【検証】ツイキャスアプリのデータ通信量と1GBまでの目安。節約方法は?

【検証】ツイキャスアプリのデータ通信量と1GBまでの目安。節約方法は?

ツイキャスの公式アプリ「ツイキャス・ビュワー」を利用して配信を視聴した場合のデータ通信量はどれくらいの消費量なのかをチェックしました。

また、ツイキャスのバックグラウンドでの視聴との違い、またゲーム実況などの動きの多い配信での違いなどもあるのか?節約方法は?などをまとめています。

ツイキャスの配信視聴による通信量

ツイキャスのデータ通信量

※配信者や視聴者のID等が表示されるためモザイクをかけています。

今回の検証はツイキャスの配信を視聴する際に利用する「ツイキャス・ビュワー」を利用した視聴結果になります。
注意
アプリではなくパソコンやスマホのブラウザなどで視聴している方は消費量が異なるので注意してくだい。

モバイル通信を使い、実際に視聴した時間は10分で計測しています。

またツイキャスは設定により画質設定を細かく設定できるため画質別や音声だけの配信毎でデータ通信量の測定行いました。

①「標準画質」の通信量

ツイキャス標準画質

ツイキャスのアプリにてデフォルトで設定されている「標準画質」です。そこそこの雰囲気でバランスよく楽しめるこの設定ではどれくらいの通信量か?

【1回目】

【2回目】

【結果】標準画質の10分の視聴によるデータの消費量は「平均して23MB」でした。

視聴時間データ消費量
10分23MB
30分76MB
1時間138MB
2時間276MB
4時間552MB
8時間1104MB(1.1GB)
1GBまでの目安
標準画質は「7時間」

②「ソース画質」の通信量

ツイキャスソース画質(高画質)

映像も非常にクリアに見ることができるツイキャスの最高画質の設定「ソース画質」のデータ通信量はどれくらいか?

【結果】通常画質の10分の視聴によるデータの消費量は「平均して40MB」でした。

視聴時間データ消費量
10分50MB
30分150MB
1時間300MB
2時間600MB
4時間1200MB(1.2GB)
5時間1500MB(1.5GB)
1GBまでの目安
ソース画質(高画質)は「3時間」

③「低画質」の通信量

ツイキャス低画質

次に標準画質より一段階低い「低画質」の設定です。このあたりから映像はモザイクがかかった感じになり雰囲気が楽しめる程度です。

【結果】低画質の10分の視聴によるデータの消費量は「平均して6MB」でした。

視聴時間データ消費量
10分6MB
30分18MB
1時間36MB
5時間180MB
10時間360MB
30時間1080(約1.1GB)
1GBまでの目安
低画質は「27時間」

④「最低画質」の通信量

ツイキャス再低画質

映像としては一番下の「最低画質」の設定です。ラジオとして音声だけ聴くならよいですが、ゲーム配信などはさすがにプレイ動画を見ることは困難な設定です。

【結果】低画質の10分の視聴によるデータの消費量は「平均して3MB」でした。

視聴時間データ消費量
10分3MB
30分9MB
1時間18MB
5時間90MB
10時間180MB
50時間900MB
1GBまでの目安
最低画質は「55時間」

ちなみにYouTubeの一番最低画質(144p)での視聴した場合は10分で20MBなのでかなり通信量は抑えられると思います。

⑤「音声のみ」の通信量

ツイキャス音声のみ

映像は無しの完全ラジオ視聴モードの「音声のみ」の設定です。

【結果】低画質の10分の視聴によるデータの消費量は「平均して8MB」でした。

視聴時間データ消費量
10分8MB
30分24MB
1時間48MB
5時間240MB
10時間480MB
20時間960MB
1GBまでの目安
低画質は「20時間」
音声だけだと逆に低画質や最低画質よりもデータ通信量が多くなるのは意外ですね・・・
ちょっと感じたのですが音声のみに設定した場合、音声が急にクリアになった気がしました。それが影響しているのかもしれません。

【結果】ツイキャスのデータ通信量のまとめ

ツイキャスの通信量は画質設定により大きく変わる事が分かりました。

画質設定1GBまでの目安
音声のみ20時間
最低画質55時間
低画質27時間
標準画質7時間
ソース画質(高画質)3時間
最低画質だと1GBで結構視聴できそうな感じありますね。でも画質が問題ってことですよね?

ツイキャスソース画質(高画質)【最高画質】

ツイキャス再低画質【最低画質】

そうですね。ツイキャス配信者の中にはトークを聴くだけで十分な方もいれば実況者もいるのでケースバイケースですね。もしもトークだけなら最低画質が確実に良いですね。
今回の通信量測定の結果に関してはツイキャスの配信者側がどのような画質設定をしているかにもよって通信量が異なることもありますのでこの消費量はあくまでも参考程度で考えておいてください。

ツイキャスで節約しながら最高画質を楽しむには

ツイキャスは結構な方が長時間配信をダラダラと視聴してしまう傾向にあるため、通信量を節約しながら見るにはいくつかの節約方法で確実に消費量を減らした方が良いです。

①外で視聴なら無料WiFiを活用

外出先でツイキャスを視聴するなら無料WiFiを活用することで最高画質でも長時間の閲覧を楽しむことが出来ます。

ショップやカフェ、ファーストフード店、ファミレスなどであれば「タウンWiFi」というアプリをインストールしておけばいつも立ち寄るショップに無料WiFiが飛んでいることに気づくかもしれません。

どこでも無料でWiFiが使える最強アプリ「タウンWiFi」どこでも無料でWiFiが使える最強アプリ「タウンWiFi」
注意
ただし無料WiFiは基本的にショップなどの施設に設置されているため、移動中やお店がない公園などの場所では使えないので注意が必要です。

②データ量を気にせずに済む「持ち運びWiFi」を使う

ツイキャスに限らずYouTubeやLINE通話、SNSなど他にもデータ量を消費してしまうサービスは多くあります。

自宅でも外でもデータ量を気にせずに使えるということで持ち運びができるWiMAXなどのポケットWiFiを使っている方も最近では多いです。

W05

こういった手のひらサイズのポケットWiFiです。

WiMAXは「月間のデータ量の上限がない」「速度が速い」「どこでもWiFiに繋げられる」「料金が安い」ということで今人気の持ち運びができるWi-Fiです。

通信制限にかかる多くの方が通信が必要なアプリをヘビーに使っている事が多いです。

もしも携帯電話会社のパケット定額プランを利用している場合は逆にWiMAXというサービスを利用することで毎月の支払いを節約し、さらにはデータ通信量を気にせずにたくさん使えるので一度検討してみると良いです。

最新の持ち運びWiFiルーターのおすすめと値段が安いプランを厳選
ツイキャスは画質設定により大きく通信量が変わるので自分にあった節約方法でうまく通信制限を回避できるように工夫してみると良いでしょう。

その他のアプリのデータ通信量も実際に測定しています。気になる方はチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。