【検証】WiMAX機種「WX05」で実際の速度を測定レビュー

【検証】WiMAX機種「WX05」で実際の速度を測定レビュー

2018年11月にWX04の後継機として発売されたWiMAX専用のモバイルルーター「WX05」の実際の速度、モード別の速度がどのように変化するのか?細かく検証していきます。

「WX05」がWX04から進化したのは?

WX05は国産NECで販売されているモバイルルーターです。NECは自宅に設置する無線lanルーターのAtermシリーズでも実績がある老舗のメーカーです。

旧機種として販売されていたWX04からどの点が進化したのかをスペックで比較しチェックしてみます。

WX05
WiMAX機種別WX04WX05
最高下り速度440Mbps440Mbps
最高上り速度75Mbps75Mbps
重量128g128g
バッテリー時間最大14時間最大18時間
バッテリー取り外し&交換可能可能
対応通信WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
製造NECNEC
ビームフォーミング
WiMAXハイパワー×
ワンタイム通信モード切り替え×
Wi-Fiビジュアルステータス×

WX05はWX04と比較して基本的なスペックの変更はありませんが、バッテリーが更に長時間(Bluetooth接続時)に伸びています。

また「WiMAXハイパワー」は特に屋内利用時の電波が入りにくい場所での通信速度を20%向上する機能ですがこれがもしかしたら今回の新型WX05で恩恵が大きいかもしれません。
WiMAXは元々、大手携帯通信会社のLTEが持つプラチナバンドではないため、屋内の通信は不安定でした。これがWiMAXハイパワーで多少なりとも改善されているのなら期待が持てそうです。

WX05の実際の速度レビュー

WX05の速度レビュー

WX05を使って実際にパソコンとスマホでどれくらいの速度がでるのかチェックしてみたいと思います。

またWX05は旧機種のWX04と同じく

  • ハイパフォーマンス → 下り最大440Mbps
  • ノーマル → 下り最大440Mbps
  • エコ → 下り最大220Mbps
この3つの通信速度が変化するモードがありますのでこの3つのモード別でチェックしてみたいと思います。

①WX05とスマホ接続時の通信速度

WX05とiPhoneスマホを接続した速度

まずはスマホ(iPhone)とWi-Fi接続した状態で3つの通信モードで速度をチェックしてみました。

エコ時の速度

「エコ」設定時の速度

ノーマル設定時の速度

「ノーマル」設定時の速度

ハイパフォーマンスでの速度

「ハイパフォーマンス」設定時の速度

おおよその予想どおり、低設定から最高設定に向けて速度のパフォーマンスが向上するという結果になりました。「エコ」設定でも20Mbps近く出ているのには関心しました。

モード別下り最大速度
エコ19Mbps
ノーマル25Mbps
ハイパフォーマンス37Mbps

WX04と比べると多少速度に関してはパフォーマンスが落ちていますが、場所や時間帯でブレが生じてしまうのはどうしてもモバイル通信なのでしょうがないですね。

5GHzでの接続も実施

WX05には2.4GHzと5GHzを設定画面から変更することができます。5GHzなら他の多くの電波と干渉せずに通信ができるので、この設定にした上で再度測定してみました。

「エコ」設定時の速度

「ノーマル」設定時の速度

「ハイパフォーマンス」設定時の速度

モード別下り最大速度
エコ16Mbps
ノーマル19Mbps
ハイパフォーマンス41Mbps

5GHz設定での速度はあくまでも通信の安定度が向上するため、速度は多少落ちる結果に。ただしハイパフォーマンス時は多少速度が向上しています。

②WX05とパソコン接続時の通信速度

WX05とパソコンを接続した状態の通信速度

次はノートパソコンとWX05をWi-Fi接続した状態でパフォーマンス別での速度をチェックしてみます。

「エコ」設定時の速度

「ノーマル」設定時の速度

「ハイパフォーマンス」設定時の速度

パソコンでのWi-Fi接続での結果はスマホより下り速度は向上し、逆にアップロード速度は落ちました。

モード別下り最大速度
エコ14Mbps
ノーマル32Mbps
ハイパフォーマンス40Mbps
また実際にYouTubeの動画やWeb閲覧も比較的スムーズでカフェや出先での通信と考えれば十分と思えるレベルでした

WX05は普段のインターネット利用なら問題なし

最低でも10Mbps以上速度が出ていれば普段から外出先でスマホで通信している速度とあまり変わらないのでWX05でも旧機種のWX04でも満足度は高いのかなと感じます。

WX05とWX04を比較

実物の大きさに関してもWX05とWX04は大きく変化はありません。

実際のところ差がでるのはWiMAXハイパワーの効果が活きる圏外近くになりそうな建物内の通信の違いがどう変わるかですね。
万が一の事を考えれば新機能として「WiMAXハイパワー」や混雑しているチャネルをすぐに確認できて回避できる「Wi-Fiビジュアルステータス」が新たに搭載された「WX05」の方がより安心できるのは間違いありません。
【検証】WiMAX機種「WX04」で実際の速度を測定レビュー【検証】WiMAX機種「WX04」で実際の速度を測定レビュー W05とパソコンとスマホを接続して速度を測定【検証】WiMAX機種「W05」で実際の速度を測定レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。