【今すぐ】ルーターのファームウェア更新方法とその理由

【今すぐ】ルーターのファームウェア更新方法とその理由

NECルーター(Atremシリーズ)とBUFFALOルーターのファームウェア更新の方法をそれぞれ紹介します。

少しテクニカルな作業になりますが、順序をしっかりと把握しながら進めればそんなに難しいことではありません。

この記事の重要なポイント 

  • ファームウェア更新はセキュリティ強化
  • 通信安定プログラムも組み込まれてる
  • ルーター本体のアクセス設定が必要

ルーターの管理画面にアクセス

まずルーターとWiFi接続しているスマートフォン、パソコンなどからアクセスをする必要があります。

ブラウザのアドレスバーをタップ

iPhoneでのアクセス例を紹介しますが、サファリ(Safari)もしくはその他のインターネットブラウザを開き、一番上のアドレスバーをタップしてください。

IPアドレスを入力

タップしたアドレスバーにルーターにログインするためのURLを入力します。

ルーターのIPアドレスはメーカーごとで異なります。また初期出荷状態から変更していた場合はパソコンやスマホからルーターのIPアドレスをチェックすることができます。

ルーターのアクセスするためのIPアドレス一覧↓

【メーカー・シリーズ名】
※クリックでメーカーサポートへ
【IPアドレス】
※各数字をクリックでルータ画面にアクセス
BUFFALO192.168.11.1
NEC(Aterm)192.168.0.1
192.168.10.1
http://aterm.me/
コレガ192.168.1.1
エレコム192.168.2.100
IOデータ192.168.1.2
PLANEX(プラネックス)192.168.1.1
YAHOO172.16.255.254
192.168.3.1
NTTルーター192.168.1.1
ルーターのIPアドレスとmac、Windows、スマホ端末からの確認方法ルーターのIPアドレスとパソコン、スマホ端末から確認する方法

ルーターのログイン

接続しているルーターへアクセスができるとログインを求められます。ここで特に初期からルーターの設定を変更していない場合はユーザー名が「admin」パスワードが「password」となっているので入力してください。

ルーターへ初めてログインする場合や、もしくはIDパスワードを忘れてしまった場合は初期化が必要なため下記を参照してください。

メーカー 初期設定・初期化方法
※メーカー名クリックでサポートページへ
NEC(Atrem)
BUFFALO
コレガ
IOデータ
NTTルーター
エレコム
PLANEX
NETGEAR

IDパスワードを入力したらログイン

IDとパスワードを入力が完了したらログインを押します。

ちなみにBUFFALOルーターのログイン画面はこのような表示です。

ファームウェア設定(メーカー別)
更新したいメーカー別で操作画面の流れを解説しています。※クリックでジャンプします。

NEC(Aterm)ルーターのファームウェア更新の流れ

NECルーターのログイン画面

NEC(Aterm)ルーターへログインが完了したらルーターの設定画面が表示されます。ログイン後の画面はスマートフォンでの表示が小さいので指(ピンチアウト)で大きくすることが出来ます。

  • STEP.1
    画面右の「メンテナンス」を選択

    メンテナンスを選ぶ

    ※ルーターによってはログイン完了後にファームウェアへの更新をお知らせしている場合もあります。
  • STEP.2
    「ファームウェア更新」を選択

    ファームウェア更新

    メンテナンス項目からウィンドウが開き「ファームウェア更新」という表示が現れるのでそれをクリックします。

  • STEP.3
    「自動更新」を選択する

    ファームウェアの自動更新

    次のページでファームウェア更新という項目にデフォルトではローカルファイル指定にチェックが入っているため、「自動更新(オンラインバージョンアップ)」にチェックを入れて「更新」ボタンを押します。

    現バージョンから新バージョンへ更新

    現在のバージョンと最新のバージョンが表示されます。ここで「最新バージョンへ更新」のボタンを押します。

    ファームウェア更新と再起動

    ファームウェア更新の後に再起動を行います・・・と促されるので、ここで問題なければ「OK」を選択してください。

    ※ファームウェア更新と再起動の間は3分〜5分程度インターネットの接続が切れてしまいますので注意です。
  • STEP.4
    ファームウェア更新中は絶対に電源を落とさない

    注意
    ファームウェアの更新中・・お待ちください」と表示されますので絶対にルーター本体の電源を落とさずにそのまま待ちましょう。

    ルーターの再起動中

    再起動が完了してすべてのランプが点灯すればファームウェアの完了です。

BUFFALOルーターのファームウェア更新の流れ

  • STEP.1
    ログイン後「詳細設定」を押す

    BUFFALOルーターのログインが完了したら上記のような画面(スマホでのログイン画面)が表示されますので下までスクロールします。

    下までスクロールしたら「詳細設定」という項目があるのでクリックします。

  • STEP.2
    「管理」>「ファームウェア更新」を選択

    詳細設定が表示されるとスマホの場合は表示が細かくなりますが、左側のメニューバーに「管理」という項目を選択するとさらにウィンドウが開き「ファームウェア更新」という項目が表示されますのでそちらを選択します。

  • STEP.3
    「オンラインバージョンアップ」で更新実行する

    ファームウェアバージョンの項目が表示されたら「更新方法をオンラインバージョンアップ」にチェックを入れて「更新実行」を押します。

    更新可能なファームウェアが表示され、現在のバージョンと更新可能なバージョンが異なれば最新のバージョン(基本的には並んでいる表示の一番上)にチェックを入れて「更新実行」を押すとファームウェアの更新が始まります。

    もしも現在のバージョンと更新可能な最新バージョンが同じであれば最新版のファームウェアの状態ということになります。
    注意
    ファームウェア更新実施中は絶対にルーター本体の電源を落とさないでください。故障の原因になります。

再起動が完了したらファームウェアの更新は完了です。

ファームウェアの更新は率先して行ったほうが良い?

ルーターも今の通信出来る端末(スマートフォン、パソコン、プリンタ、ゲーム機)などのように定期的にアップデートが行われています。

ということはルーターも同じくセキュリティや処理速度の向上の為にアップデートを行ったほうが確実に良いという事になります。

もしもインターネットを長い間使っていて速度が遅い、接続の調子が悪いと感じているのならルーター側のアップデートがないかチェックしておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。