
容量128/256/512GB/1TB/2TB
カメラ背面:1200万画素×1000万画素
前面:1200万画素
サイズ幅:214.9/縦:280.6/厚さ:6.4mm
バッテリー時間10時間
重量682g〜
参考価格147,800円〜
特徴Macと同じM1チップを搭載し、ミニLED採用のXDRディスプレイ、12MPの超広角フロントカメラでセンターフレームにも対応の高スペックタブレット。
評価★★★★★
ネトセツ

アドビをフルに活用できるほどのスペックを兼ね備え、iPad OSのアップデート次第ではこれから更に人気が出そうなモデルです。前回モデルではPC+ペンタブではなくiPad Pro一台で仕事をするプロの漫画家さんも増加中です。

実際に購入してレビューしていますが、スペックが高すぎてソフトウェアが追いついてないと感じました。

ゲームプレイに最適なタブレット

人気のバトルロイヤル「荒野行動」や「PUBG」も今やスマホより高性能タブレットでのプレイが有利と言われるほどタブレットを利用したアプリゲームのプレイは重要視されています。

その高精鋭でハイスペックなゲームを活かせる高機能グラフィックに対応したタブレットまとめました。

iPad Pro 11インチ

iPad Pro11インチ
OSiOS
画面サイズ11インチ
解像度2388×1668
容量128/256/512GB/1TB/2TB
カメラ背面:1200万画素×1000万画素
前面:1200万画素
サイズ幅:178.6/縦:247.6/厚さ:5.9mm
バッテリー時間10時間
重量466g〜
参考価格94,800円〜
特徴Macと同じM1チップを搭載し、セルラー版は5G対応で第3世代になり更に性能をアップさせた高スペック&モバイルに適したタブレット。
評価★★★★★
ネトセツ

第3世代モデルとなるこの11インチにはM1チップが採用され高グラフィックなアプリや本格的な編集アプリもサクサクこなしてくれます。

実際にiPad Pro11(第1世代)インチを購入してレビューを実施しました。旧型iPadとの比較や気になる点をまとめています。

HUAWEI MatePad Pro

OSEMUI
画面サイズ10.95インチ
解像度2560×1600
容量128GB
カメラ背面:1300万画素
前面:800万画素
サイズ幅:247.6/縦:178.6/厚さ:7.25mm
バッテリー時間12時間
重量485g〜
参考価格49,800円〜
特徴Snapdragon 865を搭載した高グラフィック対応のハイスペック&高コスパタブレット。
評価★★★★★
ネトセツ

120Hzリフレッシュレート対応、DCI-P3色域、クアッドスピーカーで迫力のある映像視聴やゲームを楽しむのには最適なスペックに仕上がっています。

サイズ感で選ぶおすすめのタブレット

持ち運びやすく、スマホに限りなく近いながらも手のひらに収まるタブレットや限りなく大きくて大人数で閲覧したいタブレットなどサイズによっても目的が異なってきます。

小さいタイプから大きい大画面タブレットをここでは紹介します。

片手持ちOK。コンパクトタブレット

Lenovo Tab M7 3rd Gen

OSAndroid 11
画面サイズ7インチ
解像度1024×600
容量32GB
カメラ背面:200万画素
前面:200万画素
サイズ幅:176.2/縦:102.3/厚さ:8.3mm
バッテリー時間10時間
重量237g〜
参考価格〜16,800円
特徴スリムで軽量ボディ、7インチ、手のひらに収まる取り回しやすいコンパクトタブレット。手軽に手を出しやすい低価格ながらもスペックもそこそこ高めでUIのもたつきはそこまで感じないコスパ抜群の一台。
評価★★★★☆
ネトセツ

価格が安いのにサクサク動作するということで幅広いユーザー層に人気の製品ですが、解像度は低めのため動画の画質や写真の描写は多少妥協しなければなりません。

→Lenovo公式商品ページ

iPad mini(第5世代)

OSiOS
画面サイズ7.9インチ
解像度2048×1536
容量64/128GB
カメラ背面:800万画素
前面:700万画素
サイズ幅:134.8/縦:203.2/厚さ:6.1mm
バッテリー時間10時間
重量300g〜
参考価格50,380円〜
特徴iPadの中では一番コンパクトで持ち運びに適したモバイル・タブレットながらA12 Bionicチップを内蔵したパワフルな性能も持ち合わせている。車のナビにもちょっとした外出でも幅広く使える手頃サイズでは最強版と言えます。
評価★★★★★
ネトセツ

このサイズが通常のiPadよりもより持ち運びに適して、手軽さがなによりもメリット。また2019年モデルから第一世代のApple Pencil対応になり更に使い勝手も良くなりました。iPhoneXRにも採用されているA12 Bionicチップを採用しゲームも快適です。

コンパクトながらもバランスがよい大きさ

Lenovo Tab M8 3rd Gen

 MediaPad T3 7
OSAndroid 11
画面サイズ8インチ
解像度1200×800
容量32GB
カメラ背面:500万画素
前面:200万画素
サイズ幅:121.1/縦:199.1/厚さ:8.15mm
バッテリー時間12時間
重量305g〜
参考価格未定
特徴Lenovoが2021年7月に発表した新たなMシリーズの8インチタブレットで解像度、スペック、長時間バッテリーのバランスがベストです。
評価未定
ネトセツ

キッズモード搭載なのは7インチモデルと変わらずで、TUVアイケア認証によって目の安全と健康に気を使っている点も外せないポイントです。価格情報はまだ日本版は決定してないため、分かり次第後日更新します。

大画面のおすすめタブレット

LAVIE T11 T1195

OSAndroid 10
画面サイズ11.5インチ
解像度2560×1600
容量128GB
カメラ前面:800万画素
サイズ幅:171.4/縦:264.3/厚さ:5.8mm
バッテリー時間15.6時間
重量485g〜
参考価格55,400円
特徴国内NECメーカーが販売する有機ELを採用した大画面・高画質なプレミアムタブレット。最大15時間駆動するバッテリー時間も魅力で顔認証対応でセキュリティも万全。
評価★★★★★
ネトセツ

タッチパッドが利用できる脱着式キーボードや4096段階の筆圧感知に対応したデジタルペンなどのオプションも用意されておりノートPCライクに使うという選択肢も豊富に用意されています。

ASUS Chromebook Detachable CM3

OSChrome OS
画面サイズ10.5インチ
解像度1920×1200
容量128GB
カメラ背面:800万画素
前面:192万画素
サイズ幅:167.2/縦:255.44/厚さ:7.9mm
バッテリー時間12.3時間
重量506g〜
+デタッチャブルキーボード装着時:748
+キーボード+スタンドカバー時:915g
参考価格49,800円
特徴教育現場でも採用され始めているChrome OSを搭載した2in1モデルのChromebook。Androidアプリもインストールできるタブレットとしても活用が可能。また専用のタッチペンは本体へ収納&充電が可能となっています。
評価★★★★★
ネトセツ

Androidタブレットとして、ChromeOSによるパソコンとして幅広い用途に使うことができる「これ一台であらゆる作業がこなせるデバイス」として話題となり注目されているタブレットパソコンです。

Chromebookは今低価格パソコンとしても人気の製品となっており、タブレットタイプはAndroidも使えるので二足のわらじとして高コスパなデバイスです。

予算で選ぶおすすめのタブレット

家族で使うもしくは子供用などの用途で予算を決めて割り切ってタブレットを購入するのも一つの選択肢です。

ここでは1万円以下のタブレットから予算上限なしのハイスペックタブレットまでを紹介します。

とにかく安い。一万円以下の激安タブレット

Fire 7

OSFire OS
画面サイズ7インチ
解像度1024×600
容量16/32GB
カメラ背面:200万画素
前面:200万画素
サイズ幅:155/縦:192/厚さ:9.6mm
バッテリー時間7時間
重量286g
参考価格5,980円
特徴1万円以下のタブレットでは一番売れているAmazonが販売するFireタブレットです。低価格なので子供や家族での利用にもおすすめ。
評価★★★★★
ネトセツ

Amazon限定で販売されているタブレットで稀にタイムセールを行っていることがあります。容量が足りない場合はmicroSDカードスロットで最大256GBまで拡張することもできます。

\Amazon公式でチェック/

Fire HD 8

OSFire OS
画面サイズ8インチ
解像度1280×800
容量32/64GB
カメラ背面:200万画素
前面:200万画素
サイズ幅:137/縦:202/厚さ:9.7mm
バッテリー時間12時間
重量355g
参考価格9,980円〜
特徴新たにメジャーアップデートされ刷新された新型8インチで、Fire 7よりもHD画質で品質がよくなりバッテリー時間も増えます。
評価★★★★★
ネトセツ

また、Fire HD 8 Plusも同時に発売されそちらのモデルはワイヤレス充電にも対応した高機能モデルとなっており、2,000円プラスすることで購入可能です。

\Amazon公式でチェック/

KindleFireタブレットはAmazon独自のコンテンツに特化したタブレットです。そのため、GooglePlayを通してのアプリなどは正常に起動しないことも多いです。

あくまでもAmazonプライム会員の方、なおかつお子様や家族でのプライベート用タブレットとして利用するという目的で検討するほうが良いです。

3万円以下のコスパ抜群タブレット

Fire HD 8 Plus タブレット 32GB 【ワイヤレス充電スタンド付き】

OSFire OS
画面サイズ8インチ
解像度1280×800
容量32/64GB
カメラ背面:200万画素
前面:200万画素
サイズ幅:137/縦:202/厚さ:9.7mm
バッテリー時間12時間
重量355g
参考価格9,980円〜
特徴専用スタンドに立てかけて置くだけでワイヤレス充電が可能で、Alexaのホームスピーカーとしても使え1台2役のコスパモデル。
評価★★★★★
ネトセツ

タブレットではなかなか見ないケーブルを差し込まずとも充電が可能なワイヤレス充電、そして普段は充電スタンドに立てかけておけばAlexaモードとして自動的に切り替えてくれます。

\Amazon公式でチェック/

実際に私も購入し、レビューを実施しました。

予算無視のハイスペック高性能タブレット

iPad Pro 11インチ(第2世代)

OSiOS
画面サイズ11インチ
解像度2388×1668
容量128/256/512GB/1TB/2TB
カメラ背面:1200万画素×1000万画素
前面:1200万画素
サイズ幅:178.6/縦:247.6/厚さ:5.9mm
バッテリー時間10時間
重量466g〜
参考価格94,800円〜
特徴Macと同じM1チップを搭載し、セルラー版は5G対応で第3世代になり更に性能をアップさせた高スペック&モバイルに適したタブレット。
評価★★★★★
ネトセツ

ProMotionを採用しなめらかな映像や操作に慣れてしまうともう他のタブレットには戻れなくなり、下手すればパソコン以上のことができてしまうのでクリエイティブな仕事をメインにしている方には役立つモデルには間違いありません。

Surface Pro 7

OSWindows 10
画面サイズ12.3インチ
解像度2736×1824
容量128/256/512GB/1TB
カメラ背面:1200万画素×1000万画素
前面:1200万画素
サイズ幅:201/縦:292/厚さ:8.5mm
バッテリー時間10.5時間
重量775g〜
参考価格109,780円〜
特徴12.3インチの大画面ディスプレイでWindows 10搭載+Microsoft Office付属の仕事に活用したいなら選択肢に入れてほしいビジネスマシーン。オフィスでもプレゼンなどの仕事用途でもプライベートでもなんでもこなせるオールインワンタブレット。
評価★★★★★
ネトセツ

新たに発表されたWindows 11への無料アップグレードも可能でセキュリティも安心ですし、タブレットの役目すべてまかなえるのでできれば【core i5、8GB、256GB】モデルにキーボード、ペンの3点がすべてセットになった限定セットを購入するのがおすすめです。

👉Surface Pro 7を公式でチェック

タブレット情報は随時更新していきます

現在はタブレット市場は中国(Huaweiなど)が非常に勢いがあり日本製のタブレットはあまり出回る事がなくなりました。

今はAppleのiPadを始め、海外市場の競争が目まぐるしく低価格路線や割り切ったスペック性能での価格設定のタブレットはこれからも増えてくると思います。

ネトセツ

スマートフォンと同様でタブレットも次々と新しい製品が発売されると思われますので確認次第随時こちらの記事は更新していく予定です。

その他のタブレットに関する記事は以下で解説しています。

タブレットを外でどこでもWiFiにつないでネット接続するならポケットWiFiが必須です。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。
毎度更新!あなたに合うおすすめのタブレット2018年決定版!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる